第20回国際エイズ会議(AIDS2014) 公式プレスリリース 第1日


(解説)第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の開会式が20日、メルボルンで行われました。マレーシア航空機の撃墜事件で少なくとも6人の会議参加予定者が亡くなるという悲劇が直前にあり、会議主催者である国際エイズ学会(IAS)は大きな衝撃を受ける中で、予定通り開催することを決定しました。開会式では6人のを追悼し、1分間の黙祷を世界に呼びかけました。
 初日の公式プレスリリースの日本語仮訳です。


第20回国際エイズ会議(AIDS2014) 公式プレスリリース 第1日

 オーストラリアのメルボルンで第20回国際エイズ会議開会式。マレーシア航空17便で亡くなった仲間を追悼
  世界の指導者、研究者、アクティビスト、政府関係者らがHIVへの対応の進展を称えるとともに、偏見、差別との闘いを求める
http://www.aids2014.org/WebContent/File/AIDS2014_Opening_Session_Media_Release_20July2014.pdf

2014年7月20日(日)メルボルン- 第20回国際エイズ会議の開会式が今夜、開かれ、マレーシア航空17便の墜落で亡くなった6人の参加予定者への追悼の言葉が捧げられた。

 開会式では世界に向けて6人を偲ぶ1分間の黙祷が捧げられた。壇上には国際エイズ学会(IAS)の11人の新旧理事長、および同僚を失った世界保健機関(WHO)、AIDS Fonds、Stop AIDS Now, The Female Health Company, the Amsterdam Institute for Global Health and Developmentの各組織の代表、オランダ人HIV研究者らが上がった。

 オランダの性と生殖に関する健康・権利およびHIV/エイズ担当大使、ラムバート・グリジンス氏は弔辞を読み上げた。

 第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の初日に世界中からメルボルンに集まった参加者は約1万2000人だった。「ペースを上げよう」のテーマのもとで5日間の会議は最新の研究の成果を話し合い世界の著名な専門家からエイズの流行の現状について報告を聞く。会議は7月25日までメルボルン国際会議展示場で開かれる。

 AIDS2014は参加者に対し、HIVの治癒戦略と課題、曝露前予防(PrEP)によるHIV予防、予防としての治療(TasP)、自発的な男性の割礼、結核やC型肝炎との重感染、HIVと経口避妊薬など注目の課題を中心にした充実した科学プログラムを提供する。さらに差別的法律がもたらす影響、HIV予防とケアのコストについても数種類の発表があり、議論が展開される。

 開会式では、登壇者が治療アクセスの拡大や新規HIV感染の減少など期待が持てるデータを示した。ただし、HIV感染の流行はまだ克服にはほど遠いこと、流行の影響を大きく受けているキーポピュレーションに対する偏見と差別が流行の終結を妨げる大きな障壁になっていることも改めて指摘した。

 「HIV対策の大きな規模拡大がなされ、多くの人にとってHIV感染は死の宣告から管理可能な慢性疾患へと変わっていきました」と国際委員長で国際エイズ学会(IAS)理事長でパリのパスツール研究所レトロウイルス感染制御ユニット部長でもあるAIDS2014のフランソワーズ・バレ-シヌシ国際委員長は語った。

「HIV陽性者の3分の1が治療を受けています」

「これほど目覚ましい成果をもってしても、十分ではありません。まだ治療のアクセスを得られていない人が2200万人もいるのです。AIDS2014のテーマは、私たちがもっとペースを上げ、対策の規模を二倍にしなければならないということを思い出させてくれます。世界にはHIV対策の中で最も弱い立場の人たちが置き去りにされている国がたくさんあるのです」

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は抗レトロウイルス治療のアクセス拡大の努力は機能していると述べた。2013年には新たに230万人が延命治療薬にアクセスできるようになった。この結果、2013年末現在でARTを受けている人は1300万人近くに達している。最近の規模拡大を加え、ARTを受けている人の数は2014年7月現在1400万人と推計している。

 「もし、2020年までにHIVサービスの規模拡大を一層の努力で進めていければ、2030年にエイズの流行を終結に導くことが期待できます」とシデベ氏はいう。「しかし、それができなければ、流行の終結はもっと先の話になり、10年は余分にかかるでしょう」

 「オーストラリアのHIV対策は高く評価されています。二大政党が協力して取り組み、キーポピュレーヨンを受け入れ、研究部門の能力強化を測ってきたことがオーストラリアを世界で最もHIV陽性率の低い国に導いてきました」とAIDS2014の地元組織委員会のシャロン・ルウィン委員長(アルフレッド病院とマナシ大学の感染症部長、メルボルンのバーネット生物医学センター副所長)は述べた。

 「しかし、オーストラリアが成功だとしても、隣国であるアジア太平洋地域の国々はまた話しが異なります。第20回国際エイズ会議の大きな目的は、男性とセックスをする男性、セックスワーカー、トランスジェンダーの人、薬物使用者らの治療、ケア、予防のアクセスについて焦点を当てることです。先進諸国に住んでいれば得られているのと同等の権利が、得られない。そうした国がたくさんあります」


 登壇者はまた、AIDS2014メルボルン宣言にも言及し、HIV対策及び公衆衛生政策全般を効果的に進めるには差別をなくすことが重要であると念を押した。差別的で、偏見に満ち、犯罪化を求めるような有害な法律の執行は、HIVの脆弱性を高める政策や対策につながることになる。こうした法律や政策、法執行は、排除されがちな人々に対する過激な暴力を促し、偏見を助長し、HIV対策を台無しにしてしまう。それは社会正義や平等、人権、医療へのアクセスを阻む大きな一歩になるのだ。

 何百もの組織とともに、世界の指導者、医科学者、慈善家、ノーベル賞受賞者らがすでに宣言に賛同し、署名を行っている。個人としての署名はオンラインで行える。
http://www.avaaz.org/en/petition/AIDS_2014_Melbourne_Declaration_Nobody_left_behind/



AIDS2014 Official press release Day1

Tributes paid to lost colleagues aboard flight MH 17 at the Opening Session of the 20th International AIDS Conference in Melbourne, Australia
World leaders, researches, activists and policymakers applaud global progress in the HIV response and urged to address stigma and discrimination

Sunday, 20 July, 2014 (Melbourne, Australia) Tributes were paid tonight at the opening session of the 20th International AIDS Conference to the six delegates who lost their lives aboard flight MH17.

A one minute global moment of remembrance was held in their honour with eleven former, present and future Presidents of the International AIDS Society onstage together with representatives from those organizations who lost colleagues, the World Health Organization, AIDS Fonds, Stop AIDS Now, The Female Health Company, the Amsterdam Institute for Global Health and Development and members of the Dutch HIV research community

A letter of condolence and support was also read out by Mr Lambert Grijns, The Dutch Ambassador for Sexual and Reproductive Health and Rights and HIV/AIDS.
Condolence books are circulating onsite at the conference for the duration of the event. On Tuesday July 22 at 18.00 AEST, a Candelight Vigil will be held at Federation Square in the centre of Melbourne.
 
Some 12,000 participants from all over the world have gathered in Melbourne for the start of the 20th International AIDS Conference (AIDS 2014). Under the theme Stepping up the Pace, during the five days of the conference delegates will discuss the latest research developments and will hear about the status of the epidemic from world renowned experts. The conference runs through until Friday, 25 July at the Melbourne Convention and Exhibition Centre.

AIDS 2014 will offer delegates a strong scientific programme with presentations around hot topics including HIV cure strategies and challenges; HIV prevention via Pre-Exposure Prophylaxis (PrEP), Treatment as Prevention (TasP), and voluntary medical male circumcision; Tuberculosis and Hepatitis C co-infection; and HIV and hormonal contraception. In addition, several studies will discuss the impact of discriminatory laws and the costs related to HIV prevention and care.

At the AIDS 2014 Opening Sessions, speakers discussed the encouraging data related to access treatment and reducing new HIV infections, but reminded the audience that HIV is far from being defeated and that stigma and discrimination towards Key Affected Population pose a major barrier to the end of the epidemic.

"The tremendous scale-up of HIV programmes has, for so many people transformed HIV from a death sentence into a chronically manageable disease,” Professor Françoise Barré-Sinoussi, AIDS 2014 International Chair, President of the International AIDS Society (IAS) and Director of the Regulation of Retroviral Infections Unit at the Institut Pasteur in Paris told delegates attending the opening session on Sunday night.
“One-third of people living with HIV, who need treatment now have access to it.

"Nevertheless, these remarkable achievements are still not enough, 22 million people still do not have access to treatment. The official AIDS 2014 theme reminds us that we need to step up the pace and redouble our efforts. Too many countries are still struggling to address their HIV epidemic with their most vulnerable people consistently being left behind”.

UNAIDS Executive Director Michel Sidibé said that efforts to increase access to antiretroviral therapy are working. In 2013, an additional 2.3 million people gained access to the life-saving medicines. This brings the global number of people accessing ART to nearly 13 million by the end of 2013. Based on recent scale-up, UNAIDS estimates that as of July 2014 as many as 14 million people were accessing ART.

“If we accelerate a scale-up of all HIV services by 2020, we will be on track to end the epidemic by 2030,” said Mr Sidibé. “If not, we risk significantly increasing the time it would take, adding a decade, if not more.”

"There is so much to admire in Australia´s well documented response to HIV. Its bipartisan political approach, its inclusion of key affected communities and the capacity building in science and research have all been major drivers in Australia having one of the lowest rates of HIV infection worldwide," said Professor Sharon Lewin, Local Co- Chair of AIDS 2014, Head of the Department of Infectious Diseases, Alfred Hospital and Monash University and Co-Head of the Centre for Biomedical Research at the Burnet Institute in Melbourne.

"But, as much as the Australian experience has been successful, our neighbours in the Asia Pacific region have not lived the same experience. It is a key objective of the 20th International AIDS Conference to shine a light on those men who have sex with men, sex workers, transgender people and people who use drugs who do not have the same access to treatment, care and prevention as their western colleagues may do."

The AIDS 2014 Melbourne Declaration was also referred to by the speakers, reaffirming the importance of non-discrimination for an effective response to HIV and, more in general, to public health programmes. The enforcement of discriminatory, stigmatizing, criminalizing and harmful laws leads to policies and practices that increase vulnerability to HIV. These laws, policies, and practices incite extreme violence towards marginalized populations, reinforce stigma and undermine HIV programmes, and as such are significant steps backward for social justice, equality, human rights and access to health care.

World leaders, scientists, philanthropists and Nobel laureates have already endorsed the declaration, as have hundreds of organizations. Individual endorsement can be done online here:
http://www.avaaz.org/en/petition/AIDS_2014_Melbourne_Declaration_Nobody_left_behind/

" 第20回国際エイズ会議(AIDS2014) 公式プレスリリース 第1日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント