エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界保健機関(WHO)がHIVの国際保健戦略で協議

<<   作成日時 : 2010/08/24 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)8月6日の国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されていたお知らせです。元の情報は当然、世界保健機関(WHO)のサイトにありますが、翻訳の楽そうな方を選びました。UNAIDS版のお知らせで取りあえずの動きは把握できると思います。2011~15年のエイズ戦略の策定作業が進んでいるということですね。2005年までが3by5、2006~10が普遍的アクセスということで来ましたが、じゃあ、その後はどうするというのが現状ですが、一方で「エイズはもうそろそろ、ほどほどに」にみたいな意見もけっこう世界を覆っている印象もあります。かけ声はともかく、現実は厳しいと言わなければなりません。



世界保健機関(WHO)がHIVの国際保健戦略で協議
http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2010/20100806_WHO.asp

 世界保健機関(WHO)は2011~15年のHIV/エイズに関する国際保健戦略策定に向けて広く意見を反映させる目的でウエブでの協議を始めた。

 第63回世界保健総会は世界保健機関(WHO)に対し、広範な協議プロセスを踏まえて2011~15年のHIV/エイズ戦略を策定するよう求める決議を採択していた。

 WHOウエブサイト上の協議資料により、あなたも意見を寄せることができる。資料はアラビア語、中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語で用意されている。コメント受付は8月31日まで。意見集約の迅速化をはかるため、できるだけ英語でお願いしたい。

2011~15戦略は以下のようなものになる。
・「3バイ5」計画およびWHOのHIV/エイズ普遍的アクセス計画2006~10の5つの戦略方針の成果と経験を踏まえる
・UNAIDS戦略(計画中)、UNAIDS成果の枠組み、普遍的アクセスやミレニアム開発目標達成のためにこれまでなされた約束など、世界的なHIV、保健と開発分野の計画を考慮に入れる。
・2015年までの間、各国に思い切ったHIV対応を促すための国際的な目標を踏まえる。
・各国がHIVおよび保健全体への投資の優先順位を高めるための指針を提供する。
・世界全体と地域レベル、各国レベル、および関連するWHO部局間の調和の取れた活動の枠組みを提供する。

 WHOは加盟国、市民社会、資金拠出者、開発機関、非政府組織、多国間機関(国連機関を含む)科学・技術分野の研究機関とネットワーク、企業など幅広い関係者と協力して作業を進める方針だ。WHOは2011~15年のHIV/エイズに関する国際保健戦略を策定するために主要な関係者のすべてが参加できる協議プロセスを遂行していく。



WHO online consultation on global health sector strategy for HIV

The World Health Organization (WHO) has launched a web-based consultation to seek input on the development of the WHO Global Health Sector Strategy for HIV/AIDS, 2011-2015.

The Sixty-third Session of the World Health Assembly adopted a resolution requesting that the World Health Organization (WHO) Director-General develop a WHO HIV/AIDS Strategy for 2011-2015, through a broad consultative process.

You are invited to provide your feedback on the consultation materials found on the WHO web site. These materials will be available in Arabic, Chinese, English, French, Russian and Spanish.

Comments should be submitted by 31 August using this online form. Where possible, please submit your comments in English to facilitate the synthesis of all inputs.

The 2011-2015 strategy will:
・Build on the achievements and experiences of the "3 by 5" initiative and the five strategic directions of the WHO HIV/AIDS Universal Access Plan 2006-2010;
・Take into consideration the broad global HIV, health and development architecture, including the UNAIDS Strategy (under development) and UNAIDS Outcome Framework, and existing commitments to achieving Universal Access and the Millennium Development Goals;
・Identify existing and agreed global targets to motivate countries to plan for bold HIV responses through to 2015;
・Provide guidance to countries on how to prioritize their HIV and broader health investments;
・Provide a framework for concerted WHO action at the global, regional and country levels and across all relevant WHO departments.

WHO works in partnership with a broad range of constituencies, including Member States, civil society, donor and development agencies, non-governmental organizations, multilateral agencies (including the UN family), scientific and technical institutions and networks, and the private sector. WHO is committed to a consultation process that involves all key stakeholders and constituencies in the development of the Global Health Sector Strategy for HIV/AIDS, 2011-2015.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界保健機関(WHO)がHIVの国際保健戦略で協議 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる