エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS HIV活動を映像に残す UNAIDSがOne Day on Earthチーム参加

<<   作成日時 : 2011/11/14 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 2011年11月11日に世界中で何が起きているかを示すために映像を記録するOne Day on Earthというプロジェクトに国連合同エイズ計画(UNAIDS)がチームとして参加しましたというお知らせです。One Day on EarthはHIV/エイズ分野に限らず、さまざまなイベントを対象にしたプログラムで、2010年10月10日に最初の一斉撮影を行ったようです。今回は2回目で、UNAIDSからは世界の現地事務所のスタッフが撮影にあたったようです。


HIV活動を映像に残す UNAIDSがOne Day on Earthチーム参加
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/november/20111111onedayonearth/

国連合同エイズ計画(UNAIDS)は2011年11月11日、HIV対策のさまざまな顔をフィルムにおあめる国際プロジェクト「One Day on Earth」にチームで参加した。世界50カ所以上のUNAIDS現地事務所がこの日のさまざまなHIV関連イベントをとらえている。

 UNAIDSスタッフはOne Day on Earthから寄贈された小型の高画像ビデオカメラを使用し、さまざまな活動の撮影にあたった。たとえば、サハラ以南のアフリカでは、レソト山岳地帯の遠隔地コミュニティにHIVサービスを提供する空飛ぶドクターの活動がビデオに収められた。タジキスタンでは、注射薬物使用者にメタドン代替療法を提供する市民社会組織「Spin Plus」、スリランカでは病院関係者に偏見や差別を克服するためのプログラムを提供するHIV陽性のUNAIDSスタッフの姿が撮影されている。

「コミュニティにHIV予防、治療、ケア、支援を提供するため、保健医療従事者や市民社会組織のメンバー、HIV陽性者らが世界の隅々で常に休むことなく活動を続けています」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語る。「私たちはその姿を記録し、UNAIDSの目標である新規HIV感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロの目標に毎日、一歩一歩、近づいていることを示したかった」

米国の2人の起業家、カイル・ルディック氏とブランドン・リトマン氏が発案したこの共同撮影プログラムにUNAIDSが加わるのは今回が初めてである。「目標は世界中の国々の1日を映像に記録することです。1日のうちに驚くほど多くの多様性、対立、悲劇、そして勝利が起きていることを示したい」とリトマン氏はいう。

第1回同時撮影イベントが実施されたのは昨年のことで、190カ国のドキュメンタリー映像作家、学生、市民ら数千人が2010年10月10日に行われた様々なイベントを撮影した。 その映像は長編ドキュメンタリー映画として編集され、来年2月に世界各地で上映される予定である。さらに、すべての素材がオンラインで検索可能なアーカイブによって公開されている。




UNAIDS teams up with One Day on Earth to film the HIV response
11 November 2011

On 11 November 2011, UNAIDS teamed up with the global initiative, “One Day on Earth” to film the many faces of the HIV response. More than 50 UNAIDS field offices in all parts of the globe participated in the project and captured different HIV-related events taking place during a 24-hour period.

Using small high definition video cameras donated by “One Day on Earth,” field staff filmed a wide range of activities. For example, in sub-Saharan Africa, UNAIDS employees video-taped the flying doctors that bring HIV services to remote communities in the mountains of Lesotho. In Tajikistan, the focus was on a civil society organization called “Spin Plus,” which provides methadone substitution therapy to injecting drug users and in Sri Lanka a UNAIDS staff member living with HIV filmed a program which encouraged hospital staff to overcome stigma and discrimination.

“Every minute, in every corner of the world there are health care workers, civil society groups and people living with HIV who are working tirelessly to bring much needed HIV prevention, treatment and care and support to communities,” said UNAIDS Executive Director Michel Sidibé. “We wanted to chronicle their efforts and show that everyday we are coming one step closer to reaching the UNAIDS vision of Zero new HIV infections, Zero discrimination and Zero AIDS-related deaths.”

It is the first time that UNAIDS has participated in the collaborative filming experience which is the brainchild of Kyle Ruddick and Brandon Litman, two entrepreneurs from the United States of America. “Our goal was to film on one day in every country of the world. We wanted to show the amazing diversity, conflict, tragedy and triumph that occur in one day,” said Mr. Litman.

The first annual simultaneous filming event took place last year when thousands of documentary filmmakers, students and citizens in over 190 countries recorded a wide range of events on 10 October 2010. Last year’s footage was made into a feature-length documentary film which will be screened globally next February. In addition all the material is publicly available via an online searchable archive.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HIV活動を映像に残す UNAIDSがOne Day on Earthチーム参加 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる