エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連事務総長報告『エイズ終結に向け結束を:2011政治宣言の目標達成度』

<<   作成日時 : 2012/05/04 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 国連の潘基文事務総長は2012年4月2日付で国連総会に対し、『エイズ終結に向け結束を:2011政治宣言の目標達成度』と題する報告書を提出しました。2011年6月の国連総会エイズ対策ハイレベル会合で採択された政治宣言では、国連事務総長に対し、宣言でなされた各国の約束が、どこまで果たされているのかを検証するため、事務総長に毎年、現状をまとめた報告書を提出するよう求めています。そのフォローアップ報告書の第1号(初年度分)ということになります。報告書は短い要約と76パラグラフ(段落)の本文で構成されています。その要約部分の日本語仮訳です。


エイズ終結に向け結束を:2011政治宣言の目標達成度
 事務総長報告
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/document/2012/20120402_UNGA_A-66-757_en.pdf

要約

 この報告書は、2011年6月のHIV/エイズに関するハイレベル会合の終了後、国連総会に提出する最初の報告書である。ハイレベル会合で加盟国は、過去10年に達成された成果を検証し、HIV新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロの世界ビジョンを採用した。この会合で採択された《HIVとエイズに関する2011政治宣言:HIVとエイズをなくすための努力の強化》は、ビジョン達成に向けたロードマップを提供し、具体的な結果を得るための期限を2015年に設定している。加盟国は、HIV陽性者1500万人に抗レトロウイルス治療を提供する;子供のHIV新規感染をなくし、母親のエイズ関連死亡を大きく減少させるために努力する;性感染、および注射薬物使用者間のHIV新規感染を50%減らす;HIV資金を大幅に増やし、年間220億ドルから240億ドルを確保する;女性、少女のニーズに対応する;偏見と差別をなくす、といったことを誓約した。 

 国際社会が現在、対策に希望を持ち、楽観論に立つのには理由がある。必要な治療と予防サービスへのアクセスは拡大した。新規感染とエイズ関連の死亡は減少傾向にある。HIV陽性率の高い国では、若者たちがより安全な性行動を採用する傾向が増している。最近の調査では、一方がHIVに感染し、他方は感染していないカップルの間での性感染のリスクは抗レトロウイルス治療で96%も減らせることが報告され、指導者たちは《エイズの流行の終わりの始まり》の可能性について語り始めている。ただし、ここまで到達しても深刻な課題は残っている。

 鍵となるサービスの面では、大きなアクセスのギャップが根強く存在しており、高いリスクにさらされている人たちは、とりわけ厳しい困難に直面している。懲罰的な法律、ジェンダーの不平等、女性に対する暴力やその他の人権侵害は、各国の対策の土台をこわすものだ。なかでも憂慮すべきなのは、2010年にHIV資金が初めて減少していることであり、国際社会がアクセスギャップを埋め、これから先の数年間に成果を持続させていくための力を失ってしまう恐れがある。HIV対策とより広範な保健、開発プログラムとの相乗効果を最大化させていくには活動を継続していかなければならない。

 報告書はHIVとエイズに関する2011政治宣言の目標を達成するための努力がどこまで成果をあげているのかをまとめたものだ。著しい進展があったとはいえ、世界は2015年に目標を達成しうる軌道に乗っているわけではない。HIV対策を強化するために、すべての関係者がこれまでの努力を倍増させることが緊急に求められている。

 具体的な成果を達成し、歴史に残る世界的大流行に終止符を打つためには、改めて対策を強化する必要がある。それはより賢く、戦略的かつ効率的、効果的で人権の重視を基盤にした対策でなければならない。医学研究の進歩がもたらした機会を生かし、世界が責任を共有し、それぞれの役割を果たすことで、成果達成の速度を上げる必要があることを各国は認識しなければならない。資金拠出国、新興経済国、重大な流行に直面している国々、およびその他すべての関係者は、それぞれの能力に見合ったかたちで積極的に貢献を果たさなければならない。追加的な資金の投入と必要なプログラムの規模拡大により、サハラ以南のアフリカ諸国が自らの意思で持続的に対策を遂行できるようにするための基盤を作るべきである。社会正義や公平性の実現を妨げている諸課題と取り組むためには、勇気をもって約束したことを果たす必要がある。

 30年を超える苦闘を経て、成功がついに見えようとしている。



United to end AIDS: achieving the targets of the 2011 Political Declaration
Report of the Secretary-General

Summary
This is the first report to the General Assembly since the High-level Meeting on HIV/AIDS, held in June 2011. At that meeting, which reviewed progress made during the previous decade, Member States embraced the vision of a world with zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths. The 2011 Political Declaration on HIV and AIDS: Intensifying Our Efforts to Eliminate HIV and AIDS, provides a road map towards this vision, adopting 2015 as the deadline for achieving concrete results. Member States pledged to deliver antiretroviral therapy to 15 million people living with HIV; work towards eliminating new infections in children and substantially reducing maternal AIDS-related deaths; reduce by 50 per cent new infections from sexual transmission and among people who inject drugs; substantially increase HIV funding, with the goal of mobilizing $22 billion to $24 billion annually; meet the needs of women and girls; and eliminate stigma and discrimination.

Today the international community has cause for hope and optimism in the response. Access to essential treatment and prevention services has increased, new infections and AIDS-related deaths are on the decline, and young people in highprevalence countries are increasingly adopting safer sexual behaviours. With recent research results indicating that antiretroviral treatment reduces by 96 per cent the risk of HIV transmission within couples in which one partner is living with HIV and the other uninfected, leaders have begun speaking of a possible “beginning of the end of AIDS”. Yet at this unprecedented moment, critical challenges remain.

Substantial access gaps persist for key services, with especially difficult obstacles experienced by populations at higher risk. Punitive laws, gender inequality, violence against women and other human rights violations continue to undermine national responses. Of special concern is the first-ever decline in HIV funding in 2010, potentially jeopardizing the capacity of the international community to close access gaps and sustain progress in the coming years. Continued work is needed to maximize synergies and impact between HIV and broader health and development programmes.

The report summarizes results against the targets in the 2011 Political Declaration on HIV and AIDS. Although striking progress has been achieved, the world is not on track to meet the 2015 targets, underscoring the urgent need for all stakeholders to redouble their efforts to strengthen the HIV response.

Efforts must be refocused to achieve real results and end a global epidemic of historic proportions. The response must be smarter and more strategic, streamlined, efficient and grounded in human rights. To accelerate gains and seize new opportunities generated by scientific research, it is essential to recognize the shared responsibility for the response. International donors, emerging economies, affected countries and additional stakeholders must all actively contribute, in accordance with their respective capacities. As additional resources are mobilized and essential programmes brought to scale, intensified efforts should lay the foundation for increased ownership and sustainability of the response in sub-Saharan Africa. Courage and commitment will also be needed to tackle the challenges that continue to undermine progress, including a lack of access to social justice, equality and equity.

After more than three decades of struggle, success is finally in sight.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第45号(2012年5月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第45号(2012年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2012/06/03 11:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連事務総長報告『エイズ終結に向け結束を:2011政治宣言の目標達成度』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる