エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 提供者主導のHIV検査ガイダンスについて 

<<   作成日時 : 2006/12/23 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)保健医療機関などにおけるHIVスクリーニング検査については方針の見直しが国際的な議論になっていますが、WHOとUNAIDSが指導手引書の草案をまとめパブリックコメントを募っています。英語のコメントの締め切りは年明けの1月5日です。草案の翻訳まで手が回りませんでしたが、とりあえずウエブ上で英文草案を見ることはできます。



提供者主導のHIV検査ガイダンス WHO/UNAIDS
Action: Comment on provider initiated HIV testing guidance
WHO/UNAIDS

 今年6月以降、世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局は保健医療機関での提供者主導のHIV検査とカウンセリングに関する手引の作成に向けた協議を進めてきた。 http://www.who.int/hiv/topics/vct/publicreview/en/ で英語版の手引書最新草案を見ることができる。エグゼクティブサマリーはフランス語版がすでにあり、間もなくスペイン語版もできる。これらの言語によるフルテキストも12月18日には用意できる予定である。

 私たちは現在、この草案に対しパブリック・コメントを広く求めている。ウエブサイト上の指示に従い、以下のスケジュールのもとにコメントを送ってください。

 英語のコメント 2007年1月5日まで。
 フランス語、スペイン語のコメント 2007年1月19日まで。
 あなたの同僚及び後援グループからのコメントも歓迎ですので、このメッセージを広く伝えてください。

 最新ドラフトは、各国政府、地方自治体、非政府組織、HIV陽性者、国際機関などを含むHIV検査とカウンセリング関係のさまざまな分野の専門家60人を集めて2006年7月に開かれた国際会議などの協議プロセスを経てまとめられた。国際的なさまざまな利害関係者、パートナー、WHO、UNAIDS事務局内部における個別の集中的議論も行なわれた。

 多数の価値あるコメントと提案が最新草案には取り入れられている。同時に、私たちは医療機関におけるHIV検査とカウンセリングの手引書を提供するという目的のために、草案をできるだけ簡潔でわかりやすくするよう努めた。ワーディングは最終的にWHOとUNAIDSによって承認されることを認識したうえで、私たちはこの草案の作成に貢献してくれた世界中の同僚たちにお礼を言いたい。

 草案は2003年にWHOとUNAIDSが発表した提言(知る権利)および2004年の提言(HIV検査およびカウンセリングに関するWHO・UNAIDSの方針)にもとづいて作られた。文書はまた、標準的なHIVの予防、治療、ケアの提供をはじめ、提供者主導のHIV検査とカウンセリングの実施にあたって取り組むべき社会、法律、倫理、人権などの課題にも留意している。

 あなたの意見と提案をお待ちしています。

Sincerely,

Kevin M. De Cock
WHO HIV/AIDS局長

Purnima Mane
UNAIDS事務局 Policy, Evidence and Partnershipsディレクター

(英文)
Since June of this year, the World Health Organization and the UNAIDS Secretariat have been coordinating a consultative process to develop guidance on provider-initiated HIV testing and counselling in health care settings. We are pleased to inform you that the latest draft of the guidance document in English can now be found online at this link http://www.who.int/hiv/topics/vct/publicreview/en/. An Executive Summary of the document is available in French, and will soon be available in Spanish. The full text of the document in these languages should be available on the same website by December 18.

We are now seeking broad public comment on this document. If you wish to provide comments, please follow the instructions that appear on the website and send in your comments according to the following schedule:

English comments by 5 January, 2007; and
French and Spanish comments by 19 January, 2007.
We also welcome comments from your colleagues and constituency groups should you wish to disseminate this message more widely.

The consultative process followed to arrive at the current draft included an international meeting held in July 2006 with 60 experts in different aspects of HIV testing and counselling, including representatives from national and local governments, non-governmental organizations, people living with HIV and international organizations. Separate, extensive discussions have occurred with different international stakeholders and partners, and across WHO and the UNAIDS Secretariat.

Many valuable comments and suggestions have been incorporated into the current draft. At the same time, we have attempted to keep the document as succinct and clear as possible for it to fulfil its primary purpose: the provision of guidance on HIV testing and counselling within health care settings. We wish to thank the many colleagues internationally who have contributed to the process so far, recognizing that the wording of the draft guidance does not imply final endorsement by WHO or UNAIDS.


The draft document draws, and provides guidance, on the implementation of earlier recommendations published by WHO and UNAIDS in 2003 (The Right to Know) and 2004 (UNAIDS and WHO Policy Statement on HIV Testing and Counselling). The document is also mindful of the social, legal, ethical and human rights issues that must be addressed in the implementation of provider-initiated HIV testing and counselling, including the need for an appropriate standard of HIV prevention, treatment and care.

We look forward to receiving your comments and suggestions.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
提供者主導のHIV検査ガイダンスについて  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる