新規感染を防ぐためのHIVワクチン研究の拡大を要請 UNAIDSプレス声明

 (解説)5月18日の世界HIVワクチン啓発デーを前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)がプレス声明を発表しています。その日本語仮訳です。


新規感染を防ぐためのHIVワクチン研究の拡大をUNAIDSが要請
  国連合同エイズ計画(UNAIDS)プレス声明
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2018/may/hiv-vaccine-awareness-day

ジュネーブ 2018年5月17日 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は5月18日のHIVワクチン啓発デーに際し、HIV感染の高い予防効果を持つワクチン開発に向けて研究と投資を拡大するよう呼びかけている。2016年には年間で約180万人が新たにHIVに感染している。新規感染者数はここ数年、減少傾向にあるとはいえ、2020年までに年間の新規感染者数を50万人以下に抑えるというUNAIDSの高速対応目標からは大きく外れている。
 「新規HIV感染の減少スピードは十分なものではなく、新たな感染を防ぐことが現在の世界的優先課題となっています」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長はいう。「世界には現在3670万人のHIV陽性者が暮らしています。そのすべての人に生涯にわたって費用のかかる治療が必要とされているのですが、長期にわたってそれを支え続けることは難しいかもしれません。本当にエイズを終結させるには、効果的なHIVワクチンの開発と治癒を実現しなければなりません」
 2017年半ばの段階で、世界のHIV陽性者3670万人の半分以上(2090万人)が抗レトロウイルス治療を受け、体の状態を良好に保って生きている。ただし、すべてのHIV陽性者が治療を受けられるようにするには、今後10年でさらに大きな努力が必要になる。治癒または治療ワクチンがない限り、何百、何千万もの人が生涯にわたって治療を続けなければならないのだ。
 この数年で期待の持てる進展があり、現在は4つの大規模臨床試験が進められている。免疫付与に向けた革新的なアプローチが動物実験では大きな成果を上げ、極めて広い範囲で有効となる中和抗体が見つかっている。人体にも効果が確認できるよう研究開発を進めていけば、いずれ年1回の注射でHIV感染を防げるようになることも期待できる。
 安全で効果的なワクチンは世界を大きく変える可能性を秘めている。どこにでもあり、何百万という人の命を奪い、数えきれない人を生涯にわたる後遺症で苦しめてきた感染症が、きわめてまれにしか発生しない疾病へと変わっていくのだ。天然痘は根絶されている。2017年にはポリオの症例は17件だった。2016年には汎米保健機関が麻疹は南北アメリカ地域から排除されたと宣言した。
効果的で持続性が高く、手ごろな価格で受けられる安全なHIVワクチンが開発されれば、エイズ終結への道は大きく前進する。だが、過去10年のワクチン研究への投資は年間9億ドル前後で頭打ちの状態が続いている。エイズ対策に必要な資金の5%以下なのだ。ワクチン研究への投資を拡大し、資金源が多様になり、世界中から優秀な科学者を引き付けることができれば、HIVワクチンは現実のものになるだろう。


Press statement
UNAIDS urges a scaling up of HIV vaccine research to stop new infections

GENEVA, 17 May 2018—On HIV Vaccine Awareness Day, 18 May, UNAIDS is calling for an increase in research and investment to find an effective vaccine to protect people against HIV and stop new HIV infections. In 2016, around 1.8 million people were newly infected with HIV and although the number of new infections has declined in recent years, the world is still far from achieving the UNAIDS Fast-Track Target of reducing new HIV infections to fewer than 500 000 by 2020.
“New HIV infections are not declining fast enough and stopping infections must become a global priority,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “There are 36.7 million people living with HIV today, all in need of costly treatment for life, which will be difficult to sustain over the long term. To truly end AIDS, it is essential to find an effective HIV vaccine and a cure.”
In mid-2017, more than half (20.9 million) of the 36.7 million people living with HIV had access to antiretroviral medicines to keep them alive and well. Over the next decade, efforts will be scaled up so that all people living with HIV can access the life-saving treatment. Without a cure or a therapeutic vaccine, millions of people will need to be sustained on lifelong treatment.
Promising steps have been made in recent years, with four large-scale trials currently under way and exciting developments in the pipeline. Innovative approaches to immunization are showing great promise in animal models and an ever-increasing array of highly potent broadly neutralizing antibodies have been discovered and can be engineered to persist in the human body so that we may one day be able to prevent HIV infection with a single injection each year.
Safe and effective vaccines have the potential to change the world. Some infectious diseases that were once commonplace, killing millions and leaving countless people with lifelong disabilities, have become rare. Smallpox has been eradicated, only 17 people developed polio in 2017 and in 2016 the Pan American Health Organization declared that measles had been eliminated from the Americas.
An effective, durable, affordable and safe vaccine for HIV would significantly advance efforts to end AIDS. For the past decade, investments have remained steady, at around US$ 900 million per year, which is less than 5% of the total resources needed for the AIDS response. By scaling up investments in HIV vaccine research, diversifying funding and attracting the best scientists from around the world, a vaccine for HIV could become a reality.

"新規感染を防ぐためのHIVワクチン研究の拡大を要請 UNAIDSプレス声明" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント