エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連合同エイズ計画(UNAIDS)12周年メッセージ ピオット事務局長

<<   作成日時 : 2008/02/18 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 (解説)国連合同エイズ計画のピーター・ピオット事務局長が国連合同エイズ計画(UNAIDS)が正式に発足してから12年が経過したのを期に《HIV陽性者ネットワーク、政府、企業、コミュニティグループ、宗教関係組織、民間財団、研究機関、国連ファミリー》などパートナーに向け、協力を呼びかけるメッセージを発表した。その中でピオット事務局長は1.必要な対策を遂行するための資金の確保と有効活用 2.HIV予防、ジェンダーの平等、人権確保に向けた各国の取り組みの強化 3.多様な現実を踏まえた戦略的な情報の提供 4.エイズ対策を通したより広範な開発課題への貢献 5.長期にわたる戦略的アプローチの開発−の5つを2008年の重点領域としてあげている。



パートナーの皆さんへ
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)、ピーター・ピオット事務局長12周年メッセージ

 UNAIDSが正式に発足して12年が経過しました。国連合同エイズ計画が真に世界規模の組織に成長してきた12年間でした。UNAIDSは世界80カ国以上のエイズ対策を支援しています。

 この12年間にHIV陽性者ネットワーク、政府、企業、コミュニティグループ、宗教関係組織、民間財団、研究機関、国連ファミリーなど、幅広いパートナーと綿密な協力関係を築いてきました。こうしたパートナーシップは重要です。それなくしてUNAIDSが任務を遂行することはできません。

 このため、私は2008年におけるUNAIDSの優先課題を皆さんと共有したいと思います。UNAIDSは今年、5つの重点領域を設定しています。第1に私たちは、国内および国際的に資金を確保し、有効に活用しなければなりません。私たちはHIVの予防、治療、ケア、支援の普遍的アクセスに向けて、各国が対応の規模を拡大していけるよう技術的、政策的な支援に力を入れています。ミレニアム開発目標の中間年にあたり、各国の目標達成状況に関する情報を集約するために努力しているところです。それらの情報は他の課題を解決する助けにもなるでしょう。

 第2はHIV予防とジェンダーの平等と人権の確保に向けた各国の行動の強化です。これらは相互に関係しており、幅広い対応が求められるエリアです。私たちはHIV感染のリスクを下げ、脆弱性を克服し、影響の軽減をはかるための予防プログラムの策定を助け、資金力確保や実施能力の強化をはかっていきます。そして、共通の利害をもつ広範な関係者と協力してHIV予防の需要を掘り起こし、能力と資金を確保していき、同時にHIV治療のさらなる普及にも力を入れていきます。

 第3の領域は実際に役立つ戦略的な情報の提供をはかることです。エイズ最新情報2007版は、エイズの流行がいかに複雑なものであるのかを示しています。私たちはもう、この流行を世界全体の単一な数字で表すことはできません。各国で何が起きているのかは、それぞれの国の事情を踏まえて把握していかなければならないのです。今後1年をかけて、私たちはエイズの流行の現状と対策について報告をより正確なものにする努力を続けていきます。データの収集能力の向上をはかり、より詳細な情報分析が可能になるよう他の人たちとも協力していきます。各国の最新情報を集め、8月には新たな「エイズの流行に関する世界報告」を発表する予定です。

 第4の領域はエイズ対策がより広範な開発課題の実現に貢献できるようにすることです。私たちはHIVプログラムがミレニアム開発目標に向けて大きな貢献を果たしていることを結果を示すことで、強調したいと思っています。私たちはそうして得られた知識を世界の政策、とりわけMDGsの保健関連目標に活用するだけでなく、援助の有効性と長期の資金投資に関する課題の解決にも役立つものにしたいと考えています。

 そして、第5の領域は長期にわたる戦略的アプローチの開発です。私たちはこれまでに達成した成果を踏まえ、将来にわたってその成果を持続、拡大させていかなければなりません。年間のHIVの新規感染率は低下しつつあります。しかし、予防、治療、ケア、支援の必要性は増しています。私たちは現在のギャップを埋めるための新たな方法を見つけなければなりません。とりわけ開発援助の不安定さの中でHIV予防のための資金に生じるギャップへの対応は重要です。いま、そうしたギャップに対処する方法を見つけなければ、長期にわたるエイズ対策を持続させることはできません。

 2008年は結果を残し、示すことが、非常に重要な年になります。その結果が、これから先の10年に最大の成果をもたらすようにしなければなりません。そのために皆さんと協力していくことを望んでいます。


 以下、英文です。

It is now 12 years since UNAIDS started work, 12 years in which the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS has matured into a truly global institution, supporting national AIDS responses in more than 80 countries.

During those 12 years, we have established close relationships with a wide range of partners—networks of people living with HIV, governments, businesses, community groups, advocacy groups, religious organizations, foundations, scientific institutions, and the United Nations family. These partnerships are critical: without them, we at UNAIDS would not be able to do our work.

Because of this, I wanted to share with you our priorities for 2008. This year we have five focus areas. First we have to make the significant domestic and international money being made available—work the best that it can. We will intensify our technical and policy support to help countries scale up towards universal access to HIV prevention, treatment, care and support. Halfway towards the Millennium Development goals—we aim to do a better job of sharing information about the progress that countries have made in reaching their targets—information that could help unblock challenges faced by others.

The second is to intensify country-level action on HIV prevention, gender equality and human rights—interrelated areas that need broad engagement. We will mobilise and build capacity to support planning, costing and implementation of prevention programmes that reduce HIV risk, vulnerability and impact. And we will work with a range of stakeholders to build demand, capacity and resources for HIV prevention, while continuing to support the further roll-out of HIV treatment.

The third is to enhance the provision of practical strategic information. The 2007 AIDS epidemic update report showed just how complex the epidemic has become. We can no longer describe this epidemic in simple global figures. We have to tell the story of what is happening in countries in all their diversity. Over the next year we will further refine our reporting on the epidemic and the response. We will continue to strengthen data collection, and work with others to enhance the analysis of this information. In August, we will publish a new Global Report on the AIDS epidemic with the most up-to-date information on progress at country level.

The fourth focus is to ensure that the AIDS response contributes to wider development processes and outcomes. We want to highlight, through reporting results, the difference that HIV programmes are making towards achieving the Millennium Development Goals. We will use this knowledge to support global policy, particularly for the health related MDGs, but also for issues such as aid effectiveness and long-term predictable financing.

And the fifth area is to develop a much longer term, more strategic approach. We have to build on what has been achieved so far, and find ways to accelerate and then sustain this in the future. The rate of new HIV infections per year is declining, but the need for prevention, treatment, care and support is increasing. We have to find new ways to fill existing gaps—notably around HIV prevention and the volatility of development assistance. Because if we don’t find ways to address those gaps now, we will not be able to sustain the AIDS response over the longer term.

So 2008 is really a year of demonstrating and building on results. It’s about making sure those results provide maximum benefit in the decades to come. We look forward to working with you to make this happen.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連合同エイズ計画(UNAIDS)12周年メッセージ ピオット事務局長 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる