エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議開幕

<<   作成日時 : 2009/07/21 14:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議は、隔年開催の国際エイズ会議の間の年に開催されています。第5回となる今年の会議は、南アフリカのケープタウンで7月19日に開幕。22日まで4日間の日程で、HIV感染症の基礎研究、治療、予防などを中心に約5000人の参加者が最新の成果を報告し、意見を交換します。国際エイズ学会に比べると、医学に特化した会議の印象が強いのですが、そうした会議の中でも、ステファン・ルイス氏が「アクティビストとしての科学者」をテーマに演説するなど、科学が世の中の動きから離れて超然としているわけにはいかないという極めて当然な現実に突き当たります。期間中、毎日発行される会議のプレスレリースの第1号を日本語に訳しました。



 医学者たちがエイズ予算の削減に対し警告

  第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議が開幕、アフリカおよび世界全体での普遍的アクセス実現に向けさらなる努力を要請(IAS2009、プレスレリース第1日)
  レリース原文は http://www.ias2009.org/admin/images/upload/763.pdf

 (2009年7月19日 南アフリカ・ケープタウン) 世界的景気後退が長期化し、世界の指導者たちがHIV治療、予防の普遍的アクセス達成に向けた約束の実現に及び腰となる傾向が見られる中で、ケープタウンの第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議に集まった5000人を超えるエイズ研究者、実践家、コミュニティ・リーダーらは、地球規模のエイズとの闘いから撤退することが公衆衛生分野にどのような結果をもたらすことになるか警告した。国際エイズ学会は隔年で医科学分野の会議を開催しており、この警告は南アフリカのNGO、ディラ・センウェDira Sengweとの協力のもとで開幕したIAS2009の開会式でなされた。

 「世界的な景気後退の中にあっても、HIVの予防と治療の普遍的アクセスの達成に向け十分な資金を確保するという約束、およびエイズ研究と保健システム強化に必要な資金の提供などを含む世界のHIV対策を抑え込むようなことがあってはならない」と会議の議長であり、カナダ・バンクーバーのBC Centre for Excellence in HIV/AIDSの所長でもあるIASのフリオ・モンタネール会長は語った。「われわれがいま前に進まなければ、屈服することになる。これはHIV対策の規模拡大ができるかどうかの転換点なのだ」と彼は付け加えた。

 IAS2009の共同議長であるフーセン(ジェリー)コーバディア博士にとっては、この会議は開かれるべき時に開かれるべき場所で開催された。「疑いもなく、エイズは南アフリカにとって重要な歴史的課題であり、ポスト・アパルトヘイト時代のわが国の政治、社会、経済的な枠組みの大きな形成要因となってきた」と彼は語った。「治療薬の供給が妨げられ、不足する中で、助かるはずの生命が失われ、予防が可能な無数の人たちが感染する。こうしたことがないよう、われわれはアフリカにおける保健医療の提供システムが、効果的かつ適切な資金のもとで運営できるようにしていかなければならない」と彼は続けた。コーバディア博士はディラ・センウェの代表であり、ダーバンのクワズル・ナタル大学のドリス・デューク医科学研究所の Scientific Director である。

 IAS会議は、研究成果を実践の場、とりわけ低・中所得国の現場に生かすことに力を入れてきた。今回の会議では、サービス提供の強化を目指すプログラムの実行状況やベストプラクティスを評価するオペレーションズ・リサーチという新たなトラックが設けられ、この点がとくに強調されている。「実践の中で学ぶ」という考え方は、会議の多くのセッションで注目されるだろう。

 開会式

 会議の共同議長である南アフリカのカガレマ・モタランテ副大統領の開会演説、および Treatment Action Campaign のビユセカ・ドゥブラ事務局長のコミュニティからの歓迎演説で幕を開けた本日の開会式でも、科学を現実の世界に生かすという考え方は強調されている。ドゥブラさんは2000年にダーバンで開かれた第13回国際エイズ会議以来の成果と課題について彼女の演説の中で報告した。ダーバン会議は、HIVの治療には地域的に大きな格差があることについて世界の関心を高め、低所得国において治療のアクセスを確保するための動きの出発点となった会議として広く知られている。

 開会式ではまた、2008年のノーベル医学生理学賞受賞者で、IASの理事であるフランソワーズ・バレ・シヌシ教授が「Can the Establishment and Persistence of HIV Reservoirs Ever be Controlled? Viral reservoirs – hidden mostly in subpopulations of latently infected resting memory CD4+ T cells – constitute the major obstacle to eliminating HIV from the body」というタイトルで基調講演を行った。その中でバレ・シヌシ教授は、HAART(多剤併用療法)を受けている患者の体内でもHIVはどのようにして残っているのかについて説明し、体内でHIVはどこに貯蔵されているのか、感染の確立と持続のメカニズムに大きく関与していもるのは何か、それに対しどんな戦略が考えられるのかなど、エイズ研究者、臨床医が現在、最も悩んでいるいくつかの課題を取り上げた。

 AIDS Free World のステファン・ルイス共同代表は「アクティビストとしてのサイエンティスト」のタイトルで2番目の基調講演を行った。今日、絶望的なまでに必要とされているのは、アドボカシーのために、そしてよく情報を把握した決してくじけることのない声をあげることだとルイス氏は述べ、医学の専門家としての知識と意見をエイズの世界的流行に対応するために活かしてほしいと医学者たちに求めた。

 開会式のウエブキャストは日曜日に会議のウエブサイトでみることができるようになる。

 研究と実践に関する課題を取り上げた他のプログラム

 IAS2009はエイズ研究と政策に関し、以下のような課題を取り上げている: 保健システム強化のより広範な努力に与えるHIV関連の資金確保の影響; HIV治療をいつ開始するかに関する先進国と途上国の陽性者を対象にしたガイドラインの不均衡; 抗レトロウイルス治療の予防面での価値を踏まえた予防としての治療という新たな考え方。他の重要課題についても4つの特別セッションが開かれる。

 
・バイオメディアカルな予防と治療介入の規模拡大 − 社会科学、法律、人権の重要な役割 7月20日(月)、午後1時
・米国の新政権下における地球規模HIV政策、研究、実践。NIAIDのアンソニー・ファウチ所長、新任のエリック・グーズビー地球規模エイズ調整官を中心に 7月20日(月)午後1時
・DART(アフリカでの抗レトロウイルス治療の開発)から何を学んだか 7月21日(火)午前7時
・薬物、アルコール依存 − HIV治療と予防の新たな成果と課題 7月21日(火)午後1時





SCIENTISTS WARN AGAINST RETRENCHMENT ON AIDS
As 5th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention Opens, Leaders Urge Continued Momentum Towards Universal Access in Africa and Globally

(19 July 2009 – Cape Town, South Africa) Amidst a lingering global recession and indications that world leaders are retreating on previous commitments to universal access to HIV prevention and treatment, the more than 5,000 AIDS researchers, implementers and community leaders gathered in Cape Town for the 5th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2009) warned of dire public health consequences resulting from a retrenchment on the global fight against AIDS. This warning came at the opening of IAS 2009, a biennial scientific meeting organized by the International AIDS Society (IAS) in partnership with Dira Sengwe.

“Despite the recession, the global response to HIV – including the commitment of sufficient resources to achieve universal access to HIV prevention and treatment, fully fund AIDS research and strengthen underlying health systems – cannot be put in a holding pattern,” said IAS President Dr. Julio Montaner, who is IAS 2009 Chair and Director of the BC Centre for Excellence in HIV/AIDS in Vancouver, Canada. “If we don’t move forward, we will rapidly lose ground. That is the reality we face at this pivotal moment in HIV scale-up,” he added.

For IAS 2009 Local Co-Chair Dr. Hoosen (Jerry) Coovadia, the conference is taking place at the right time and place. “Without a doubt, AIDS occupies a pivotal position in South Africa’s history, having helped to frame our country’s political, social and economic life in the post-apartheid era,” he said. “With reports of interruptions in drug supply and shortages here and elsewhere foremost on our minds, we must ensure that health delivery systems on our continent are effective and adequately funded in order to prevent needless deaths and countless preventable infections,” he added. Dr. Coovadia is Chairman of Dira Sengwe and Scientific Director of the Doris Duke Medical Research Institute at the University of KwaZulu-Natal in Durban.

The IAS Conference series focuses on the translation of research into practice, particularly in low- and middle-income countries. This emphasis is further reflected this year by the addition of a new conference track on operations research, which involves the ongoing evaluation of programme implementation to strengthen service delivery and identify best practice. The notion of “learning by doing” will be the focus of a number of conference sessions.

Opening Programme
The emphasis on the real-world application of science was also reflected in today’s opening session, which began with welcoming remarks by the conference Co-Chairs and South Africa’s Deputy President Kgalema Motlanthe, followed by a community welcome by Viyuseka Dubula, General Secretary of the Treatment Action Campaign in South Africa. In her remarks, Ms. Dubula highlighted progress and challenges since the XIII International AIDS Conference took place in Durban in 2000, an event that is widely credited with having focused global attention on geographic disparities in HIV treatment and jumpstarting the move to expand access in low-income countries.

The opening session also featured a scientific keynote address by 2008 Nobel Laureate and IAS Governing Council member Professor Françoise Barré-Sinoussi entitled, Can the Establishment and Persistence of HIV Reservoirs Ever be Controlled? Viral reservoirs – hidden mostly in
subpopulations of latently infected resting memory CD4+ T cells – constitute the major obstacle to
eliminating HIV from the body. In her remarks, Prof. Barré-Sinoussi explained how HIV persists in
patients treated with highly active antiretroviral therapy and posed some of the most vexing
questions facing AIDS scientists and clinicians today, including: What are the main reservoirs of
HIV in the body? What are the mechanisms responsible for their establishment and persistence?
Which strategies can be proposed accordingly?

AIDS Free World Co-Director Stephen Lewis gave a second keynote address entitled, Scientists
as Activists. Mr. Lewis argued that what is desperately needed today is unrelenting and informed
voices of advocacy, and he called upon the scientific community to use both their scientific
expertise and their voices to respond to the pandemic.

A webcast of the opening session will be available on the conference website as of late Sunday.

Programme to Highlight Other Key Research and Implementation Issues

IAS 2009 will explore issues at the top of the AIDS research and policy agendas, including: the
impact of HIV-specific funding on broader efforts to strengthen health systems; disparities in
normative guidelines on when to start HIV treatment for people living in the global North versus the
South; and the emerging concept of treatment as prevention, which recognizes the added
preventive value of antiretroviral therapy. Four special sessions will examine other key issues:


• Scaling up Biomedical Prevention and Treatment Interventions - The Critical Role of Social
Science, Law and Human Rights (Monday, 20 July, 13:00)
• U.S. Global HIV Policy, Research and Implementation Under a New Administration,
featuring NIAID Director Anthony Fauci and newly confirmed U.S. Global AIDS Coordinator
Eric Goosby (Monday, 20 July, 13:00)
• What Have We Learned from DART (Development of AntiRetroviral Therapy in Africa)?
(Tuesday, 21 July, 07:00)
• Drug and Alcohol Dependence – New Advances and Ongoing Challenges in HIV
Treatment and Prevention (Tuesday, 21 July, 13:00)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議開幕 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる