エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよバンクーバー五輪開幕 選手村では

<<   作成日時 : 2010/02/13 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) バンクーバー冬季五輪が2月12日(日本時間13日)に開幕します。すでに日本選手も続々と現地入りし、コンディションの調整に余念がありません。オリンピックは夏も冬も「どうもいまひとつ盛り上がらない」などといわれながら、開会式前日あたりから雰囲気がぐっと変わってきます。
日本選手の活躍には大いに期待したいところですが、それとは別に様々な社会的活動を広くアピールする機会としての役割も注目されています。一方で、王侯貴族や独裁的強権国家がスポンサーであった時代を経て、現在の五輪は競技場のスタンドやテレビ、電子メディアなどの大聴衆にこそ支えられた巨大イベントとなっています。この点を考えると、オリンピックがさまざまな社会的な意義を担う活動に協力することは、五輪存続の大きな前提条件であるということもできます。
国際オリンピック委員会(IOC)が国連総会のオブザーバー資格を得たのもそうしたことが国連、IOC双方の共通認識になっているからでしょう。オリンピックとエイズ対策もけっこう長いつきあいがあり、選手村では毎回、HIV感染の予防を呼びかけるパンフレットやコンドームが配られています。国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウエブサイトに2月11日付で掲載された《UN Activities at the 2010 Winter Games in Vancouver》を日本語に訳しました。英文は
http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2010/20100211_Vancouver.asp


バンクーバー冬季五輪で国連とオリンピックの協力関係強化

【2010年2月11日 カナダ・バンクーバー】 2010年冬季五輪は明日、バンクーバーで開幕し、16日間の会期中、白熱の競技とともに、国連ファミリーと五輪ファミリーとの絆を深める一連のイベントも展開される。

 ◇五輪停戦
 
 国連の潘基文事務総長は8日、声明の中で五輪停戦について次のように語った。
「恐ろしいパラドックスについて注意を喚起するであろう。五輪期間中も、そして年間を通しても、われわれは当然のことながら、人間の肉体が実現する素晴らしい技と力、そしてチームスピリットや正々堂々と闘う姿勢といった競技スポーツがもたらす社会的な価値を尊重する。しかし、あまりにもしばしば見られることだが、戦争による殺戮を通し、我々はまさにその人間の肉体と大切な価値観にダメージを与え続けている」

 国連総会議長も同じく8日、加盟国に対し、五輪期間中の停戦遵守を公式に要請した。国連総会はバンクーバー五輪の聖火採火式に先立ち、2009年10月19日に五輪停戦決議を採択している。

 国際オリンピック委員会(IOC)は同日、国連総会のオブザーバー資格を認められ、国連と五輪ファミリーは長期にわたる協力関係をさら一歩、大きく前進させた。


◇2010年バンクーバー冬季五輪における国連の活動

 いくつかの国連機関のイベントへの参加やウィルフレッド・レムケ事務総長特別顧問(開発と平和担当)の出席により、国連と五輪の協力関係はバンクーバーでさらに深められることになる。「すでに親密な関係を築いている国連と五輪ファミリーにとって、2010年五輪はさらに関係強化をはかるための大きな機会だ」とレムケ特別顧問は語った。

 レムケ特別顧問は明朝(12日朝)、NGO「競技する権利」とブリティッシュコロンビア大学、メルクがバンクーバー2010教育プログラムの支援を受けて開催する高級パネルディスカッションで、国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向けてスポーツが果たしうる貢献について話をする。

 土曜日(13日)の夜には、国連環境計画(UNEP)のアキム・スタイナー事務局長のためにレムケ氏主催のバンクーバー五輪歓迎夕食会が開かれ、カナダ環境相らが参加、寄付が行われる予定だ。UNEPとIOCは1994年に五輪開催を通し環境問題に取り組む協力合意に調印して以来、パートナーシップを結んでいる。

 国連合同エイズ計画UNAIDS)など計15の国連関係の基金、プログラム、専門機関がIOCと協力合意を結んでいる。IOCとの長期のパートナーシップの中で、UNAIDSはバンクーバー五輪に参加する選手たちに配布するHIV予防のキット作成を支援した。

 ボランティア、職員、選手にはHIV教育、予防、啓発パッケージ(男性用コンドームを含む)が配られる。また、会場の外(案内所、ホテル、バーなど)でも配布される。五輪診療所ではHIVカウンセリングが提供される。HIV関連の偏見や差別をなくすために公共サービスに関する声明が発表され、選手村の電子掲示板やウエブサイト、ブログ、You Tubeなどの電子メディアに掲載される。


◇2010年バンクーバー五輪停戦ノーザン・アウトリーチ・プロジェクト

バンクーバー五輪組織委員会がカナダ軍、カナダ国連協会(UNAC)と協力して創設した2010年バンクーバー五輪停戦ノーザン・アウトリーチ・プロジェクトは、ユーコン、北西、ヌナブトの3つの準州などにあるアボリジニのコミュニティ20カ所の子供艪スちにスポーツ用品を寄付した。

 用具の寄付とともに、UNACは20カ所のコミュニティで、他の人にスポーツの価値を伝える若者を養成するためのワークショップを開催し、ファシリテーターを派遣した。

◇特別顧問と潘基文事務総長の会合

バンクーバー行きに先立ち、レムケ氏はニューヨークの国連本部を訪れ、潘基文事務総長と会談した。レムケ氏が潘事務総長と会うのは2009年10月以来で、彼はこの間の活動を報告するとともに、南アで今年6月11日から7月11日まで開催されるサッカーのワールドカップ大会期間中の国連ファミリーの活動について話し合った。

 レムケ氏は来月、パラリンピック大会に出席するため、バンクーバーを再訪する。パラリンピック冬季バンクーバー大会でも障碍者の権利の促進をはじめとする活動に国連機関が積極的に関わっている。




Vancouver Winter Games will strengthen UN-Olympic collaboration

Thursday 11 February 2010, Vancouver, Canada – The 2010 Olympic Winter Games will kick off tomorrow night in Vancouver, marking the start of 16 days of intense competitions and celebrations, including a series of events where the United Nations family will celebrate its growing bonds with the Olympic family.


Olympic Truce

On Monday, Secretary-General Ban Ki-moon said in a statement: the Olympic Truce "draws attention to a terrible paradox. At the Olympics and throughout the year, we rightly honour the outstanding achievements of the human body and the positive social values of competitive sport, including team spirit and fairness. Yet all too often, through the carnage of war, we do damage to that same human body, and to our shared values.”

On Monday as well, the President of the UN General Assembly also made a Solemn Appeal to the Member States for the observance of a truce during the Games. On 19 October 2009, the General Assembly had adopted the biennial Olympic Truce Resolution, coinciding with the send-off of the Olympic Torch.

That same day, a great step forward in the longstanding collaboration between the UN and Olympic families was made when the International Olympic Committee (IOC) was granted Observer Status at the General Assembly.


UN Activities at the 2010 Winter Games in Vancouver

In Vancouver, this collaboration will deepen through the involvement of several UN agencies and the presence of the Special Adviser to the Secretary - General on Sport for Development and Peace, Mr. Wilfried Lemke. “The 2010 Games are a great occasion to further strengthen the already close and productive relationship between the UN and Olympic families,” Mr. Lemke declared.

Tomorrow morning (Friday), he will highlight the contribution sport can make towards achieving the UN Millennium Development Goals at a high-level panel discussion organized by the NGO Right to Play, the University of British Columbia and Merck, with the support of the Vancouver 2010 Education Program.

On Saturday night, Mr. Lemke will host a dinner on behalf of Mr. Achim Steiner, Executive Director of the United Nations Environment Program (UNEP), gathering officials–including Canada’s Minister of the Environment – and partners that have made a contribution to the greening of the Vancouver Games. UNEP and the IOC have been in partnership since 1994 when they signed an Agreement of Cooperation to incorporate environmental issues in the Olympic Games (more information here).

In total, 15 UN funds, programs and specialized agencies have established agreements with the IOC, for example the Joint UN Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). As part of its long-standing partnership with the IOC, UNAIDS has helped develop a toolkit on HIV for athletes participating in the Vancouver Games.

HIV education, prevention and awareness packages (containing male condoms) will be distributed to volunteers, workers and athletes as well as at outside venues (hospitality houses, hotels and bars). HIV counseling will be offered at the Olympic Polyclinics, and a public service announcement on HIV-related stigma and discrimination will be disseminated in the Village News over electronic billboards and in the Athlete Villages, as well as through the electronic media, including websites, blogs and You Tube.


‘Vancouver 2010 Olympic Truce Northern Outreach Project’

Last month, as part of the ‘Vancouver 2010 Olympic Truce Northern Outreach Project’, created by VANOC in partnership with the Canadian Forces and the United Nations Association in Canada (UNAC), 20 boxes filled with sporting goods were donated to children in 20 Aboriginal communities located in the Yukon, Northwest Territories and Nunavut, some of Canada’s most remote places.

Along with the donated equipment, UNAC sent a UN facilitator to hold workshops in each of the 20 communities to teach youth to inspire and educate others about physical activity and the values of sport.


Special Adviser's Meeting with Ban Ki-moon

Before heading to Vancouver, Mr. Lemke visited the UN Headquarters in New York where he met with Secretary-General, Ban Ki-moon. He briefed him on his activities since their last meeting in October 2009, and they also discussed the UN family's activities during the 2010 FIFA World Cup that will take place in South Africa from 11 June -11 July 2010.

Next month, Mr. Lemke will return to Vancouver for the Paralympic Winter Games, where a number of UN actors will also be actively engaged, in particular around the promotion of the rights of persons living with disabilities.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよバンクーバー五輪開幕 選手村では エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる