エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009世界エイズデーのテーマは「普遍的アクセスと人権」

<<   作成日時 : 2009/06/19 13:33   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 2009年の世界エイズデーに向けたキャンペーンについて、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長とミシェル・シデベ国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長、それに世界エイズキャンペーン(WAC)のマーセル・ヴァン・ソエスト事務局長らが記者会見を行い、今年のテーマが「普遍的アクセスと人権」に決まったことを発表しました。そのプレスレリースの日本語訳です。記者会見はニューヨークの国連本部で行われ、ソエスト氏はWACのオフィスがある南アフリカのケープタウンで談話を発表したようですね。



国連事務総長、世界エイズキャンペーン、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が世界エイズデーのテーマ「普遍的アクセスと人権」を発表

【ニューヨーク 2009年6月16日】 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長と世界エイズキャンペーン、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は今年の世界エイズデーのテーマ「普遍的アクセスと人権」を発表した。

このテーマは、人権擁護の重要性を訴え、すべての人にHIV予防、治療、ケア、支援のアクセスを確保する目的で選ばれた。HIV陽性者、女性、社会的に弱い立場の集団などを差別する法律の撤廃を求めるものでもある。また、各国に対しては、2001年のコミットメント宣言、2006年の政治宣言で行った人権を守るための数多くの約束を実現するよう要請している。

ニューヨークの国連本部での発表に際し、UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は「予防、治療、ケア、支援の普遍的アクセスの達成は人権を確保するうえで緊急の課題である。エイズの流行に世界が対応するには、人権を尊重し、HIVの流行により最も大きな影響を受けている人たちに対する差別的、懲罰的法律を撤廃しなければならない」と語った。

HIVサービスへのアクセスを妨げ、HIVの流行に対し最も弱い立場の人たちを犯罪者とするような法律や政策は今日もなお、多数の国で残っている。たとえば、男性とセックスをする男性やトランスジェンダー、レズビアンであることを犯罪者とする法律、セックスワーカーを犯罪者とする法律、薬物使用者やハームリダクション(被害低減)の手段および代替薬治療を犯罪とする法律などがその中には含まれる。84カ国が、社会的に弱い立場の人たちに対する効果的なHIV予防、治療、ケア、支援の提供を妨げる法律や政策があると報告している。

 世界エイズキャンペーンのマーセル・ヴァン・ソエスト事務局長は「エイズの流行は去ってなどいない。何千万もの人がHIVに感染している。それなのに、最も大きな打撃を受けている人たち、貧しく、社会から置き去りにされている人たちには、重要な政策決定や法律制定の際に発言する機会がほとんどない。必要不可欠な保健医療、および偏見や差別を恐れずに生活する自由を保障するための基本的権利を強化しなければならない」と南アフリカのケープタウンで語った。

 各国政府はHIV感染を犯罪として扱うような行きすぎた法律の策定や強化を続けている。そうした法律は、「安心して、自発的にHIVの感染を明らかにできるような社会的および法的な環境を促進する」という約束とはっきりと矛盾するものだ。

 感染を理由にHIV陽性者の入国や滞在、居住を規制し、移動や就労の自由を妨げている国は59カ国もある。
 
 一方で、HIV陽性者を差別から守り、女性をジェンダーの不平等や性的な暴力から守る法律は十分に履行されていない。

 世界エイズキャンペーンのアリソン・リーコック議長は「人権は私たち自身とコミュニティにかかわるテーマである。つまり、あなたと私、そして、HIVに感染している人たち、感染のリスクにさらされている人たちの尊厳を守ることを約束した私たちの政府に深くかかわるテーマなのだ」と付け加えた。



UN Secretary-General, World AIDS Campaign and UNAIDS launch World AIDS Day theme of ‘Universal Access and Human Rights’

NEW YORK, 16 June 2009 – Ahead of this year’s World AIDS Day, the United Nations Secretary-General Ban Ki-moon, the World AIDS Campaign and the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) have come together to announce the theme of ‘Universal Access and Human Rights’.

The theme has been chosen to address the critical need to protect human rights and attain access for all to HIV prevention, treatment, care and support. It also acts as a call to countries to remove laws that discriminate against people living with HIV, women and marginalized groups. Countries are also urged to realise the many commitments they made to protect human rights in the Declaration of Commitment on HIV/AIDS (2001) and the Political Declaration on HIV/AIDS (2006).

Speaking ahead of the announcement at the United Nations in New York, Michel Sidibé Executive Director of UNAIDS said, "Achieving universal access to prevention, treatment, care and support is a human rights imperative. It is essential that the global response to the AIDS epidemic is grounded in human rights and that discrimination and punitive laws against those most affected by HIV are removed.”

Many countries still have laws and policies that impede access to HIV services and criminalize those most vulnerable to HIV. These include laws that criminalize men who have sex with men, trangendered people and lesbians; laws that criminalize sex workers; and laws criminalizing people who use drugs and the harm reduction measures and substitution therapy they need. Some 84 countries have reported that they have laws and policies that act as obstacles to effective HIV prevention, treatment, care and support for vulnerable populations.

Speaking from Cape Town, South Africa, The World AIDS Campaign Executive Director Marcel van Soest said, “The epidemic has not gone away, tens of millions of people are still affected, but those hit the hardest, the poor and marginalised in society often don’t have a say when big decisions and laws are made. Their fundamental right to essential health care and life free from fear of stigma and discrimination must be strengthened.”

Governments continue to pass and enforce overly-broad laws that criminalize the transmission of HIV which are in direct contradiction to their commitments to “promote…. A social and legal environment that is supportive of safe and voluntary disclosure of HIV status.”

Some 59 countries still have laws that restrict the entry, stay and residence of people living with HIV based on their positive HIV status only, discriminating against them in their freedom of movement and right to work.

At the same time, laws and regulations protecting people with HIV from discrimination and women from gender inequality and sexual violence are not fully implemented or enforced.

The organisation’s Chairperson, Allyson Leacock added, “The Human Rights theme is about us, about communities, about people like you and me and our governments making a commitment to honour and respect the dignity of the vulnerable and to those already living with HIV.”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009世界エイズデーのテーマは「普遍的アクセスと人権」 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる