テーマ:UNAIDS

『健康は富裕層の特権であってはならない-健康への権利はすべての人にある』UNAIDSプレスリリース

 1月21日から24日まで開かれているスイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開会に際し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレスリリースの日本語仮訳です。  今年のダボス会議のテーマは「Stakeholders for a Cohesive and Sustainable World(ステークホルダーが作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)デーのUNAIDS事務局長メッセージ

(解説)12月12日はユニバーサル・ヘルス・カバレッジデーです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにはウィニー・ビヤニマ事務局長のメッセージが軽差されました。その日本語仮訳です。  ユニバーサル・ヘルス・カバレッジデーのUNAIDS事務局長メッセージ  2019年12月12日 プレス声明 https://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人権デーに寄せる国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長メッセージ

(解説)12月1日の世界エイズデーに続いて、12月10日は人権デーです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ事務局長が人権デーに寄せるプレス声明を発表しました。その日本語仮訳です。 人権デーに寄せる国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長メッセージ  2019年12月10日 プレス声明 https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第135号(2019年11月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第135号(2019年11月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Power to the people(人びとに力を)』 2019世界エイズデーUNAIDS報告書

 世界エイズデーに向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の報告書『Power to the people(人びとに力を)』は11月26日にケニアのナイロビで発表されました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。      ◇ エイズ終結は、個人およびコミュニティが選択し、知り、成長し、要求する力を持つかどうかにかかっている  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界エイズデー2019 におけるUNAIDS事務局長メッセージ

(解説)2019年の世界エイズデーを前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ事務局長がプレス声明を発表しました。その日本語仮訳です。英文はUNAIDS公式サイトでご覧ください。動画もついています。  https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleas…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残さないために UNAIDS事務局長声明 

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ新事務局長がケニアのナイロビで開かれたICPD(国際人口開発会議)25周年の会議(ナイロビサミット)でスピーチを行いました。そこで明らかにした声明がUNAIDS公式サイトに紹介されています。その日本語仮訳です。    ◇ エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。     ◇ HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。     ◇ HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティが変える UNAIDSが2019世界エイズデーのテーマを発表

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに2019年世界エイズデー(12月1日)に向けたキャンペーンのテーマが掲載されています。 『COMMUNITIES MAKE THE DIFFERENCE』  日本語では『コミュニティが変える』と訳しました。以下、公式サイトに掲載された短い紹介文の日本語仮訳です。キャンペーン用の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィニー・ビヤニマ事務局長が就任 UNAIDS

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ新事務局長が11月1日、就任しました。UNAIDSによるそのプレス声明の日本語仮訳です。 ウィニー・ビヤニマ事務局長が就任 UNAIDSプレス声明  https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressrele…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『エイズと持続可能な開発目標(SDGs)』

(解説)2030年を目標の達成年とする国連の持続可能な開発目標(SDGs)は、17分野のゴールが設定されています。エイズ流行終結は、17項目中のゴール3「すべての人に健康と福祉を」のそのまたターゲットの中の一部でとして明記されています。ただし、HIV/エイズ対策に関連する目標はゴール3だけではないということで、国連合同エイズ計画(UNA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第133号(2019年9月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第133号(2019年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSのPrEP専門家、ロザリンド・コールマン氏に聞く(UNAIDSのサイトから)

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに9月16日で、暴露前予防服薬(PrEP)の解説記事が掲載されています。その日本語仮訳です。UNAIDSのPrEP専門家ロザリンド・コールマン氏がインタビューに答え「PrEPを効果的に開始、継続できるようにするにはメッセージの伝え方が大切です。公共広告から保健医療従事者の姿勢に至るまで、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を 国連事務総長報告2019

(解説)国連事務総長が毎年、総会に提出しているHIV/エイズ対策の2019年版報告です。少し長いので、とりあえず、サマリーだけ日本語仮訳を作成しました。     ◇ 10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を   国連事務総長報告 https://www.unaids.org/sites/default/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『各国における医薬品その他の医療用品の地元生産促進に関する国際機関共通声明』

(解説)保健分野に関係する6つの国連機関・国際機関が、低・中所得国による医薬品や医療用品の国内生産促進を求める声明を連名で発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレス声明の日本語仮訳です。世界保健総会(WHA)開催中の5月24日にジュネーブで発表されました。 各国における医薬品その他の医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『結核に影響を受けている人のための権利宣言』を発表

(解説)結核から回復した人やいま結核を罹患している人などでつくるTBピープルという国際組織が5月14日、『結核に影響を受けている人のための権利宣言』をジュネーブで発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたFeature Storyの日本語仮訳です。 結核に影響を受けている人のための権利宣言を発表 UN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSとLGBT財団がLGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質の調査を開始

(解説)UNAIDSとLGBT財団が、LGBTIの人たちを対象にした世界的なウェッブ調査の開始を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。  調査は17言語で行われ、巻末のURLをクリックすると日本語のサイトが出てきます。 UNAIDSとLGBT財団がLGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質に関する調査を開始  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSのシディベ事務局長が退任し、マリ保健社会福祉相に就任

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長がマリの保健社会福祉相に就任したことが5月8日に発表されました。そのプレス声明の日本語仮訳です。  シディベ氏は昨年12月のプログラム調整理事会で、独裁的な組織運営が批判され、任期を半年は止めて今年6月末で退任することを発表していました。このためUNAIDSは次期事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『抗レトロウイルス治療のHIV感染防止効果に関する追加的エビデンスを歓迎』

(解説)抗レトロウイルス治療によるHIV感染予防の効果に関するPARTNER2研究の結果が英医学誌LANCETに報告されました。治療を継続し、体内のウイルスが抑制されているHIV陽性者からは、他の人にHIV性感染することはないということを欧州のゲイカップル約1000組の調査から結論付けています。その報告を歓迎する国連合同エイズ計画(UN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パースICAAPは中止に

(解説)オーストラリアのパースで9月に予定されていた第13回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP2019)が「延期」になりました。  http://icaap2019.com/  また、会議準備にあたってきたアジア太平洋エイズ学会(ASAP)のミュン・ハン・チョウ理事長と国連合同エイズ計画(UNAIDS)太平洋地域事務所のイー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『尊厳と尊重、そして生命を守るために、差別的な法律を変える行動を』 UNAIDSリリース

(解説)差別ゼロデーの3月1日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が、各国や関係機関、そして個人に向けて、差別的な法律の改廃を求めて行動するキャンペーンのプレスリリースを発表しました。その日本語仮訳です。  すでにキャンペーンについては紹介してありますが、3月1日にプレスリリースが発表されたということは、3月1日がキャンペーンのゴール…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

差別的な法律を変えよう 差別ゼロデー2019キャンペーン

(解説)3月1日の差別ゼロデーに向け、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が今年のキャンペーンを発表しました。テーマはAct to change laws that discriminate(差別的な法律を変えよう)です。UNAIDS公式サイトに掲載された簡単な紹介文を日本語に仮訳しました。    ◇ 差別ゼロデー 差別的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャノン・ヘイダー新事務局次長(プログラム担当)の任命を歓迎 UNAIDS

(解説)空席になっていたUNAIDSのプログラム担当事務局次長兼国連事務局長補に米疾病管理予防センター(CDC)のHIV・結核担当ディレクターのシャノン・ハイダー博士が任命されました。そのUNAIDSのプレスリリースの日本語仮訳です。 シャノン・ヘイダー新事務局次長(プログラム担当)の任命を歓迎 UNAIDS http://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『2030年までに国内のHIV感染をなくすという米大統領の誓約を歓迎』

(解説)米国のトランプ大統領が2月5日に議会で一般教書演説を行いました。そのごくごく一部ですがHIVにも言及し、10年以内にHIVの流行をなくすよう予算措置を講ずることを約束しています。 No force in history has done more to advance the human condition than Am…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『HIV関連のスティグマと差別をなくす世界パートナーシップが発足』

(解説) 12月10日は国連総会が人権宣言を採択して70周年の記念日ということで、ジュネーブでは記念行事が開かれ、その席上で『あらゆるかたちのHIV関連スティグマ・差別を解消するための世界パートナーシップ』が発足しました。このことを伝えるUNAIDSのFeature storyの日本語仮訳です。 HIV関連のスティグマと差別を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News第123号(2018年11月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第123号(2018年11月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヨーロッパにおける曝露前予防服薬(PrEP)の提供とモニタリングに必要な最低基準』

(解説)スウェーデンのストックホルムで11月15、16日の2日間、『EU/EEAにおける曝露前予防服薬:PrEPサービスの提供とモニタリング:最低基準と主要原則』と題した会議が開かれ、PrEP提供者や利用者がヨーロッパでのPrEP普及に向けた課題を議論しました。その会議の模様を伝えた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトの11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年世界エイズデーに寄せるUNAIDS事務局長メッセージ

(解説) 報告書に続き、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトには、世界エイズデーに寄せるミシェル・シディベ事務局長のメッセージが、プレス声明として発表されました。その日本語仮訳です。 2018年世界エイズデーのメッセージ  ミシェル・シディベ国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長 2018年12月1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自らの感染を知っているHIV陽性者は75% UNAIDSが最新報告書を発表

(解説) 世界エイズデーを前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が11月22日、新たな報告書『Knowledge is power』(知ることが力になる)を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。今年のキャンペーンテーマ『Know your status』(感染の有無を知ろう)と連動して、検査推奨のトーンを強く打ち出した内容に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more