エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS UNAIDSがヒラリー・クリントン米国務長官演説を歓迎

<<   作成日時 : 2011/11/10 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 11月8日にヒラリー・クリントン国務長官が米国立衛生研究所で行った演説に対しUNAIDSが発表した歓迎のプレスステートメントの日本語仮訳です。米国務省のファクトシートと比べると、予防としての治療に関する言い回しは微妙に異なっているようです。

エイズ対策における米国の継続的な関与と指導的役割を歓迎
           UNAIDSプレスステートメント
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2011/november/20111108psusg/

【ワシントン D.C./ジュネーブ 2011年11月8 日】 米国のヒラリー・クリントン国務長官が「エイズの流行のコースを変え、エイズフリー(エイズから自由な)世代への扉を開く」ために演説で地球規模の連帯を呼びかけたことを受け、 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は米国政府のエイズ対策分野における指導的役割の継続を賞賛する。

 「米国の指導力はこれまでのエイズ対策において不可欠であったし、今後も歴史的な機会をとらえるための鍵となるであろう」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は述べた。「クリントン長官は米国のこの分野における強い関与を再確認し、私たちすべてを鼓舞する展望を描き出した。エイズの流行の終息に向け、彼女の呼びかけが世界中の指導者を動かすことを期待したい」

 演説の中で国務長官は、HIV研究の新たな、あるいは把握されつつある成果と科学的に実証済みの予防戦略を組み合わせつつ、対策の規模を拡大していくことの重要性について語った。こうした戦略には、子供の新規HIV感染をなくすこと、自発的な男性の割礼手術の拡大、治療へのアクセス拡大などが含まれている。

 UNAIDSは今年、早期の治療開始により、HIVに感染した人からパートナーへのHIV感染を96%も減らせる可能性があるとの最近の研究報告の重要性を強調してきた。予防のために治療が有する潜在的な影響の大きさは、検査に対する見方を変え、コミュニティをつなげ、何百万のもの人が自らのHIV感染の有無を確認したり、パートナーとHIVについて話したりすることの大きな動機づけとなるであろう。

 エイズから自由な(エイズフリー)世代を実現するために、米国務長官は資金拠出国、受益国の双方に対しUNAIDSが呼びかけてきた世界規模のエイズ対策への関与と投資の拡大の重要性を繰り返した。

 UNAIDSはエイズ対策において責任を共有することの重要性を強調してきた。責任の共有は、2015 年までにHIVの新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロを目指すUNAIDSの戦略の主要な柱の一つである。

 UNAIDS はすでに、国連加盟国が2011年HIV/エイズ政治宣言で約束した野心的目標の実現に向けてPEPFAおよび他の世界中のパートナーと密接に協力している。これらの目標を達成することで、世界はエイズフリー世代に一歩近づくことになる。



UNAIDS welcomes continued leadership and commitment of the United States to the AIDS response

WASHINGTON D.C./GENEVA, 8 November 2011—The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) commends the United States Government on its continued leadership in the AIDS response following the call by the US Secretary of State Hillary Rodham Clinton for global solidarity to “change the course of the epidemic and usher in an AIDS-free generation”.

“Leadership from the United States has been vital to the AIDS response to date and will be key to seizing this historic opportunity,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “Secretary Clinton has reaffirmed the United States’ Government’s strong commitment to this effort and has described a vision that should inspire us all. I hope that her call will galvanize leadership from around the globe to accelerate efforts to end the AIDS epidemic.”

In her speech, the US Secretary of State outlined the far-reaching impact of scaling up scientifically proven prevention strategies in combination with new and emerging developments in HIV science and research. These strategies include: elimination of new HIV infections among children, increased voluntary medical male circumcision, and expanded access to treatment.

Earlier this year UNAIDS highlighted the significance of the recent research demonstrating that people who access treatment early can reduce their likelihood of transmitting HIV to a partner by 96%. The potential impact of treatment for prevention will change attitudes, connect communities and motivate millions of people find out their HIV status and to talk openly with their partners about HIV.

To achieve an AIDS-free generation, the US Secretary of State reiterated UNAIDS’ call for greater engagement and investment in the global AIDS response by both donor and recipient countries.

UNAIDS underlines the importance of shared responsibility in the AIDS response. Shared responsibility is one of the central pillars of UNAIDS’ strategy to reach zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths by 2015.

UNAIDS is already working closely with PEPFAR and other partners around the world to achieve the ambitious goals UN member states committed to in the 2011 Political Declaration on HIV/AIDS. Achieving these goals will bring the world one step closer to an AIDS-free generation.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNAIDSがヒラリー・クリントン米国務長官演説を歓迎 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる