テーマ:UNAIDS

『HIVとCOVID-19:復元力の高い保健システムを学び、活用し、構築するための貴重な瞬間』 UNAIDSプレス…

(解説)バーチャル高速対応都市(Fast-Track Cities)会議2020が9月9、10日にオンラインで開かれました。HIV/エイズ分野で2020年の高速対応目標である90-90-90ターゲットを達成することを目指し、世界中の都市の代表が集まる会議・・・ということなんですが、目標年である今年はCOVID-19の影響があり、オンライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『HIV対策からの教訓 -人権尊重の姿勢を失ったCOVID-19対策の危うさを警告』UNAIDSプレスリリース

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)は8月27日、報告書『パンデミック期の人権 - 初期COVID-19対策におけるロックダウンと人権、およびHIVからの教訓』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。     ◇ HIV対策からの教訓 -人権尊重の姿勢を失ったCOVID-19対策の危うさを警告    UN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『COVID-19対策へのリーダーシップを米国に要請』 UNAIDSプレス声明

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が米国に世界のCOVID-19対策への指導力を発揮するよう求めるプレス声明を発表しました。パンデミックはCOVID-19だけでなく、HIVや結核、マラリアにも目配りしつつ対策を進めていく必要があるということで、現状をパンデミックが衝突する時代ととらえ、それを乗り越えるために超党派での対応を米国に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のHIV陽性者数は3800万人 UNAIDS推計

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の年次報告書GLOBAL AIDS UPDATE 2020には、世界のHIV陽性者数などの最新推計(2019年末現在)も公表されています。  Fact Sheetからその一部を紹介しておきましょう。世界全体の推計です。  https://www.unaids.org/en/resources/fa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDS報告書『Seizing the moment(この機会をつかむ)』

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が年次報告書GLOBAL AIDS UPDATE 2020を発表しました。タイトルは『Seizing the moment(この機会をつかむ)』です。7月6日はバーチャル会議となった第23回国際エイズ会議(AIDS2020)の開幕の日でもあります。  報告書と同時に発表されたプレスリリースを日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIVの教訓を生かしCOVID-19のパンデミックへの関与強める UNAIDSプレスリリース

(解説)UNAIDSのプログラム調整理事会で、ウィニー・ビヤニマ事務局長が開会演説を行い、HIV対策の教訓を生かし、COVID-19のパンデミック対策への関与を強めていくとの姿勢を示しました。UNAIDSプレスリリースの日本語仮訳です。 HIVとCOVID-19の概況をプログラム調整理事会で報告 ビヤニマ事務局長開会演説  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗レトロウイルス薬の供給と価格に対するCOVID-19パンデミックの影響 UNAIDSプレスリリース

(解説)新型コロナウイルス感染症COVID-19の流行で、低・中所得国のHIV治療も大きな影響を受ける恐れがある。国連合同エイズ計画(UNAIDS)がインドを中心にジェネリック薬の製造会社に調査を行った結果を分析レポートにまとめました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 COVID-19の流行で抗レトロウイルス薬の供給と価格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公開書簡『COVID-19に対する人びとのワクチンへの連帯』 UNAIDS

   国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトに掲載された公開書簡『Uniting behind a people’s vaccine against COVID-19』の日本語仮訳です。『people’s vaccine』というのは《すべての国で、すべての人が無償で受けられるワクチン》という意味のようです。 書簡は5月18日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『COVID-19時代のHIV予防』

(解説)HIV/エイズ分野の経験を踏まえて新型コロナウイルス感染症COVID-19に対応するため、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が3つの短い啓発文書を発行しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 COVID-19パンデミックの間もHIV予防に力を入れるよう各国に要請 UNAIDSプレスリリース   医療崩壊、都市封鎖、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『COVID-19のアウトブレークで、LGBTIの人びとへの非難と迫害が拡大』 UNAIDSとMPactが強い懸念

 新型コロナウイルス感染症COVID-19の感染が世界に拡大する中で、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と『ゲイ男性の健康と権利のためのMPact世界行動(MPact)』は4月27日、共同でプレスリリースを発表しました。LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス)の人たちに対する非難と迫害に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギータ・ラムジー博士がCOVID-19で死亡

(解説)南アフリカで女性のHIV予防に関する研究を牽引してきたギータ・ラムジー博士がCOVID-19の合併症により、3月31日に亡くなりました。3月の半ばに英国のロンドン大学衛生熱帯医学大学院のシンポジウムで講演を行い、南アフリカに戻ってから倒れたということです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレス声明の日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19アウトブレーク対策で、コミュニティを中心にした人権アプローチを要請 UNAIDSプレスリリース

(解説)新型コロナウイルス感染症COVID-19対策で国連合同エイズ計画(UNAIDS)が3月20日、プレスリリースを発表しました。HIV/エイズ対策の経験を踏まえ、人権尊重を基本にした対策でコミュニティの参加を促し、対策の効果を上げることを各国に呼び掛けています。  その日本語仮訳です。 COVID-19アウトブレーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地球規模の対策は人を中心にしなければ成功しない』 UNAIDS

 新型コロナウイルス対策について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにウィニー・ビヤニマ事務局長のオピニオン《Successful global epidemic responses put people at the centre》が掲載されました。その日本語仮訳です。 2020年3月12日 オピニオン ウィニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『女性と女児への差別をゼロに』 UNAIDS差別ゼロデー2020

 3月1日の差別ゼロデーは国連合同エイズ計画(UNAIDS)にとって、12月1日の世界エイズデーに次いで重視している記念日です。2013年12月1日にオーストラリアのメルボルンで開かれた世界エイズデー式典で、差別ゼロデーの制定が発表され、翌14年3月1日が第1回となりました。今第7回となる今年のテーマは『ZERO DISCRIMIN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19アウトブレークの間、HIV陽性者が治療を継続できるようUNAIDSと中国が協力 UNAIDSプレス…

(解説)中国のCOVID-19の流行について、UNAIDSが2月19日、プレスリリースを発表しました。HIV陽性者が受けている影響についての調査報告です。内容は、しっかり取り組んでいますというアリバイ的な印象もありますが、やらないよりはまし。その日本語仮訳です。 COVID-19アウトブレークの間、HIV陽性者が治療を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIVワクチン臨床試験HVTN702は中止 UNAIDSプレス声明

(解説)南アフリカで進められていたHIVワクチンの大規模臨床試験HVTN702の中止が2月3日、米国立衛生研究所(NIH)の国立アレルギー感染症研究所(NIAD)から発表されました。中間評価の段階で、対象となるワクチン候補にはHIV感染の予防効果はないという結論に達したということです。有望なワクチン候補として期待されていたのですが、残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『健康は富裕層の特権であってはならない-健康への権利はすべての人にある』UNAIDSプレスリリース

 1月21日から24日まで開かれているスイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開会に際し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレスリリースの日本語仮訳です。  今年のダボス会議のテーマは「Stakeholders for a Cohesive and Sustainable World(ステークホルダーが作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーのUNAIDS事務局長メッセージ

(解説)12月12日はユニバーサル・ヘルス・カバレッジデーです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにはウィニー・ビヤニマ事務局長のメッセージが軽差されました。その日本語仮訳です。  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジデーのUNAIDS事務局長メッセージ  2019年12月12日 プレス声明 https://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人権デーに寄せる国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長メッセージ

(解説)12月1日の世界エイズデーに続いて、12月10日は人権デーです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ事務局長が人権デーに寄せるプレス声明を発表しました。その日本語仮訳です。 人権デーに寄せる国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長メッセージ  2019年12月10日 プレス声明 https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第135号(2019年11月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第135号(2019年11月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Power to the people(人びとに力を)』 2019世界エイズデーUNAIDS報告書

 世界エイズデーに向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の報告書『Power to the people(人びとに力を)』は11月26日にケニアのナイロビで発表されました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。      ◇ エイズ終結は、個人およびコミュニティが選択し、知り、成長し、要求する力を持つかどうかにかかっている  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界エイズデー2019 におけるUNAIDS事務局長メッセージ

(解説)2019年の世界エイズデーを前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ事務局長がプレス声明を発表しました。その日本語仮訳です。英文はUNAIDS公式サイトでご覧ください。動画もついています。  https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleas…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残さないために UNAIDS事務局長声明 

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ新事務局長がケニアのナイロビで開かれたICPD(国際人口開発会議)25周年の会議(ナイロビサミット)でスピーチを行いました。そこで明らかにした声明がUNAIDS公式サイトに紹介されています。その日本語仮訳です。    ◇ エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。     ◇ HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。     ◇ HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティが変える UNAIDSが2019世界エイズデーのテーマを発表

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに2019年世界エイズデー(12月1日)に向けたキャンペーンのテーマが掲載されています。 『COMMUNITIES MAKE THE DIFFERENCE』  日本語では『コミュニティが変える』と訳しました。以下、公式サイトに掲載された短い紹介文の日本語仮訳です。キャンペーン用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィニー・ビヤニマ事務局長が就任 UNAIDS

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ新事務局長が11月1日、就任しました。UNAIDSによるそのプレス声明の日本語仮訳です。 ウィニー・ビヤニマ事務局長が就任 UNAIDSプレス声明  https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressrele…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エイズと持続可能な開発目標(SDGs)』

(解説)2030年を目標の達成年とする国連の持続可能な開発目標(SDGs)は、17分野のゴールが設定されています。エイズ流行終結は、17項目中のゴール3「すべての人に健康と福祉を」のそのまたターゲットの中の一部でとして明記されています。ただし、HIV/エイズ対策に関連する目標はゴール3だけではないということで、国連合同エイズ計画(UNA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more