エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS UNAIDSハイチ報告 復興通しエイズ対策の再建強化を

<<   作成日時 : 2010/02/06 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 西半球の最貧困国とされるハイチで大地震が発生してから1カ月が経過しようとしています。ハイチ政府の発表によると地震被災者は21万人に達し、がれきの下敷きになった人の救出活動は規模を縮小しながらも続いているということです。被災地では時の経過とともに、被災者の生活環境を整え、生存を維持するための医療をはじめとする緊急の生活基盤整備や復旧、復興のための支援ニーズも拡大しています。少し前の報告になりますが、UNAIDSのカントリーチームが1月29日に行った調査報告の日本語訳です。ハイチはカリブ諸国の中で最もエイズの流行の深刻な国でもあり、なんとかHIV予防、治療、ケア、支援のサービスを構築しようと努力していたところに大地震が発生しました。これまでの努力が台無しになるおそれがある一方、国際社会の支援によって、新たな試練であるこの大災害の影響を克服し、エイズ対策をより充実強化させることも可能だと訴えています。



エイズ対策の再建強化を 2010年1月29日、UNAIDS
 
http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2010/20100128_Haiti.asp


 首都ポルトプランス近郊を震源とするマグニチュード7.0の大地震に襲われたハイチでは、1月12日の地震発生から復旧作業が進んでいる。そうした中で、エイズ対策への影響に関する最初の報告が届いた。

 ハイチはカリブ諸国の中でもエイズの流行が最も深刻であり、カリブ地域のHIV陽性者の半数はハイチで占められている。地震以前の段階で、HIV陽性者数は推定12万人に達し、そのうち6800人は15歳以下の子供である。
 
 HIV陽性者、およびに必要なサービスを提供する医療機関に関する地震の被害状況が集まり始めている。初期報告では、12万人のHIV陽性者のうち、被災地域に住んでいるのは7万人で、さらにこのうち約1万9000人が抗レトロウイルス治療(ART)を受けている。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は国際社会の支援に関して、「世界はいま、ハイチを以前よりも良い状態に再建するチャンスを得ている。現在の支援が明日につながるようにしなければならない」と語った。

 UNAIDSのカントリーチームと共同スポンサーは、ハイチ政府並びに米大統領緊急エイズ救済計画(PEPFAR)、世界エイズ・結核・マラリア対策基金などのパートナー機関、非政府組織(NGO)などと協力して、地震が医療、検査機関、保健医療従事者らにおよぼした影響を把握するための情報収集などの活動を進めている。被災地におけるHIV予防、治療、ケア、支援の再建には今が重要な時期である。

 UNAIDSのカントリーチームはハイチで最も歴史のあるART(抗レトロウイルス治療)センターであるGHESKIOで働く職員と会った。このセンターでは6000人に治療を提供している。

 センターの建物や医療設備は被害を受け、死者も出ているが、GHESKIOの職員は当面の治療に必要な抗レトロウイルスのストックはあると語っていた。
 
 しかし、他のセンターはGHESKIOのようなわけにはいかない。UNAIDSのカントリーチームは、ポルトプランスで母子感染予防のサービスを提供しているデラパックス病院を訪れた。ここでは備蓄していた薬剤も使えなくなり、母乳による赤ちゃんへの感染を防ぐためのミルクを購入資金もないと病院のスタッフは訴えている。病院で治療が再開されたのは地震発生から12日後だった。

 エイズに関する国連カントリーチームのメンバーは、他の5つの主要なPMTCT(母子感染予防)センターについても被害状況を確認するため、数日中に訪問を予定している。

 初期調査の分析では、治療体制の整備、治療を受けている人に対する栄養補給、PMTCTサービスの再開などが差しあたって必要となっている。HIV陽性者のネットワーク組織のメンバーはUNAIDSカントリーチームとの会合で、食料と水、テント、衛生キットが緊急に必要だと訴えている。

 ハイチでは、異性間の性感染(セックスワークと結びついていることが多い)がHIVの主要な感染経路となっているが、一方で男性間のセックスによる感染もかなり多いことが明らかになりつつある。

 ポルトプランス周辺地域の避難民に対し、予防用品が使えるようにすることも緊急の課題であろう。

 「私たちは現実の被害を目の当たりにしている。最も危険にさらされている人たちが忘れ去られているのだ。社会から排除されがちな人たちにHIV予防、治療、ケア、支援のサービスのアクセスを確保できるようにしなければならない」とシデベ事務局長は語り、UNAIDSがハイチのよりよい明日を再建するための地球規模の支援の一翼を担うことを約束した。

 UNAIDSはハイチ政府、および世界基金、PEPFARなど他の開発パートナーとともに、ハイチのエイズ対策が長期にわたって強化されるよう努力していくことを約束している。

  エイズ対策の基盤を再建し、最も高いリスクにさらされている人たちにHIVの予防、治療、ケア、支援のサービスが届くよう市民社会の力を支え、国としてのエイズ対策にサービス提供の格差や重複をなくすための調整機能がきちんと働くようにするには、いまこそ支援が必要である。



Building Haiti’s AIDS Response Better

As Haiti begins to rebuild after the destruction left by the 7.0 magnitude
earthquake that struck 10 miles outside Port-au-Prince on 12 January, first
reports are coming in on the impact the tremble has had on Haiti’s AIDS
response.

Haiti is the country with the most severe HIV epidemic among the Caribbean
states–home to half of all people living with HIV in the region. Before the
quake, there were an estimated 120 000 people living with HIV in the country
with an estimated 6 800 children under the age of 15 also carrying the
virus.

Data is starting to emerge on people living with HIV who have been affected
by the quake and on critical infrastructure needed to provide essential
services. An initial report estimates that out of 120 000 people living with
HIV just under 70 000 live in affected areas. Prior to the quake, around 19
000 people were estimated to be on Anti-Retroviral Treatment (ART).

“The world has a real opportunity to rebuild Haiti better, we must sustain
the outpour of support now and tomorrow,” Mr Michel Sidibé UNAIDS Executive
Director said when speaking of the pledges made by the international
community.
 
The UNAIDS country team and cosponsors are working with the government of
Haiti and partners such as PEPFAR and Global Fund to Fight HIV, TB and
Malaria as well as non-governmental organisations to gather information to
asses the impact of the quake on clinics, lab equipment and as well as human
resources. It is now critical that HIV prevention, treatment care and
support services are resumed in affected areas.

The UNAIDS country team met staff working in Haiti’s oldest ART centre
GHESKIO. The organization provides treatment for 6000 people of whom 80%
have now been accounted for.

While the clinic has suffered some damage to its structure, essential
equipment and tragically also suffered human losses, staff at GHESKIO
reported that they have enough stock of anti-retrovirals to cover the
immediate need.

Other centres were not as fortunate. The UNAIDS country team visited the
Hospital de la Paix which provides prevention of mother-to-child
transmission services in Port-au-Prince. Here staff reported destruction of
stock as well as lack of financial abilities to buy breast milk substitute
necessary to prevent transmission from mother to child through the breast
milk. Services at the clinic were only resumed 12 days after the quake.

Members of the UN country team on AIDS will visit five major PMTCT centres
in the coming days to establish if similar damages are found.

An initial situational analysis indicate immediate short term needs include
limiting treatment interruption, provide nutritional support of people on
treatment, and make sure PMTCT services are resumed. Networks of people
living with HIV report that they urgently need food and water, tents, and
hygiene kit in meeting with the UNAIDS country team.

In the Haiti heterosexual transmission, often tied to sex work, is the
primary source of HIV transmission although emerging evidence indicated that
substantial transmission is also occurring among men who have sex with men.

A challenge will be to ensure that key prevention commodities are made
available to the displaced populations in and around Port-au-Prince.

“We are seeing real suffering. It is in moments like this where those most
at risk are forgotten. We must ensure that the marginalized members of our
communities have access to HIV prevention, treatment, care and support
services,” Mr Sidibé said, promising that UNAIDS would be part of the
global effort to support Haiti to build a better tomorrow.

UNAIDS is committed to working with the Haitian government and other
development partners such as Global Fund and PEPFAR to look at how Haiti’s
AIDS response can be strengthened over the long-term.

Support is needed to re-establish the AIDS-infrastructure as well as
strengthening civil society, ensuring special attention towards HIV
prevention, treatment, care and support services to populations at higher
risk and put in place on coordinating authority to ensure no gaps or
overlaps in the national response.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNAIDSハイチ報告 復興通しエイズ対策の再建強化を エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる