エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議の準備整う

<<   作成日時 : 2011/08/23 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説)26日に韓国の釜山で開幕する第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトに紹介記事が掲載されました。その日本語仮訳です。一時は延期説も流れましたが、何とか開催にこぎ着けました。組織委員会の皆さんのご苦労がしのばれます。


第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議の準備整う
          2011年8月22日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/august/20110822icaapcurtainraiser/

第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議が8月26日から30日まで韓国の釜山で開催される。この会議には55カ国超える国から数千人が参加するとみられている。

「多様な意見、結束した行動」をテーマに域内のアクティビスや各国政府、国際機関、国連関係者、若者、メディアその他の関係者が集まる5日間のイベントの準備も万端だ。

高いリスクにさらされているキーポピュレーションへの対応の強化と参加促進、法的・政策的課題、対策への資金確保など、この地域の優先課題を取り上げたセッションは、域内のエイズ対策に関する対話を促し、協力関係を育てていくであろう。隔年開催のICAAP は、世界で最も大きな面積と人口を持つこの地域の政府、科学者、市民社会、HIV陽性者らが認識を共有するための基盤を提供する。

会議では、6月の国連エイズ特別総会ハイレベル会合2011で採択された政治宣言の新たな目標の達成に向けて、国際社会がいかに対策を強化するかを話し合う。

「アジア太平洋地域のエイズ対策にとって非常に重要な会議です」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は語る。シデベ氏は会議の基調演説を行うとともに、いくつかのセッションにも参加する予定である。「エイズ対策は信じられないほどの成果をあげてきたが、いまなおそれは壊れやすいものでもある。ICAAPはアジア太平洋地域にとって、新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロの目標の実現に向け、結束するための重要な機会である」とシデベ事務局長は付け加えた。

会議の参加を促すために数多くの革新的な戦略も打ち出されている。の中よりの参加と地域の議会での関与を奨励するためです。たとえば、韓国のポップバンド「JYJ」が会議の親善大使に就任し、開会式にも登場する予定だ。

「この会議は、エイズの最初の公式症例報告から30周年という重要な節目に開催されます」とICAAP10組織委員会会長のミュンファン・チョウ建国大学教授はいう。「ICAAP10はアジア太平洋地域の政治指導者、エイズの流行に影響を受けているコミュニティ、研究者らが経験を共有し、エイズ対策への約束実現への意思を新たにするためのプラットフォームになります」

UNAIDSは、アジア太平洋地域のHIV感染の流行と対策に関する報告書を会議開幕日(26日)に発表する。報告書はアジア太平洋地域のエイズの流行の特徴、課題、HIV対策の先駆事例などを中心にまとめられている。



Asia-Pacific gears up for 10th International Congress on AIDS
22 August 2011

 Several thousand participants from more than 55 countries are expected to gather in Busan, Republic of Korea from 26 to 30 August 2011 for the 10th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific (ICAAP10).

Across the region, activists, government officials, international organizations, the United Nations, young people, media and other partners are gearing up for the five-day event, which takes place under the theme ‘Diverse Voices, United Action.’

Sessions on key regional priorities such as ensuring greater focus on and involvement of key populations at higher risk, legal and policy issues and funding the response will help shape the regional dialogue on AIDS and foster partnerships. Held every two years, ICAAP serves as a platform for governments, scientists, civil society and people living with HIV to share ideas from across the largest and most populated region of the world.

Following the 2011 United Nations General Assembly High Level Meeting on AIDS, the Congress will discuss how to drive the region towards the new targets that the international community set through the Political Declaration on HIV/AIDS.

“This is a critical moment for the AIDS response in Asia and the Pacific,” said Michel Sidibé, UNAIDS Executive Director, who will give the keynote speech and take part in a number of sessions. “Incredible progress has been made but these gains are fragile. ICAAP represents an important opportunity for the region to unite towards getting Asia and the Pacific to zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths,” he added.

Leading up to the event, a number of innovative strategies are underway to encourage greater participation and involvement in the regional Congress. As part of these efforts, Korean pop band ‘JYJ’ has promoted the event as Congress Ambassadors and will perform at the opening ceremony.

“This Congress comes at a critical moment in the AIDS response—30 years after AIDS was first discovered,” said Myung-Hwan CHO, Professor at Konkuk University in Korea and ICAAP10 Congress Chair. “ICAAP10 will be a platform for political leaders, affected communities and researchers in Asia and the Pacific to share experiences and renew commitment to the AIDS response.”

A UNAIDS report on the HIV epidemic and response in Asia and the Pacific will be launched on the opening day. The report will highlight the region’s specificities, challenges and the approaches pioneered to address HIV.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News  第36号(2011年8月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第36号(2011年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2011/09/01 12:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議の準備整う エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる