エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 第9回アジア太平洋国際エイズ会議のテーマについて

<<   作成日時 : 2009/01/09 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)第9回アジア太平洋国際エイズ会議(ICAAP)は2009年8月9日から13日まで、インドネシア・バリ島のヌサ・ドゥアで開かれます。大規模開発され、五つ星ホテルがずらりと並ぶビーチリゾートで、2007年12月には気候変動枠組み条約の第13回締約国会議(COP13)が開かれた町です。宿泊施設が充実しているので国際的な大会議には便利ということでしょうか。その大規模リゾートで開かれるこの夏のエイズ会議で人の移動や移住労働者の間でのHIV/エイズの流行に焦点があてられることになったのは、どこか象徴的な意味があるような印象も受けます。公式ウエブサイトに掲載された会議のテーマに関する説明の日本語仮訳です。


第9回ICAAPのテーマは“Empowering People, Strengthening Networks”

 程度の差こそあれ、世界中の国がエイズの流行に直面するようになって20年以上になる。各国がそれぞれの流行に対処する際に、参考にできる有効な方法も報告されている。しかし、グローバル化が進み、国境も一段と流動化するにつれて、人の移住に対応できる介入策、および地球規模、地域規模の対策がますます重要になっている。

 HIV陽性者およびHIVに感染しやすい立場にいる人たちが力をつけ、HIV陽性者グループや宗教関係組織、コミュニティ、政府、地域機構、各セクター、そして、さまざまな人々のネットワークを強化することは、こうした変化に対応するための重要な要素である。

 国内および国境を越えた人移動が活発になっていることから、各国が単独でHIV/AIDSに対応しうると期待することなどもはやできない。

 移動する人々のHIV感染に対応するにはアジア太平洋地域の中での協力、さらには、より広い国際的な協力が必要である。各国が流行の拡大を抑える効果的な対策をとるためには、強力なネットワークが最も重要になる。

 2009年8月にバリで開催される第9回アジア太平洋国際エイズ会議は、エイズの流行に効果的に対応できるよう人々の能力向上をはかり、ネットワークを強化するために、さまざまな課題の中でも、ジェンダーや障害者の課題とともに人の移動、移住労働者の問題にも焦点を当てるつもりである。


(英文)

 For more than 20 years countries around the world have faced the AIDS epidemic more or less alone. Best practices have been documented to help countries deal with their specific epidemics, but as the world becomes more globalized and country borders become more fluid, interventions that address mobility, migration and global and regional responses become more important.

 The empowerment of people – both HIV-positive and HIV-negative vulnerable to HIV – and the strengthening of networks - PLHIV groups, faith-based organizations, communities, governments, regions, sectors, as well as individuals - are important components to addressing this change.

 With increased mobility in-country and across borders, nations can no longer expect to work alone in its response to HIV and AIDS.

 Regional and international cooperation is needed to address HIV transmission among migrant populations. Strong networks are of utmost importance when countries need effective interventions to halt the epidemic in its tracks.

 The 9th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific in Bali in August 2009 aims to address, among others, issues of mobility, migration, as well as gender and people with disabilities in order to empower the people and strengthen networks to effectively respond to AIDS.



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第9回アジア太平洋国際エイズ会議のテーマについて エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる