UNAIDSのシディベ事務局長が退任し、マリ保健社会福祉相に就任

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長がマリの保健社会福祉相に就任したことが5月8日に発表されました。そのプレス声明の日本語仮訳です。
 シディベ氏は昨年12月のプログラム調整理事会で、独裁的な組織運営が批判され、任期を半年は止めて今年6月末で退任することを発表していました。このためUNAIDSは次期事務局長の選任プロセスに入っていましたが、後任が決まらないままシディベ氏は退陣することになりました。当面は管理総務担当のグニラ・カールソン事務局次長が事務局長臨時代理を務めるということです。
   ◇ 
ミシェル・シディベ氏がマリの保健社会福祉相に任命されたことを祝福 UNAIDS
 UNAIDS事務局長として世界のHIV対策に大きく貢献したことに心から感謝
  UNAIDSプレス声明 
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2019/may/20190508_michel-sidibe

ジュネーブ 2019年5月8日 ― UNAIDSはミシェル・シディベ氏がマリの保健社会福祉相に任命されたことを祝福する。シディベ氏は2009年1月、第2代UNAIDS事務局長および国連事務次長に就任し、以後10年にわたってその職にあった。
 保健と開発分野で人を中心にしたアプローチを進め、社会正義を擁護する真の代表的人物として、シディベ氏はエイズ対策に目覚ましい貢献を果たし、世界中で何百万という人の生命を救い生活の改善を助けてきた。
 抗レトロウイルス治療を受ける人の数は2010年の800万人から2017年の2170万人へと、シディベ氏のUNAIDS事務局長就任以来、170%(2.7倍)も増加している。
 「事務局長としてUNAIDSで働き、世界のエイズ対策に貢献できたことは私にとって大きな栄誉です」とシディベ氏は述べた。「すべてのUNAIDSパートナー、スタッフ、そしてとりわけHIVに影響を受けているコミュニティの皆さんにお礼を申し上げたい。皆さんこそがこの成果を可能にしたのです。皆さんの固い決意があったからこそ、何百万という人の生命を救うサービスが提供できました。さらにこの道を進み、常に人びとを一番に考え、サービス提供を続ければ、エイズ終結は成功するでしょう」
 HIV新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロというシディベ氏のビジョン、およびすべての人に保健医療サービスを確保するための倦むことのない活動により、HIVは引き続き世界の重要課題として位置付けられている。彼が連帯と責任の共有を世界に呼びかけたことで、低・中所得国のためのHIV対策資金は、2010年の15億9000万ドルから2017年の20億6000万ドルへと3割以上増えている。各国に自立を求めた結果、低・中所得国のHIV資金の56%は国内予算で賄われており、長期にわたる持続的な対応が可能になっている。
 HIV予防、治療、ケア、支援へのユニバーサルアクセスに向けたシディベ氏の働きかけにより、2015年末までにHIV陽性者1500万人が抗レトロウイルス治療を受けられるようにするという目標は、7カ月前倒しして実現している。社会的に最も弱い立場の人や排除されがちな人を重視したことで、薬物使用者、ゲイ男性など男性とセックスをする男性、セックスワーカー、受刑者、移住を余儀なくされている人たちといった声なき人たちが、声をあげられるようになった。
 すべての子供がHIVに感染して生まれないようにすることの必要性を強く信じ、子供の新規HIV感染をなくすよう呼びかけた結果、『2015年までに子供のHIV新規感染をなくし母親が健康に生きていくための世界計画』で優先国とされている21カ国では、2009年と比べると小児HIV感染が60%減少している。
 シディベ氏は任期中、キーポピュレーションを明示し、地域的・世界的な高速対応目標を取り入れたHIV分野の2つの重要な国連総会政治宣言の先頭に立ってきた。また、HIVを性と生殖の健康の中に位置づけ、結核や子宮頸がんなど他の疾病と統合した対応を打ち出すなど、人権を基本にした包括的アプローチを重視し、エイズ対策の孤立を回避することに成功した。
 「長期にわたってUNAIDSを支援していただいたアントニオ・グテレス国連事務総長にはお礼を申し上げたい」とシディベ氏はいう。「さらに1987年にユニセフの職員としてコンゴ民主共和国で働き始めてから、20年余り後に国連事務次長になるまで、私を育ててくれた国連システムにも感謝したい。私に与えられた機会には常に感謝しています」
 HIVに最も大きく影響を受けている国々は、シディベ氏が呼びかけた90-90-90ターゲットの実現を目指し努力を続けている。HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、感染を知った人の90%が治療を受け、さらにその90%が体内のウイルス量を低く抑えるという目標である。現状では、自らの感染を知っているHIV陽性者は全体の約75%と推定され、HIV検査の普及と抗レトロウイルス治療の拡大が大きな課題となっている。
 彼がパートナー機関とともにHIV予防連合の設立を呼び掛けたことが、HIVの一次予防に向けた政治的意思の強化と持続、および新規HIV感染を止めるためのサービス提供への責任を明確化した新たなHIV予防2020ロードマップを生み出している。
 彼が女性・女児の生活状態の改善を約束したことが、女性・女児にHIV予防と治療のアクセス、および紛争状態や紛争後の平和構築時における性的暴力の予防と対処に関する2011年の安保理決議1983につながった。
 コミュニティの力に対するシディベ氏の強い思いが、コミュニティ主導のHIV対策への道を開き、HIVサービスへの理解を広げ、治療の継続を支え、HIV陽性者の生活の質を高めるための支援ネットワークを生み出すゲームチェンジャーになった。
 シディベ氏の関与と決断、情熱があったからこそ、政府首脳、HIV陽性者、影響を受けているコミュニティ、ドナー、ファーストレディ、議員、市長、市民社会、科学者、若者やHIVプログラムの指導者といった人たちが同じテーブルに着き、誰も取り残すことのない解決策を検討し、エイズ終結に向けて持続的な行動をとることも可能になった。
 シディベ氏はUNAIDSと世界のHIV対策を鼓舞する指導者だった。UNAIDSは彼が努力を傾注してきた日々に心からお礼を申し上げたい。シディベ氏は発表と同時にマリの保健社会福祉相に就任し、新たな役割を担うことになった。UNAIDSの事務局長の任務には当面、総務管理担当のグニラ・カールソン事務局次長が臨時代理としてあたることになる。



UNAIDS congratulates Michel Sidibé on his appointment as Minister of Health and Social Affairs of Mali
UNAIDS extends its heartfelt thanks to the Executive Director of UNAIDS for his outstanding contribution to the global response to HIV

GENEVA, 8 May 2019—UNAIDS congratulates Michel Sidibé on his appointment as the Minister of Health and Social Affairs of Mali. Mr Sidibé served as the Executive Director of UNAIDS for more than 10 years after being appointed as the second Executive Director of UNAIDS and Under-Secretary-General of the United Nations in January 2009.
A true champion for a people-centred approach to health and development and a strong advocate for social justice, Mr Sidibé has made a remarkable contribution to the AIDS response, helping to save and improve the lives of millions of people around the world.
Since Mr Sidibé took up his position as Executive Director of UNAIDS, there has been a 170% increase in the number of people accessing antiretroviral therapy, from 8 million in 2010 to 21.7 million in 2017. There has also been a 45% drop in AIDS-related deaths—from 1.7 million in 2008 to 940 000 in 2017—and new HIV infections have been reduced by 22%—from 2.3 million in 2008 to 1.8 million in 2017.
“It has been an honour for me to serve UNAIDS as its Executive Director and contribute to the global AIDS response,” said Mr Sidibé. “I would like to thank all UNAIDS partners and staff and especially community members affected by HIV, who have made our successes possible. With their steadfast commitment and resolve, we have been able to bring life-saving services to millions of people. If we stay the course and do the right thing, always—putting people first and delivering results for people—we will succeed in ending AIDS.”
Mr Sidibé’s vision of zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths, and his tireless advocacy to ensure that all people have access to health services, have kept HIV at the top of the global agenda. His calls for global solidarity and shared responsibility have seen resources for HIV increase by more than one third, from US$ 15.9 billion in 2010 to US$ 20.6 billion in 2017 in low- and middle-income countries. His advocacy for country ownership helped to ensure that 56% of HIV resources in low- and middle-income countries now come from domestic sources, promoting long-term sustainable responses to HIV.
His commitment to the concept of universal access to HIV prevention, treatment, care and support meant that the goal of reaching 15 million people living with HIV with antiretroviral therapy by 2015 was achieved seven months ahead of schedule. His focus on the most vulnerable and marginalized has given a voice to the voiceless, including people who use drugs, gay men and other men who have sex with men, sex workers, prisoners and people on the move.
A strong believer that no child should be born with HIV, his leadership in calling for the elimination of new HIV infections among children contributed to a 60% reduction in new paediatric HIV infections since 2009 in the 21 priority countries of the Global Plan towards the elimination of new HIV infections among children by 2015 and keeping their mothers alive.
During his tenure, Mr Sidibé spearheaded two of the most successful United Nations General Assembly political declarations on HIV, which named key populations and included ambitious regional and global Fast-Track Targets. He has successfully advocated to take AIDS out of isolation, encouraging a holistic human-rights based approach to include HIV as part of sexual and reproductive health and integrate responses to interlinked diseases, including tuberculosis and cervical cancer.
“I would like to thank United Nations Secretary-General António Guterres for his long-standing support to UNAIDS,” said Mr Sidibé. “I am also grateful to the United Nations system for allowing me to develop my career, from when I started as a short-term junior professional in the Democratic Republic of the Congo for the United Nations Children’s Fund in 1987 to becoming Under-Secretary-General of the United Nations some 20 years later—I am eternally thankful for the opportunities I have been given.”
The countries most affected by HIV have rallied behind Mr Sidibé’s call to reach the 90–90–90 targets, whereby 90% of people living with HIV know their status, 90% of people who know their status are accessing treatment and 90% of people on treatment have a suppressed viral load. Some 75% of all people living with HIV now know their HIV status, and focus has been increased on HIV testing and expanding antiretroviral therapy.
His call with partners to establish an HIV prevention coalition led to a new HIV Prevention 2020 Road Map to strengthen and sustain political commitment for primary HIV prevention and establish accountability for delivering services at scale in order to stop new HIV infections.
His commitment to improving the lives of women and girls galvanized action for Security Council resolution 1983 in 2011, which focused on ensuring access to HIV prevention and treatment for women and girls, on the prevention of, and response to, sexual violence related to conflict and on post-conflict peacebuilding.
Mr Sidibé’s strong belief in the power of communities has paved the way for community-led responses to HIV, which have proved to be a gamechanger in increasing the uptake of HIV services and in creating support networks to improve adherence to treatment and quality of life for people living with HIV.
His undeterred commitment, dedication and passion has allowed Mr Sidibé to engage heads of state, people living with HIV, affected communities, donors, first ladies, parliamentarians, Mayors, civil society, scientists, young people and HIV programme leaders alike, bringing everyone around the same table to galvanize action to end AIDS by developing focused and sustainable solutions that leave no one behind.
Mr Sidibé has been an inspirational leader of UNAIDS and for the global response to HIV, and UNAIDS extends its heartfelt thanks for his years of dedicated service. Mr Sidibé will take on his new role as Minister of Health and Social Affairs of Mali with immediate effect and will be replaced ad interim by UNAIDS Deputy Executive Director, Management and Governance, Gunilla Carlsson.


"UNAIDSのシディベ事務局長が退任し、マリ保健社会福祉相に就任" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント