国際エイズ学会 (IAS)が世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に対する日本の貢献を評価

(解説) 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に対し、日本政府は2012年度に3億4000万ドルの資金拠出を行うことを明らかにしています。世界基金は現在、主要な資金拠出国である先進諸国からの拠出約束がなかなか果たされずにいることから深刻な資金不足に直面しており、すでに承認済みの案件については事業推進に必要な資金の支払いを実施するものの、新規の案件募集は2013年まで行わない方針を打ち出しています。詳細は世界基金支援日本委員会のサイトでご覧ください。
 http://www.jcie.or.jp/fgfj/06.html#news20111130
 なんとかやりくりして現在の深刻な経済危機を乗り切ろうとしているわけですね。そうした中での日本の積極的な資金拠出の発表は、当の世界基金だけでなく、国際的なHIV/エイズ対策に取り組む研究者の間でも高く評価されているようです。国際エイズ学会(IAS)は3月22日付でプレスレリースを発表し、エリー・カタビラ理事長が「壊滅的な津波と地震の被害からわずか1年後に、日本が世界基金に対する拠出の増額を約束し、一段と高いレベルの貢献を示したことには心から感謝したい」と語っています。日本語仮訳を英文とあわせて紹介します。



国際エイズ学会 (IAS)が世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に対する日本の貢献を評価
http://www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=667

 【2012年3月22日 ジュネーブ】世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に対し、日本が3億4000万ドルの拠出を決定したことを国際エイズ学会 (IAS)は称賛する。この貢献は過去10年の日本の支援の中でも最大のものだ。

 日本は2010年に2億4600万ドルの拠出を約束した。その時点ではそれまでで最大の寄付の約束だったのだが、2011年に壊滅的な震災が発生し、国家非常事態に対応するために拠出額を1億1400万ドルに減らさざるを得なくなった。

 「日本はこれまでにも常に世界的なHIV/エイズ対策に貢献してきた」とIASのエリー・カタビラ理事長は述べた。「壊滅的な津波と地震の被害からわずか1年後に、日本が世界基金に対する拠出の増額を約束し、一段と高いレベルの貢献を示したことには心から感謝したい。ご承知のように世界基金は現在、資金調達の面で非常に困難な事態に直面しており、日本の貢献はまさにこれ以上の時はないという時期になされたものだ」

 この新たな貢献の発表は、スイスのダボスで開かれていた世界経済フォーラムの会場で菅直人前総理によって行われた。この最新の貢献により2002年の世界基金発足以来の日本の拠出約束は計16億ドルとなる。日本はいま、2012年分として、その2億1600万ドルの最初の支払いを行っているところだ。

 「世界基金が緊急な国際保健課題に対応できるよう日本は財政的な支援を継続していく決意を固めている」とIASアジア太平洋地域代表理事である東京大学医科学研究所の岩本愛吉教授は語る。「世界基金に対する日本の関与は、2000年の九州沖縄サミットでエイズ、結核、マラリアの流行に対応するための世界的な資金メカニズムの必要性を呼びかけたときから始まっている。HIV、結核、マラリア対策における日本のリーダーシップがこれまで以上に強化されることを非常に嬉しく思っている」

 「他のドナー国にも日本に続けと呼びかけたい」とIASのベルトランド・オードワン事務局長はいう。「科学はいま、エイズの流行のコースを変えるツールが存在することを示している。現場レベルで効果的な活動に資金が使われるようにするという重要な役割を担っている組織に対し、私たちは財政的支援への決意を新たにしなければならない」

 同様の意見はインドHIV感染対策連帯行動(SAATHII)の創始者で理事長であるIAS理事のサイ・サブハスリー・ラガバン博士からも寄せられた。アジア太平洋地域の他の先進国、新興国が日本の世界基金への貢献に続くことがいかに重要であるかを彼女は強調した。現在の経済危機はこれらの国々にとって、HIV、結核、マラリアの流行を抑えるという世界基金の国際保健活動を支援するためのかつてない機会を提供するものでもある。


画像

                   (グラフは慶應義塾大学、樽井正義教授が作成)




International AIDS Society (IAS) hails Japan for its record contribution to the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria

22 March 2012 - Geneva, Switzerland - The International AIDS Society (IAS) applauds the decision of Japan to donate $340 million to the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria; this contribution is the highest ever made by the country in 10 years of support to the fund.

In 2010 Japan pledged $246 million, then its highest donation, but, after the catastrophic events of 2011, had to reduce its contribution to $114 million in order to cope with the urgent national emergency.

“Japan has always been highly involved in the global response to HIV and AIDS”, said IAS President Elly Katabira. “We are very pleased to hear that, just one year after the devastating tsunami and earthquake that hit the Japanese coasts, the country has increased its contribution to the Global Fund demonstrating an even higher level of commitment. As we all know, the Global Fund is currently going through a difficult moment in terms of funding and this contribution could not have arrived at a more appropriate time”.

The announcement of this new contribution has been done by the former Prime Minister Naoto Kan at the World Economic Forum in Davos, Switzerland. With this latest donation the total contribution of Japan to the Global Fund since the organization was created in 2002 has reached a total of $1.6 billion. Japan is now making its first payment of $216 for its 2012 contribution.

“Japan is determined to keep supporting financially the urgent advances in global health that we are all advocating”, said Professor Aikichi Iwamoto, Head of the Division of Infectious Diseases at the University of Tokyo and Asian and the Pacific Islands Regional Representative of the IAS Governing Council. “The country commitment to the fund began in 2000 in Okinawa, when a summit of the G8 nations called for the creation of a global financing organization to respond to AIDS, Tuberculosis and Malaria, and today I am happy to see that the Japan’s leadership in the response to HIV, Tuberculosis and Malaria is stronger than ever”.

“We call on other donor countries to follow the example of Japan,” said IAS Executive Director Bertrand Audoin. “Now that science is presenting us with the tools to change the course of the epidemic, we must renew our financial support for an institution that is playing such a crucial role by translating funds into effective action on the ground”

Similar words of exhortation came from Dr. Sai Subhasree Raghavan, founder and President of Solidarity and Action Against the HIV Infection in India (SAATHII) and member of the IAS Governing Council. She highlighted how it is imperative that other developed and emerging economies in Asia Pacific follow the lead of Japan in contributing to the Global Fund’s effort. The current economic crisis offers an unprecedented opportunity for these countries to help sustain Global Health Initiatives of the Global Fund on halting HIV, Tuberculosis and Malaria epidemics.

"国際エイズ学会 (IAS)が世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に対する日本の貢献を評価" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント