国際エイズ学会(IAS)がビルギット・ポニアトフスキー氏を新事務局長に任命

(解説)国際エイズ学会(IAS)の新事務局長にビルギット・ポニアトフスキー事務局次長が任命されました。アディーバ・カマルザマン理事長が11月11日、IASの公式サイトで発表しました。
 IAS事務局長は7月に前任のケビン・オズボーン氏が退任を表明、その後はポニアトフスキー氏が事務局長代理を務めていました。以下、IASサイトの発表の日本語仮訳です。


国際エイズ学会(IAS)がビルギット・ポニアトフスキー氏を新事務局長に任命
https://www.iasociety.org/The-latest/News/ArticleID/258/IAS-names-Birgit-Poniatowski-as-IAS-Executive-Director
 
国際エイズ学会(IAS)がビルギット・ポニアトフスキー博士を次期事務局長に指名した。ことを発表でき、大変、光栄に思います。彼女は直ちに就任を受諾しました。
IAS理事会は今年7月から、事務局長ポストの不在を埋めるため鋭意、取り組んできました。その結果、理事会と評議員会の全会一致でビルギット選任を決定しています。
 20年を超える公衆衛生と国際開発分野での経験、革新的なパートナーシップの構築に関する専門知識、HIV対策推進における深いコミットメントなど、IAS事務局長としてビルギットの資質は申し分ありません。
IASでは5年以上にわたって活躍を続け、この間に資金確保やさまざまな分野との持続可能なパートナーシップの拡大に尽力するとともに、IAS副事務局長として重要な戦略構想を推進してきました。
最近では、2020年夏に初のバーチャル国際エイズ会議が開催された際に支援を通じてIASの指導力を発揮し、2021~2025年のIAS戦略として間もなく公表される戦略開発も主導しました。
公衆衛生と国際開発における共通の目標に向けて、民間および公共部門の関係者が協力して取り組む先駆的なパートナーシップを構築するため、ビルギットは自らのキャリアを通じ尽力してきました。IASに加わる以前は、栄養改善のためのグローバルアライアンス(GAIN)のの投資・パートナーシップ部長、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)のパートナーシップ・フォーラム担当課長などを歴任しています。
彼女の仕事の中心は創造的な協力の構築です。東京の国連大学に在籍し、国連組織と学界、民間セクターの協力を通じて開発途上国の制度強化に取り組んでいたことからも、このことは明らかです。彼女はドイツのハイデルベルク大学で博士号を取得しています。
ビルギットは類いまれな指導者です。COVID-19パンデミックの真っ只中にあって、HIVの影響を抑えるための緊急行動を推進しなければならない現在、彼女がIAS事務局を主導し、IAS会員に新たな発想と力を提供し続けてくれることを確信しています。
どうかビルギットを新たなポストに暖かく迎えてください。

心を込めて
アディーバ・カマルザマン



IAS names Birgit Poniatowski as IAS Executive Director
International AIDS Society posted on 11/11/2020 10:59:00 AM

It is my great honour to announce that Dr Birgit Poniatowski is the next Executive Director of IAS – the International AIDS Society. She assumes the role with immediate effect.
Since the end of July, the IAS Executive Board has led a robust search to fill this position. Birgit was the unanimous choice of the Executive Board and the Governing Council.
With more than 20 years of public health and international development experience, expert knowledge of creating innovative partnerships and a deep commitment to advancing the HIV response, Birgit brings unique qualities to the role.
For more than five years at the IAS, Birgit has successfully led resource mobilization efforts, expanded sustainable partnerships across diverse sectors and driven key strategic initiatives as IAS Deputy Executive Director.
Most recently, she helped guide the IAS through its first-ever virtual conferences in 2020 and also spearheaded the development of the organization’s strategy, which will soon be published as the 2021-2025 IAS strategy.
Throughout her career, Birgit has forged pioneering partnerships, bringing together stakeholders from the private and public sector to work towards shared common goals in public health and international development. Prior to joining the IAS, Birgit drove investment at the Global Alliance for Improved Nutrition and managed partnerships and multi-stakeholder governance at the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria.
Creative collaboration has been at the heart of Birgit’s work. This is evidenced by her time at the United Nations University in Tokyo, where she strengthened institutions in developing countries through collaborations between UN organizations, academia and the private sector. She holds a PhD from Heidelberg University, Germany.
Birgit is an exceptional leader. I have no doubt that she will continue to successfully steer the IAS Secretariat and provide inspiration to IAS Members as we drive urgent action to reduce the impact of HIV in the midst of the COVID-19 pandemic.

Please join me in warmly welcoming Birgit to her new post.

Sincerely,
Adeeba Kamarulzaman

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント