「キーポピュレーションのHIV予防、診断、治療、ケアに向けた統合ガイドライン」 WHOプレスレリース


(解説)特定の行為のために、HIVの感染の高いリスクにさらされやすいグループは、キーポピュレーションと呼ばれています。HIV感染の流行を左右する集団、あるいはHIV対策の成否の鍵を握る集団といった意味合いでしょうか。療法の意味がキーには含まれているように思うのですが、そのあたりをうまく表現できる日本語が見つからないので、ここではそのままキーポピュレーションと呼んでおきましょう。
世界保健機関(WHO)が新たに発表した「キーポピュレーションのHIV予防、診断、治療、ケアに向けた統合ガイドライン」では以下の5グループがキーポピュレーションとされています。

 男性とセックスをする男性
 受刑者
 注射薬物使用者
 セックスワーカー
 トランスジェンダーの人

 このうちトランスジェンダーの人は、今回のガイドラインで初めて、キーポピュレーションとして位置づけられています。また、男性と性行為をする男性で、HIVに感染していない人を対象に、曝露前予防(PrEP)が予防策の選択肢として示されたことも、今回のガイドラインの新たな判断として強調されています。
 ただし、WHOのプレスレリースによると《今回のガイドラインでWHOは初めて、男性とセックスをする男性に対し、コンドーム使用に加え、抗レトロウイルス薬の服用をHIV感染予防の追加的手段として考えること(曝露前予防:注2)を強く勧告している》ということで、コンドーム使用を中心としたセーファーセックスの重要性は性感染予防の大前提として依然として強調されています。そのうえでの追加的手段ということですね。
 プレスリリースの日本語仮訳です。報道などでは、PrEPが話題になって(日本国内ではそれすらもあまり話題になっていないけれど、まあとにかく)見過ごされがちですが、タイトルにもある「HIV感染のリスクが最も高い人たちが必要な保健サービスを得られていない」という点、そして、現状を打開して行くには、法的、社会的対応の重要性が強調されている点に実は最も注目しておくべきでしょうね。


HIV感染のリスクが最も高い人たちが必要な保健サービスを得られていない
    WHOプレスレリース
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2014/key-populations-to-hiv/en/

ジュネーブ 2014年7月11日 – キーポピュレーション(男性とセックスをする男性、受刑者、注射薬物使用者、セックスワーカー、トランスジェンダーの人)に適切なHIVサービスが提供できていないことがHIVの流行への世界的対応を大きく妨げている。WHOはこう指摘する。

 こうした人たちはHIV感染の最も高いリスクにさらされているのに、HIV予防、検査、治療のサービスへのアクセスが最も得にくい状態に置かれているのだ。多くの国でこの人たちは、国のHIV対策の埒外に置かれたままで、差別的な法律や政策がアクセスを阻む大きな障壁となっている。

 オーストラリアのメルボルンで20日から開催される国際エイズ会議に先立ち、WHOは本日、「キーポピュレーションのHIV予防、診断、治療、ケアに向けた統合ガイドライン」を発表した。

新規HIV感染を減らすためのステップ

 ガイドラインは5つの「キーポピュレーション」(注1)のHIVの新規感染を減らし、HIV検査と治療、ケアへのアクセスを拡大するために各国がとるべきステップを示している。ガイドラインは臨床面における包括的な勧告を示すものだが、WHOは同時にその勧告が効果を持つには、各国が多数の人のサービス利用を妨げている法的、社会的な障壁を積極的に取り除いていく必要があることもあわせて強調している。

 今回のガイドラインでWHOは初めて、男性とセックスをする男性に対し、コンドーム使用に加え、抗レトロウイルス薬の服用をHIV感染予防の追加的手段として考えること(曝露前予防:注2)を強く勧告している。男性とセックスをする男性の間でのHIV感染の割合は、ほぼすべてのところで高く、新たな予防の選択肢が緊急に必要となっているからだ。

 推計モデルによると、曝露前予防によって男性とセックスをする男性のHIV感染の発生を世界全体で20~25%減らすことが可能であり、10年間でこのグループの人たち100万人分の新規感染を防ぐことができる。いくつかの研究結果では、女性のセックスワーカーは他の女性に比べるとHIVに感染する可能性が14倍高く、男性とセックスをする男性は社会全体の平均より19倍HIVに感染しやすい。トランスジェンダーの女性は他の成人のほぼ50倍もHIVに感染しやすい。注射薬物使用者のHIV感染のリスクもいくつかの研究によると、社会全体の平均より50倍高いことが示されている。

 「こうした人たちの誰一人として、孤立して生きているわけではありません」とWHOのHIV部長、ゴットフリード・ハーンチェル博士はいう。「セックスワーカーとその客には夫や妻やパートナーがいます。薬物を注射する人もいます。子供がいる人も多い。HIV感染の最も大きなリスクを抱えている人にサービスを提供できなければ、世界的な流行に対する対策の成果は今後、期待できません。本人や家族、さらにそれを取り巻くコミュニティの健康と福祉が大きな脅威にさらされることになります」

対策の充実が今後も必要

 ガイドラインは世界のHIV対策を引き続き充実強化していくことを強調するために刊行された。2013年末時点で約1300万人が抗レトロウイルス治療(ART)を受けている。そのうち1170万人は低・中所得国のHIV陽性者である。こうした成果により、2012年のHIV関連の死者は2009年当時より20%も減少している。

 だが、エイズによる死者は大きく減少しているとはいえ、予防対策の方ははるかに遅れている。とりわけ、キーポピュレーションにおける遅れは大きい。

 各国の国家HIV計画とキーポピュレーションのニーズの間にはいまなお大きなギャップがある。世界全体で見ると、男性とセックスする男性やセックスワーカーのニーズに明確に取り組もうとしている国は調査対象となった国の70%だが、注射薬物使用者の場合は40%である。トランスジェンダーの人たちに関しては、HIV計画の中で言及されることも極めてまれである。さらに、政策はあっても、実際に助けとなるようなサービスへのアクセスを確保できるかということになると、難しい。

 キーポピュレーションはHIV治療に平等なアクセスを保証されているとはいえない。たとえば、東ヨーロッパでは、薬物を注射する人がHIV陽性者の半数以上を占めているところもあるが、ARTへのアクセスは三分の一しか得られていない。
 多くの国で、性行為や薬物使用、ジェンダーの表明、性的指向などが犯罪として扱われていることが、差別をより強くしている。しかし、これらのキーポピュレーションのHIVサービス利用を支援するような法律や政策があるところでは、これらのグループのHIVによる疾病や死亡は減少し、新規HIV感染は低い状態のまま維持されていたり、減少したりしている。とりわけ、セックスワーカーや薬物を注射する人の間でその傾向が大きい。

 「思い切った政策が大きな結果につながります」とWHOのHIV部のレイチェル・バガリー博士は語る。「タイはセックスワーカーの健康を守り、新規HIV感染を減らすためには何が必要かを認識し、いち早く対応した国のひとつです。マレーシア、スペイン、タンザニアは注射薬物使用者に対する代替薬治療と注射針、注射器交換プログラムを積極的に導入しました。注射薬物使用者に対し、効果的なHIV予防と治療のサービスを組み合わせて利用できるようにしているところでは、注射薬物使用者の間のHIV感染が最小限に抑えられることをデータは示しています」

 新たなガイドラインは5つのキーポピュレーションに向けた「包括的なHIV予防、診断、治療、ケアのパッケージ」を示し、これらの集団の若者たちが抱える課題とニーズにとくに対応しようとしている。ている。性と生殖に関する健康とメンタルヘルス、結核や肝炎などの重感染をより適切に管理する方法などである。注射針、注射器、代替薬治療などの必要性を強調し、コミュニティにおける過剰服用の治療に関する勧告も含まれている。

 メルボルンの国際エイズ会議2014では、WHOは各国政府に対し、現在進行中のHIV治療と対策の規模拡大がすべてのキーポピュレーションに利益をもたらせるようにするため、HIVプログラムを充実強化するよう呼びかける。

(注1)キーポピュレーションは、特定の行動により、流行のタイプや状況に関わりなく、HIV感染の高いリスクにさらされているグループと定義されている。その行動のために、この人たちはしばしば法的、社会的課題を抱え、HIVに対する脆弱性を増すことにもなる。今回のガイドラインはキーポピュレーションに焦点を当てている。

(注2) 曝露前予防(PrEP)はHIVに感染していないけれど、感染の高いリスクにさらされている人が、錠剤を毎日1錠(通常は2種類の抗レトロウイルス薬の合剤)ずつ服用することで、HIV感染を予防する方法。毎日飲み続ければPrEPは、HIV感染の高いリスクにさらされている人のリスクを92%まで下げることが示されている。ただし、毎日飲み続けていなければ、効果は大きく低下する。





 
People most at risk of HIV are not getting the health services they need
WHO Press release

11 July 2014 ¦ Geneva - Failure to provide adequate HIV services for key groups – men who have sex with men, people in prison, people who inject drugs, sex workers and transgender people – threatens global progress on the HIV response, warns WHO.

These people are most at risk of HIV infection yet are least likely to have access to HIV prevention, testing and treatment services. In many countries they are left out of national HIV plans, and discriminatory laws and policies are major barriers to access.

WHO today released "Consolidated guidelines on HIV prevention, diagnosis, treatment and care for key populations", in the lead-up to the International AIDS Conference in Melbourne, Australia, starting on 20 July.

Steps to reduce new HIV infections

The guidelines outline steps for countries to reduce new HIV infections and increase access to HIV testing, treatment and care for these five ‘key populations’*. They include a comprehensive range of clinical recommendations but, for these to be effective, WHO also recommends countries need to remove the legal and social barriers that prevent many people from accessing services.

For the first time, WHO strongly recommends men who have sex with men consider taking antiretroviral medicines as an additional method of preventing HIV infection (pre-exposure prophylaxis)** alongside the use of condoms. Rates of HIV infection among men who have sex with men remain high almost everywhere and new prevention options are urgently needed.

Modelling estimates that, globally, 20-25% reductions in HIV incidence among men who have sex with men could be achieved through pre-exposure prophylaxis, averting up to 1 million new infections among this group over 10 years. Studies indicate that women sex workers are 14 times more likely to have HIV than other women, men who have sex with men are 19 times more likely to have HIV than the general population, and transgender women are almost 50 times more likely to have HIV than other adults. For people who inject drugs, studies show the risks of HIV infection can be also 50 times higher than the general population.

“None of these people live in isolation,” says Dr Gottfried Hirnschall, Director of the HIV Department at WHO. “Sex workers and their clients have husbands, wives and partners. Some inject drugs. Many have children. Failure to provide services to the people who are at greatest risk of HIV jeopardizes further progress against the global epidemic and threatens the health and wellbeing of individuals, their families and the broader community.”


Continued global progress still needed

The guidelines are published as new figures underline the need for continued global progress on HIV. By the end of 2013, around 13 million people were taking antiretroviral therapy (ART), with 11.7 million of these people living in low- and middle-income countries. This has led to a 20% drop in HIV-related deaths between 2009 and 2012.

But while the number of people dying of AIDS is falling sharply, preventive efforts are still lagging too far behind, particularly among key populations.

There are still significant gaps in addressing their needs in national HIV plans. Globally, just 70% of countries surveyed explicitly address the needs of men who have sex with men and sex workers, while the figure for injecting drug users was 40%. Transgender people are rarely mentioned in HIV plans. And even where policies exist on paper, it is hard for people to access services that can help them.

Key populations are less likely to have equal access to HIV treatment. For example, in some settings in Eastern Europe, people who inject drugs make up more than half of all people living with HIV, but only one third of people living with HIV have access to lifesaving ART.

In many countries, discrimination is reinforced by laws that criminalize sexual behaviours, drug use, gender expression or perceived sexual orientation. However where laws and policies support access to HIV services for these key populations, illness and death due to HIV among these groups has declined and new HIV infection rates remain low or have fallen, especially among sex workers and for people who inject drugs.

“Bold policies can deliver bold results,” says Dr Rachel Baggaley, from WHO’s HIV Department. “Thailand was one of the first pioneers of programmes to recognise the need to keep sex workers healthy and reduce new HIV infection. Malaysia, Spain and the United Republic of Tanzania have made major advances in providing opioid substitution therapy and needles and syringe programmes for people who inject drugs. Data show that where a combination of effective HIV prevention and treatment services for people who inject drugs are available, HIV transmission among people who inject drugs is minimal.”

These new guidelines outline ‘comprehensive HIV packages’ for prevention, diagnosis, treatment and care for the five key populations and address specific issues and needs of adolescents from these groups. These include measures to better manage sexual and reproductive health, mental health and co-infections such as tuberculosis and hepatitis. They highlight the need for needle and syringe and opioid substitution therapy programmes and include recommendations for treatment of overdose in the community.

At the International AIDS Conference 2014 in Melbourne, WHO will call on governments to re-energize and strengthen HIV programmes so that all key populations benefit from the ongoing advances in HIV treatment and programme scale-up.

*Key populations are defined groups who, due to specific high risk behaviours, are at increased risk of HIV irrespective of the epidemic type or local context. Also, they often have legal and social issues related to their behaviours that increase their vulnerability to HIV. These guidelines focus on five key populations.

** Pre-exposure prophylaxis, or PrEP, is a way for people who do not have HIV, but who are at risk of getting it, to prevent them getting HIV by taking a single pill (usually a combination of two antiretrovirals) every day. PrEP, when taken consistently, has been shown to reduce the risk of HIV infection in people who are at high risk by up to 92%. PrEP is much less effective if it is not taken consistently.

"「キーポピュレーションのHIV予防、診断、治療、ケアに向けた統合ガイドライン」 WHOプレスレリース" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント