神戸エイズ国際会議予告編?

 第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(神戸エイズ国際会議)の開会式(2005年7月1日)で演奏を予定している岸本寿男さん、佐藤健作さんの東京でのライブが5月15日(日)にあります。岸本さん、佐藤さんにとっては初競演だそうです。ギターの蓮見さんも含め、神戸国際エイズ会議開会式のステージがどんなものか、一足早く雰囲気をつかむ機会にもなります。
 以下は音楽誌「モストリー・クラシック」6月号に掲載されたお知らせです。


和の国際派競演 ライブ「SYNCHRONICITY」

 地震の被災地の復興を支援するライブ「SYNCHRONICITY」が5月15日夕、東京都江東区門前仲町の門仲天井ホールで開かれる。出演は佐藤健作(和太鼓)、岸本寿男(尺八)、蓮見昭夫(ギター)。海外での知名度も高い佐藤は「和太鼓に選ばれた男」といわれる。サッカーW杯フランス大会では閉会式の奏者に選ばれ、圧倒的な迫力で爆発する大太鼓が世界を魅了した。著名な感染症学者でもある岸本は尺八でジャズのスタンダードナンバーも演奏。米国留学時にシアトルで日系人のテレビドキュメンタリーの音楽を担当し、米国北西部地区エミー賞を受賞している。「和の国際派」ともいうべき2人の競演。収益金は中越地震とスマトラ沖大地震の被災地の復興のために寄付される。午後5時開演。全席自由・前売り3000円、当日3500円。
 <問い合わせ先>
ars-tihayable(あるす・ちはやぶる)
電話080-5141-5212 
E-mail ars-tihayable@sat-ken.net


"神戸エイズ国際会議予告編?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント