『HIVとCOVID-19:復元力の高い保健システムを学び、活用し、構築するための貴重な瞬間』 UNAIDSプレスリリース

(解説)バーチャル高速対応都市(Fast-Track Cities)会議2020が9月9、10日にオンラインで開かれました。HIV/エイズ分野で2020年の高速対応目標である90-90-90ターゲットを達成することを目指し、世界中の都市の代表が集まる会議・・・ということなんですが、目標年である今年はCOVID-19の影響があり、オンラインで粛々と開かれた印象です。
 国連合同エイズ会議(UNAIDS)はその会議の開幕にあわせ、『COVID-19とHIV:1つの時期、2つの流行、3つの機会』という報告書を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。
    ◇

HIVとCOVID-19:復元力の高い保健システムを学び、活用し、構築するための貴重な瞬間
 都市におけるHIVとCOVID-19の対策に関するバーチャル高速対応都市(Fast-Track Cities)会議2020の開幕に際し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が健康上の緊急事態に対応するための新たな報告書を発表
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2020/september/20200909_covid_hiv

ジュネーブ 2020年9月9日 - UNAIDSの新たな報告書は、各国がエイズの経験と蓄積をCOVID-19対策に生かし、2つのパンデミックへの対応をより強固なものにしている様子を示しています。報告書『COVID-19とHIV:1つの時期、2つの流行、3つの機会 - すべての人の健康と権利を確保するための新しい方法を学び、活用し、構築する瞬間をどうつかむか』は、いま必要とされている大きな変化に対応することにより、効果的、包括的かつ公平で資金も十分に備えたシステムの開発が可能なことを明らかにしています。
 「緊急事態が及ぼす大きさから考え、世界にはいま団結と連帯が必要です」と国連のアントニオ・グテーレス事務総長は語っています。「数十年にわたるHIVとの闘いは大切な教訓を得ています。その教訓を生かし、力を合わせることによって、各国の保健政策は持続可能な開発のための2030アジェンダを達成し、すべての人びとに健康と福祉を保証するという約束を確実に果たすことができるようになります」
 報告書は3つの機会を強調しています。(1)HIV対策から学んだ重要な教訓をCOVID-19対策に役立てる (2)HIV対策が生み出した保健基盤をCOVID-19対策に生かし、成果をさらに高める道筋を示す (3)人びとが利用しやすく、結果をもたらす保健システムの構築に向けて、COVID-19とHIV対策がこの歴史的な機会を生かす方法を示す。
「保健システムを考え直すユニークな機会です」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長は述べています。「健康と保健システムと医療にすべての目が向けられています。各国はCOVID-19対策だけでなく、健康的で回復力のある社会を構築したいと考えているのです。HIVとCOVID-19から学ぶことで、この機会をつかむことができます。人権を重視し、人を中心に考えた公平な保健システムの開発に向けて変革を促すことができるのです」
報告書は、HIV対策がCOVID-19対策の迅速なスタートを助け、あわせてHIV対策やその他の必要不可欠な保健課題を犠牲にしないようにする方法に焦点をあてています。世界はいま、COVID-19の流行拡大を遅らせる集中的な対策を進めると同時に、HIVおよび他の優先的グローバルヘルス課題に必要な商品や技術の提供が滞らないようにするなど、HIV関連サービスの中断回避‎に向けた努力を倍加させる必要があります。
「COVID-19は多くのコミュニティで重大な生命の喪失を引き起こしています。とりわけ、不平等な扱いを受けている人びとを病気に対し脆弱な状態に追い込んでいる地域ではその喪失が顕著です。それでも、HIVの保健基盤と人的資源を活用することで、もっと悪化していたかもしれない事態の軽減を助けることはできました」。UNAIDSとともにバーチャル高速対応都市(Fast-Track Cities)会議2020の共同スポンサーとなっている国際エイズケア提供者協会のホセ・M・ズニガ会長兼最高経営責任者はこう語っています。「しかし、HIV対策費は現状でも十分ではありません。世界がHIVとCOVID-19の両方に対応していくには、早急に投資を増やす必要があります。一方の対策のためにもう一方の対策資金を吸い上げるようなことがあってはなりません」
 HIV対策を中心に構築された広範かつダイナミックで機敏な対応が可能になる保健基盤は、さまざまなかたちでCOVID-19対策の支援に活用されています。その中には、コミュニティ主導の革新的なサービス提供も含まれているのです。たとえば、米大統領のエイズ救済緊急計画(PEPFAR)によって訓練を受けた28万人の新たな保健医療従事者が現在、低・中所得国の多くでCOVID-19への最初の対応者となり、対策を支えています。また、モロッコでは現在、17カ所のHIV治療照会センターがCOVID-19治療サービスの最初の窓口として機能しています。ニューヨークで活動するHIV非政府組織(NGO)ハウジングワークスは、COVID-19の検査で陽性となったホームレスの人たちのために2つのシェルターを開設しました。
 COVID-19とHIVは多くの点で異なっていますが、それでも重要な点でいくつか共通の特性があります。このため、HIV対策の教訓を取り入れることで、COVID-19対策は多くの失敗を回避できると報告書は強調しています。その大きな要素の1つがコミュニティの参加とリーダーシップです。コミュニティ活動は命を救うために必要な抗HIV薬の提供を加速し、コミュニティ調査によって医薬品の在庫切れの危険を当局に警告することもできます。また、戸別訪問によってHIV検査および治療サービスを提供し、ゲイ男性など男性とセックスをする男性、セックスワーカー、薬物使用者といったキーポピュレーションの人たちが必要な医療サービスを利用するのを刑法が妨げないようにする活動の先頭に立つこともできます。
報告書はまた、保健対策における人権尊重の重要性、ジェンダーに関する固定化した考え方を変えることの必要性も指摘しています。その他の行動には、パンデミックについてタイムリーかつ正確なデータを提供する戦略的情報システムの強化が含まれています。こうしたシステムにより、新たなアウトブレークの発生を把握し、世界規模の調整が可能になります。また、持続的な政治の意思、分野横断的な対応などが重要なことも強調しています。
「現在の保健システムの根本的な弱点がCOVID-19の出現で露呈しました。資金は不足しており、準備も整わず、持続可能でないことが証明されたのです」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長は指摘します。「保健システムが包摂的かつ公平、公正なものになるようUNAIDSはシステムの再考を求めています」
将来の保健システムは、機敏に対応でき、結果主導で、人を中心にした包摂的なものにしなければなりません。そうすることで新たな健康危機への対応を準備しておく必要もあります。 COVID-19とHIVへの対応は、保健システムを再考する機会にしなければなりません。人びとのために機能し、有効性と効率性を最大限に高め、十分な資金を確保し、健康のための不可欠なパートナーとしてコミュニティが参加できるようなシステムが求められているのです。
バーチャル高速対応都市(Fast-Track Cities)会議2020は9月9、10日、世界の300以上の都市、自治体から約1500人の代表が参加し、都市におけるCOVID-19とHIV対策について話し合います。米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長が基調講演を行い、UNAIDSはCOVID-19流行中のHIVサービス継続の重要性について発表します。また、HIV対策の成果をまもるための影響緩和戦略について議論します。




HIV and COVID-19: a unique moment in time to learn, leverage and build resilient systems for health
On the opening day of the Virtual Fast-Track Cities 2020 conference on urban HIV and COVID-19 responses, UNAIDS has released a new report on how to strengthen responses to health emergencies

GENEVA, 9 September 2020—A new report from UNAIDS shows how countries grappling with COVID-19 are using the experience and infrastructure from the AIDS response to ensure a more robust response to both pandemics. COVID-19 and HIV: 1 moment, 2 epidemics, 3 opportunities—how to seize the moment to learn, leverage and build a new way forward for everyone’s health and rights shows that by identifying the dynamic changes needed, systems can be found that are effective, inclusive, equitable and sufficiently resourced.
“Given the epic dimensions of the emergency, the world needs unity and solidarity,” said United Nations Secretary-General António Guterres. “Our decades-long fight against HIV offers essential lessons. By heeding those lessons and working together, we can ensure that national health responses deliver on the promise of the 2030 Agenda for Sustainable Development and the health and well-being of all.”
The three opportunities highlighted in the report are: (1) that key lessons learned from the HIV response should inform COVID-19 responses; (2) how the HIV infrastructure is already driving COVID-19 responses and has the potential to catalyse accelerated progress; and (3) how the COVID-19 and HIV responses offer a historic opportunity to build a bridge to adaptable, results-driven systems for health that work for people.
“This is a unique opportunity to reimagine systems for health,” said Winnie Byanyima, Executive Director of UNAIDS. “All eyes are on health, health systems and health care, with countries wanting to be better equipped to deal not only with COVID-19 but also to create healthier, more resilient societies. We can seize this opportunity by learning from HIV and from COVID-19 to make important changes to develop rights-based, equitable, people-centred systems for health.”
The report highlights how the HIV response can help to jump-start an accelerated response to COVID-19 in ways that can help to ensure that such efforts do not come at the expense of the HIV response or other essential health priorities. At the same time that the world undertakes focused efforts to slow the spread of COVID-19, it must also redouble efforts to limit any interruption and promote rapid recovery of HIV-related services, including ensuring uninterrupted supplies of essential commodities and technologies for HIV and other global health priorities.
COVID-19 has caused significant loss of life in many communities, but notably in those where inequities make people more vulnerable to ill health. Leveraging of the HIV infrastructure and workforce has helped to mitigate what might have been a far worse situation,” said José M. Zuniga, President/Chief Executive Officer of the International Association of Providers of AIDS Care and co-organizer of the Virtual Fast-Track Cities 2020 event with UNAIDS. “However, with current HIV spending substantially off-track, the world urgently needs to increase investments in the responses to both HIV and COVID-19 and not siphon off one to respond to the other.”
The extensive, dynamic and agile infrastructure that has been built up around the HIV response is being leveraged in many ways to assist the response to COVID-19 and includes innovative, community-led service delivery. For example, 280 000 new health-care workers trained by the United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief are currently assisting as first responders to COVID-19 in many low- and middle-income countries. In addition, 17 HIV treatment reference centres in Morocco are now functioning as the first line for COVID-19 treatment services. The HIV nongovernmental organization Housing Works in New York City opened two shelters specifically for homeless people who have tested positive for COVID-19.
The report highlights that although different in many respects, COVID-19 and HIV share important characteristics and that by incorporating key lessons learned from HIV, the response to COVID-19 can avoid many errors. One essential element is the buy-in and leadership of communities. Community activism has sped up the delivery of life-saving HIV medicines, community surveillance has alerted officials to dangerous medicine stock-outs and communities have delivered essential door-to-door HIV testing and treatment services and are leading efforts to strike down punitive laws that drive populations such as gay men and other men who have sex with men, sex workers and people who use drugs away from critical health services.
The report also shows the importance of firmly grounding health responses in human rights and the need for gender-transformative responses. Other actions include strengthening strategic information systems capable of delivering timely, accurate data on the pandemic to identify new outbreaks and global coordination, sustained political will and a multisectoral response.
“The emergence of COVID-19 has exposed the underlying weaknesses in health systems, which have proved to be under-resourced, unprepared and unsustainable,” said Ms Byanyima. “UNAIDS is urging that systems for health be reimagined to ensure that they are inclusive, just and equitable.”
Systems for health in the future must be prepared to address any new major health crisis by being agile, results-driven, inclusive and people-centred. COVID-19 and the response to HIV should be used as an opportunity to reimagine systems for health that work for people, maximize efficiency and effectiveness, attract sufficient resources and engage communities as essential partners for health.
The Virtual Fast-Track Cities 2020 conference is taking place on 9 and 10 September, bringing together around 1500 representatives of more than 300 cities and municipalities around the world to discuss urban responses to COVID-19 and HIV. Anthony Fauci, Director of the United States National Institute of Allergy and Infectious Diseases, will give the keynote speech and UNAIDS will be presenting on the importance of the continuity of HIV services during COVID-19 and discussing mitigation strategies to protect gains made in the response to HIV. 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント