『HIV対策からの教訓 -人権尊重の姿勢を失ったCOVID-19対策の危うさを警告』UNAIDSプレスリリース

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)は8月27日、報告書『パンデミック期の人権 - 初期COVID-19対策におけるロックダウンと人権、およびHIVからの教訓』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。

    ◇

HIV対策からの教訓 -人権尊重の姿勢を失ったCOVID-19対策の危うさを警告
   UNAIDSプレスリリース
 初期のCOVID-19パンデミック対策によるHIVサービスの中断、暴力、嫌がらせ、虐待、逮捕、死亡、人権侵害などを報告書が指摘。社会的に弱い立場の人たち、とりわけHIV感染の高いリスクに曝されているキーポピュレーションの保護を各国政府に求める。
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2020/august/20200827_rights-in-a-pandemic

ジュネーブ 2020年8月27日 - 初期のCOVID-19対策の中で、HIVサービスが中断を余儀なくされたとの報告、および社会的に弱い立場に置かれ、排除されやすい人たちへの人権侵害の報告がUNAIDSに数多く寄せられています。パンデミック期の人権侵害は、信頼を損ない、個人を傷つけ、公衆衛生対策を後退させる結果を招きます。HIV対策の経験はこのことを明らかにしてきました。
 国連事務総長は、すべての国連機関に対し、それぞれの専門分野の能力を生かし、世界保健機関(WHO)を支援するよう求めています。その要請に従い、UNAIDSは今後の対策がより適切なものになるよう、COVID-19の拡大を防ぐための公衆衛生上の命令と移動の制限が、HIV対策や人権に与えた影響を報告書にまとめました。調査の結果は世界中で起きていること反映しています。重大な人権侵害、健康と社会サービスへの生命を脅かす悪影響、疎外された人たちや貧しい人たち、キーポピュレーションの人たちを標的にした暴力、虐待、差別などが起きていることを明らかにしたのです。
この報告書は、COVID-19が広がる中で、各国政府が人権の尊重と擁護に積極的に取り組むことを助けるためにまとめられました。「人権と公衆衛生はトレードオフの関係にあるというのは神話に過ぎません」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長は語っています。「人権は誰もが持つ本質的なものであり、同時に政府にとってはパンデミックを克服するための手段でもあるのです」
 報告書『パンデミック期の人権 - 初期COVID-19対策におけるロックダウンと人権、およびHIVからの教訓』は、COVID-19パンデミックの初期にあたる2020年2月から5月中旬の間に、 社会から最も排除されやすく、弱い立場にあるコミュニティで何が起きたのか、を知るためのスナップショットです。侵害事例には、身体的距離を強制するための警察官によるゴム製弾丸や催涙ガス、鞭の使用、マスクを着用しないことに対する逮捕、拘束、罰金などが含まれています。罰金を払えない人は拘留が長期化していますた。
医師が医療施設を行き帰りするだけで逮捕、拘束されています。移動を厳しく制限され医療サービスを受けられなくなった妊婦が、病院に歩いていく途中で死亡したという報告も受けています。バイクタクシーの運転手が夜間、外出禁止令の間に女性を病院に連れて行ったため、警察に殴打されて死亡したことを詳述している報告もあります。
 『パンデミック期の人権』は、人権を踏まえ、効果の高いCOVID-19対策の構築に向けて、政府が緊急にとるべき10分野の行動を概説しています。その中には、人びと、とりわけ社会的に弱い立場の人びとがHIVの治療と予防のサービスを利用できるようにすること、コミュニティ主導の組織などで社会的に不可欠な仕事に携わるエッセンシャルワーカーを指定し支援すること、ジェンダーに基づく暴力の防止および対応策を実施することなどが含まれています。
「極めて重要な時期に報告書が発表されました」と南アフリカ・エイズと人権連盟のフエリシタ・ヒクアム事務局長は語っています。「悲しいことに、私たちはHIVの教訓から学んでいないように見えます。それは、感染症の流行がすでにある不平等を露わにし、悪化させること、そして、社会から排除されやすい人たちこそがその影響を最も大きく受けるということです」
 強く懸念されるのは、HIVの影響が大きい人たち、とりわけ女性・少女と子供、およびセックスワーカー、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・インターセックスの人たちを含むキーポピュレーションの安全の確保です。性に基づく暴力事件の報告は多くの国で40-70%増加し、特定の都市や地域ではさらに大きく増えています。性別によるロックダウン政策のもとで、トランスジェンダーの人たちが「間違った日」に外出したとして嫌がらせを受け、逮捕もされています。セックスワーカーは収入を失っているのに、多くの場合、経済的支援を受ける対象からも外されています。 UNAIDSが繰り返し指摘してきたように、キーポピュレーションや女性と少女に対する暴力がHIVに対する脆弱性を増大させています。
 「パンデミック対策の枠組みの中で私たちはさらに社会から排除されている。報告書はこのことを可視化しています」とラテンアメリカ・カリブ地域女性セックスワーカー・ネットワークのエレナ・レイナガ事務局長は述べています。「人権の観点から政府はこれらの勧告を受け入れ、行動する必要があります。2030年までに誰も置き去りにされることなくエイズを終結させるには、それが重要なステップになります」
 COVID-19パンデミックの間にHIVサービスの利用が妨げられるおそれがあることをUNAIDSは5月に警告しています。流行初期の予測モデルでは、HIV治療が提供できなくなれば、サハラ以南のアフリカだけでエイズ関連の死者がさらに50万人増える可能性があります。今回の報告書では、調査対象となった16カ国のうち10カ国で、HIVの予防および治療サービスが妨げられていることが示されました。国によっては、医薬品の確保が最大20%減ってしまった例も報告されています。ロックダウンが60日以上続き、HIV陽性者が必要な抗レトロウイルス薬を入手できない事例や食糧不足のためにHIV治療を放棄したという事例も複数、寄せられました。
 今回の危機においては、HIV対策からの教訓をCOVID-19対策に生かすだけでなく、HIVパンデミックそのものも依然、進行中であることを忘れてはなりません。「HIV陽性者およびHIVに影響を受けている人たちのコミュニティは、COVID-19のパンデミックにより、自分たちが不当な扱いを受け、差別の対象になっていることを改めて認識しています」とGNP+のリコ・グスタフ事務局長は語っています。『HIV陽性者の世界ネットワークとして私たちは、社会から排除されがちなコミュニティがHIV治療薬および他の医薬品へのアクセスを確保するために移動の自由を尊重し、同時に抗レトロウイルス薬の複数月調剤を広く認める人権重視の法執行を各国に求めています』
 もちろん、前向きな事例も数多くあります。検証の対象となった16カ国中15カ国では、刑務所の過密状態を緩和し、COVID-19の拡大を防ぐために受刑者の解放を実施しています。COVID-19対策で政府が市民社会や企業と連携している国では、対策が一段と肯定的かつ包括的になっています。外出禁止令が出ている間、緊急医療のための搬送は無料で提供している国、警察が罰金ではなくマスクを配っている国もあるのです。一時的なホームレスの避難所を設け、避難民のキャンプで暮らす人に食料を提供する国もあります。他の国では、水道使用量が不払いでも水の供給は停止しないと宣言し、立ち退きの猶予や食糧支援に多額の投資を行う国もあります。
 「我が国のように国の人権機関が、社会的に弱い立場の人も裕福な人も含め、すべての人の人権侵害を追跡し、人権保護に向けた重要な役割を担っている国もあります。とりわけCOVID-19やHIVのようなパンデミックがもたらす危機にあたっては重要です」とナイジェリア国家人権委員会のアンソニー・オジュク委員長は話しています。「初期のロックダウンの際の治安担当者などによる行き過ぎ是正するためには世界各国の担当機関が協力する必要があり、今回の報告書は各国が対策に対しチェック&バランスが働くようにするための機会を提供してくれます」
また、UNAIDSはHIV治療薬について、3-6カ月の複数月調剤を拡大している国からの報告、および宅配または地域密着型の配送を行っている国からの報告も受けています。
「UNAIDSは前向きの変化も確認しています。ただし、COVID-19への対応はおそらく長くなります」とビヤニマ事務局長は語っています。「COVID-19が厳しい環境をもたらす時にも、私たちは最も弱い立場の人たちとともに立ち向かうことを約束します。この報告書を活用して各国政府とコミュニティ、パートナーが対話する機会を設け、悪しき法律や政策、慣行を改革するとともに、人権をまもる方策を探っていきましょう」
この報告書は、UNAIDSが2020年3月に発表した報告書『COVID-19の時代の人権』を踏まえて作成しました。『COVID-19の時代の人権』は40年間におよぶHIV対策の成果に基づき、COVID-19対策における人権アプローチの重要性を各国に呼びかけています。



PRESS RELEASE
Lessons learned from the HIV response – UNAIDS warns of dangers of failing to respect human rights in the response of COVID-19
Report reveals interruptions of HIV services, violence, harassment, abuse, arrests, deaths and a failure to respect human rights in their early responses to the pandemic—UNAIDS urges governments to protect the most vulnerable, particularly key populations at higher risk of HIV

GENEVA, 27 August 2020—During the early response to COVID-19 UNAIDS received numerous reports of interruptions to HIV services and disturbing human violations against vulnerable and marginalized populations. The experience of the response to HIV has proved that violations of human rights during a pandemic undermine trust, harm individuals, and set back public health responses.
The United Nations Secretary General has requested all United Nations entities to support the efforts of the World Health Organization in their own respective areas of expertise. So, to better inform the response going forwards, UNAIDS commissioned a report on how COVID-19 public health orders and restrictions on movement have impacted the response to HIV and human rights. The findings are reflective of trends across the world and uncovered significant breaches of human rights, life-threatening disruptions to health and social services, violence, abuse and discriminatory targeting of marginalized, poor and key populations.
This report is designed to help governments take positive steps to respond to human rights concerns in the evolving context of COVID-19. “It is a myth that there can be a trade-off between human rights and public health,” said Winnie Byanyima, Executive Director of UNAIDS. “Human rights are not only intrinsic, but they are also the very means by which governments can successfully beat a pandemic.”
Rights in a pandemic – Lockdowns, rights and lessons from HIV in the early response to COVID-19 is a snapshot in time, focusing on the very early days of the pandemic, from February till mid-May 2020, drawing attention to the experiences of some of the most marginalized and vulnerable communities. Violations have included instances of police using rubber bullets, tear gas, and whips to enforce physical distancing, people being arrested and detained for not wearing masks and being issued fines—people who could not pay fines remained in jail longer than those who could pay.
Doctors were arrested and detained for travelling to and from health facilities. Reports were also received of pregnant women dying after strict restrictions on movement prevented them from reaching health-care services—some died while walking to hospital. One report detailed a motorcycle taxi-driver being beaten to death by police after taking a woman in labour to hospital during curfew hours.
Rights in a pandemic outlines 10 immediate areas for action for governments towards building effective, rights-based COVID-19 responses. These include taking proactive measures to ensure that people, particularly people in vulnerable groups, can access HIV treatment and prevention services, designating and supporting essential workers, including community-led organizations, and implementing measures to prevent and address gender-based violence.
"This report is coming at a critical time,” said Felicita Hikuam, Director of the AIDS and Rights Alliance for Southern Africa. “Sadly, it seems that we have not learned the lesson HIV has tried to teach us: epidemics expose and exacerbate existing inequities and impact most negatively on those who are already marginalised.”
A major concern has been safety during lockdowns, particularly for people most affected by HIV including women and girls, children and key populations including sex workers, lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex people. In many countries, reported incidents of gender-based violence increased by 40–70%, with even greater spikes in certain cities and regions. Transgender people were harassed and arrested for leaving their home on the “wrong day” under gendered lockdown policies. Sex workers lost incomes and were largely not eligible for financial support. As UNAIDS has repeatedly stated, violence against key populations and women and girls increases vulnerability to HIV.
“The report gives visibility within the framework of this pandemic to those of us who are pushed to the margins,” said Elena Reynaga Executive Secretary of the Network of Women Sex workers of Latina America and the Caribbean. “From a human rights perspective, we need governments to listen and implement these recommendations, which represent an important step towards ending AIDS by 2030 by leaving no one behind."
In May, UNAIDS warned of the risk that access to HIV services may be disrupted during the COVID-19 pandemic. Early modelling showed that a severe disruption in HIV treatment could result in an additional 500 000 AIDS-related deaths in sub-Saharan Africa. This new report shows that HIV prevention and treatment services were disrupted in 10 of the 16 countries reviewed. Some countries reported reductions in medicine collections of up to 20% in some areas. There were multiple reports of people living with HIV not having enough antiretroviral medicine for a lockdown of more than 60 days as well as reports of people having abandoned their HIV treatment due to a lack of food.
In addition to learning lessons from the HIV response, the HIV pandemic must not be forgotten during this crisis. “Communities of people living with and affected by HIV, have again found themselves at the crossroad of injustice and targeted discrimination in the wake of the COVID-19 pandemic,” said Rico Gustav, Executive Director of GNP+. “As a global network of people living with HIV, we call for a rights-based law enforcement that respects and recognises the need of marginalised communities to move freely to access HIV and other medication, as well as the roll out of multi-month dispensing of antiretroviral medicines for HIV.”
There are however many positive examples. In 15 of the 16 countries reviewed, governments released people from prisons to reduce overcrowding and stem COVID-19 transmission. Where governments partnered with civil society and the private sector, responses to COVID-19 were more positive and inclusive. In some countries free transport was provided for emergency medical care during curfews and in others, police handed out masks rather than fines. Some countries provided temporary homeless shelters and supplies of food to people living in camps for displaced people. Others declared that water supplies could not be suspended for non-payment of bills and placed a moratorium on evictions or invested heavily in food support.
“National human rights institutions, such as the one I lead, have a critical role to play in tracking and protecting the human rights of all, both vulnerable and well-to-do, and especially during times of crisis and pandemics such as COVID-19 and HIV,” said Anthony O. Ojukwu, Executive Secretary, National Human Rights Commission of Nigeria. “This report opens to us the opportunity to work with institutions across the world to enforce the checks and balances in place in our own countries to correct excesses such as those of the security personnel during the early days of the lockdown.”
UNAIDS also received reports of countries expanding multi-month dispensing of HIV medicines to 3- or 6-month supplies and of others implementing home deliveries or community-based delivery of medicines.
“UNAIDS acknowledges the positive steps taken. COVID-19 is likely to be with us for a very long time though,” said Ms Byanyima. “We have a commitment to stand up for the most vulnerable even in the tough environment COVID-19 has put us in. We will use this report to convene governments, communities and partners to open a dialogue and to find a way forward to reform bad laws, policies and practices and to protect human rights.”
The report builds on Rights in the time of COVID-19, released by UNAIDS in March 2020, which urged countries to take a human rights approach in responding to COVID-19, in line with best practices from 40 years of responding to HIV.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント