エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS あせらず、(なるべく)さぼらず 2011年年頭にあたり

<<   作成日時 : 2011/01/04 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 明けましておめでとうございます。1月4日の仕事始めで、政界、経済界もいよいよ本格的に動き始めました。2011年は卯年ということで、ウサギにあやかってぴょんとはねる飛躍の年にしたいという期待も大きいようですね。

 HIV/エイズ関連分野の動きはぼちぼちというか、おいおいこれからといったところでしょうか。厚生労働省では感染症法のエイズ予防指針の見直し作業が昨年末からスタートしました。今後5年間のわが国のエイズ対策の基本設計図ともいうべき指針をめぐる議論は、これから本格化します。HIV感染の流行がぴょんとはねて拡大していくことのないよう新たな対策の飛躍を期したいとは思いますが、一方でエイズ対策は短期決戦型ではなく、辛抱強く、ねばり強く、途中でいやにならないように楽しく続けていく必要があるということも認識しておかなければなりません。これまでのさまざまな努力の蓄積を土台にしたものでなければ、新たな展開もまた期待できないということは肝に銘じておくべきでしょう。

 HATプロジェクト(HIV/AIDS Translation Project)は主に英語文献の翻訳紹介を通じて国際社会と日本国内のHIV/エイズ対策関連の情報ギャップの解消をはかりましょうという趣旨のもとに2004年にスタートしました。スタッフは、おおむね約1名で現在に至るという心細い状況を堅持し、本来の翻訳業務は滞りがちですが、それをカバーすべく翻訳以外にも手を広げ、内外の情報の紹介に努めてまいりました。

 昨2010年には、エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて運営するHIV/エイズ総合情報サイトTOP-HAT フォーラム(東京都HIV/エイズ談話室)のリニューアルオープンに伴い、トップページにWhat's New欄が設けられています。HATプロジェクトとTOP-HAT フォーラム、何だか名前が似ているな・・・という疑惑が浮上していることでもお分かりのように、担当スタッフ約1名に関してはかなり重複する部分もあります。まったく同じではないかという説すら流れています。あえてコメントは避けますが、両者の内的交流が深まり、TOP-HAT フォーラムによるHATプロジェクトのコンテンツ紹介がしばしば行われているのも当然の帰結というべきでしょう。
 http://www.tophat.jp/

 TOP-HAT フォーラムは奇しくも2011年1月4日の未明(つまり世の中が仕事始めでぴょんぴょん跳ねて動き出そうとするまさにその直前)の段階でトップぺージのアクセスが2500件を超えるという快挙をなし遂げております。昨年9月の試行的な情報提供開始を経て、10月中旬から本格始動したサイトとして、大反響とはいえないまでも、小さな手応えは確実に感じることのできる成果であるといった程度の評価は可能でしょう。HATプロジェクトもまた、いささかなりともその成果に貢献し得たのではないかと正月早々、スタッフ一同?泣いて喜んでおります。

 今年は8月に韓国の釜山で第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)が開催されます。2005年に神戸で第7回ICAAPが開催されたおりには、エイズ&ソサエティ研究会議からも多数のメンバーが組織委に参画した経験があります。東アジアで神戸以来6年ぶりに開催されることになる釜山ICAAPに関しては、当ブログでも微力ながらその経験を生かした支援ができるのではないかと考え、【釜山ICAAP】のカットのもとで日本語情報の提供に努めていく所存であります。
 http://asajp.at.webry.info/theme/c526eb9874.html

 あせらず、(なるべく)さぼらずの精神で、情報提供の充実を目指していきますので、TOP-HAT フォーラムともども本年もよろしくお願いします。
                            
                       エイズ&ソサエティ研究会議事務局長 宮田一雄

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あせらず、(なるべく)さぼらず 2011年年頭にあたり エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる