エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連事務総長報告についてUNAIDSがプレスレリース

<<   作成日時 : 2012/05/05 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 2011国連総会エイズ対策ハイレベル会合の政治宣言に関する国連事務総長報告(1年後のフォローアップ報告)について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)がプレスレリースを発表しています。その日本語仮訳です。すでにアップしてある報告書の要約とあわせてお読みください。プレスレリースによると、潘基文事務総長は報告書で《直ちに中身のある結果を出すこと、エイズ対策をより賢く、そして戦略的かつ効果的に遂行すること、人権を重視して取り組むことが緊急に求められている》としています。HIV/エイズ対策は大きな成果を上げているが、必要な対策を遂行し、2011ハイレベル会合で設定された2015年の達成目標を実現するには資金不足であるということですね。これまでにもたびたび繰り返されてきた指摘ですが、現実に大きな資金ギャップがあり、これまでに積み上げてきた成功も台無しになってしまいかねないという状況ですから、「またかよ」と言われても繰り返さざるを得ないでのしょうね。2010年の世界のHIV/エイズ対策への投資は150億ドルと推定されています。大きな額ではありますが、必要額は推定220億ドル〜240億ドルとされているので、現状では80億ドルほど不足していることになります。


国連事務総長報告 2015年目標を達成するためにエイズ対策の強化を提言
国連総会にあてた報告で、2011年のエイズに関する政治宣言で示された目標達成のための努力を倍増させるよう潘基文国連事務総長が関係者に要請
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2012/april/20120430prsgreport/


【ジュネーブ 2012年4月30日】 国連の潘基文事務総長は、2011年の国連総会エイズハイレベル会合以降初のHIV報告を国連総会に提出した。そのなかで事務総長は、直ちに中身のある結果を出すこと、エイズ対策をより賢く、そして戦略的かつ効果的に遂行すること、人権を重視して取り組むことが緊急に求められていると強調した。

「約束を果たすための行動を起こすことを国際社会に求めます。援助を慈善として考えるのではなく、それぞれが担うべき責任としてとらえ、すべての人が配当を受けられるよう賢明な投資を行うことを呼びかけたい。人類共通の未来に向け、力をあわせてHIV の流行に対するより持続可能な対応をとれるようにしなければなりません」

過去10年の成果は大きく、画期的な医学の進歩により、指導者たちはエイズの終わりについて語りはじめるようにもなっている。『エイズ終結に向けて結束を:2011政治宣言の目標を達成するために』と題した報告書によると、抗レトロウイルス治療のアクセス拡大の結果、1995年以降、250万人が死を免れ、子供35万人のHIV感染を防ぐことができた。報告書はまた、2000年代半ばにピークだったHIVの新規感染が、それ以降で最も低いレベルに達していることをHIV予防の成果として強調している。

ただし、報告書はHIVサービスのアクセスについて、とりわけHIV感染の高いリスクにさらされている人たちの間で、いまなお大きな需給ギャップがあることを警告している。懲罰的な法律やジェンダーの不平等、女性に対する暴力やその他の人権侵害事例は依然として各国のエイズ対策を妨げ、資金の減少がHIVサービスへのさらなるアクセス拡大と今後数年間に期待される成果を台無しにしてしまうおそれも強い。

「エイズの流行の開始以来4 番目の10年となる今後10年間は、エイズ終結への扉を開く10年にしなければならない」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は語る。「私たちはそれを現実のものし、HIVのない将来を確保する機会をつかむことができます」

2011国連総会ハイレベル会合において、国連加盟国は政治宣言を採択し、HIV新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロのビジョンの達成に向けたロードマップを示した。宣言は2015年を多くの具体的な目標の達成期限に設定している。

国連加盟国は、2015 年までに1500万人に抗レトロウイルス治療を提供すること、子供のHIV新規感染をなくすこと、成人のHIV新規感染を50%減らすこと、注射薬物使用者の間でのHIV感染を50%減らすこと、HIV陽性者の結核による死亡を半減させることを政治宣言で約束している。

各国はまた、2015年までに毎年220億〜240億ドルを投資し、資金ギャップを埋めること、女性、少女のニーズにこたえること、偏見と差別をなくすこと、より広範な保健、開発課題にHIV対策を統合する努力を進めることも約束した。

事務総長は報告のなかで、2015年の目標達成にはすべての関係者がこれまでの努力を倍増させる必要があること、より賢く、効率的な方法が採用されなければ目標は実現できないことを強調している。

事務総長は2015年の目標達成に必要ないくつかの勧告について説明している。たとえば、性感染を50%削減するには、2015年までに性行為によるHIVの新規感染が少なくとも100万件減らなければならない。これを実現するには、HIV予防プログラムの強化、維持が必要で、ジェンダーの平等と相互の信頼を促進するかたちでの行動変容を広げていかなければならない。また、新たな感染がどこで起きているのかということにしっかりと焦点をあてた対応が必要になる。

薬物使用者の間でのHIV感染を50%減らすには、HIVの新規感染が少なくとも年間で 12万件減らなければならない。それには注射薬物使用者を含むキーポピュレーションの力になる強力でエビデンスが示された予防プログラムを実施しなければならず、そのための知恵と勇気を動員する必要があると事務総長は関係者に呼びかけている。

HIV陽性者の結核による死亡を2015年までに半減させるには、死亡数を少なくとも18万人減らす必要がある。2010年から2015年の間にそれを実現するには、結核治癒率を70%から85%に引き上げ、同時にHIV陽性者の結核検出率を40%から80%に上げる必要がある。目標が達成できれば、結核関連の死亡は80%減り、何百万人もの生命が救われることになる。

勧告のなかで事務総長は各国に対し、効果的で人権尊重を基盤にした対策に対する障害を取り除くために法律と政策の枠組みについて直ちに包括的な検証を行うよう求めている。事務総長はまた、新たなパートナーシップ、および必要な資金を確保するHIV投資の新たなアプローチを呼びかけている。2010年には、エイズ対策に投じられた資金は合計150億ドルだった。事務総長報告は、2015年目標を達成するのに必要な額は年間220億〜240億ドルであり、2015年までに年間80億ドルの追加資金が必要なことを強調している。




UN Secretary-General issues recommendations to bolster AIDS response in order to meet 2015 targets
In his report to the UN General Assembly, UN Secretary-General Ban Ki-moon urges stakeholders to redouble efforts to meet the targets outlined in the 2011 Political Declaration on AIDS

GENEVA, 30 April 2012—The United Nations Secretary-General Ban Ki-moon has issued his first report on HIV to the UN General Assembly since the 2011 High Level Meeting on AIDS. In the report, he highlights the urgent need to achieve immediate, tangible results and for the AIDS response to be smarter, more strategic, more efficient, and grounded in human rights.

“I urge the international community to stand up to meet the commitments it has made. I call for a shift from the perception that aid is charity to an understanding that it is our shared responsibility and a smart investment that reaps dividends for all. Together, we must foster a more sustainable response to the HIV epidemic for the sake of our common future.”

Substantial gains have been achieved over the last decade and ground-breaking scientific advances have encouraged leaders to talk about the end of AIDS. The report, ‘United to End AIDS: Achieving the Targets of the 2011 Political Declaration’, outlines that 2.5 million deaths are estimated to have been averted since 1995 due to the increase in access to antiretroviral therapy—and 350 000 new HIV infections averted in children. It also underscores the gains made in HIV prevention with new infections at their lowest levels since the peak in the mid-2000s.

However, the report also warns that considerable gaps persist in access to HIV services, particularly for people at higher risk of exposure to HIV. Punitive laws, gender inequality, violence against women and other human rights violations continue to undermine national AIDS responses and declines in funding have the potential to jeopardize the capacity to expand access to HIV services and sustain progress over the coming years.

“The fourth decade of AIDS has to be marked as the decade that ushered in the end of AIDS,” said Michel Sidibé, Executive Director of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). “We can make this a reality and seize the opportunity to secure a future free from HIV.”

At the 2011 High Level Meeting on AIDS, UN Member States adopted a Political Declaration on AIDS, providing a roadmap towards achieving the vision of zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths. The declaration set 2015 as the deadline for achieving a number of specific targets.

Through the Political Declaration, UN Member States pledged to deliver antiretroviral therapy to 15 million people by 2015, eliminate new HIV infections in children, achieve a 50% reduction in new HIV infections among adults, reduce transmission of HIV among people who inject drugs by 50% and reduce TB deaths in people living with HIV also by half.

Countries also committed to closing the resource gap, investing between US$ 22-24 billion each year by 2015, meeting the needs of women and girls, eliminating stigma and discrimination and promoting the integration of the HIV response into broader health and development efforts.

In his report, the Secretary-General underscores that achieving the 2015 goals will require a redoubling of efforts from all stakeholders and that if smarter and more efficient ways of working are not applied to the AIDS response, the goals will not be met.

The Secretary-General outlines a number of recommendations that need to be implemented to reach the 2015 targets. For instance, to meet the target of reducing sexual transmission by 50%, the report outlines that the number of new sexually transmitted HIV infections will need to decline by at least 1 million by 2015. To achieve this, HIV prevention programmes need to enhance efforts to reinforce, sustain and extend behaviour change by promoting gender equality and mutual respect, as well as better focus on where the new infections are occurring.

To reduce HIV transmission among people who use drugs by 50%, the number of new HIV infections must fall by at least 120 000 per year. The Secretary-General encourages stakeholders to summon the wisdom, courage and commitment required to implement strong, evidence-informed prevention programmes that empower key populations including people who inject drugs.

At least 180 000 fewer TB-related deaths among people living with HIV will be required to achieve a 50% reduction by 2015. To realize this, from 2010 to 2015, TB cure rates need to increase from 70% to 85% and rates of TB detection among people living with HIV must rise from 40% to 80%. Achieving the target would reduce TB-related deaths by 80% and save a million lives.

In his recommendations, the Secretary-General urges countries to undertake immediate, comprehensive reviews of national, legal and policy frameworks to remove obstacles to effective and rights-based responses. He also calls for new partnerships and a new approach for HIV investment to mobilize necessary resources. In 2010, a total of US$ 15 billion was available for the AIDS response from all sources. The report highlights that to reach the 2015 target of US$22-24 billion for the response to HIV by 2015 an additional US$ 8 billion will be required.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第45号(2012年5月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第45号(2012年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2012/06/03 11:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連事務総長報告についてUNAIDSがプレスレリース エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる