『キーポピュレーションに対するCOVID-19の影響を軽減する』

 米国際開発庁(USAID)と米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)が支援する『目標達成に向けた流行管理(EpiC)』プロジェクトの中でFHI360が『Strategic considerations for mitigating the impact of COVID-19 on key-population-focused HIV programs』(キーポピュレーションに焦点を当てたHIVプログラムに対するCOVID-19の影響軽減に向けた戦略的考察)という報告書をまとめました。
 FHI360という組織については公式サイトをご覧ください。
https://www.fhi360.org/
FHI 360 is an international nonprofit working to improve the health and well-being of people in the United States and around the world.
(FHI360は、国際的な非営利活動組織として米国および世界の人たちの健康と福祉の改善を目指しています)
国連合同エイズ計画(UNAIDS)とそのパートナー組織が情報提供とアドバイスを行ったということで、UNAIDS公式サイトには報告書の紹介記事が掲載されています。その日本語仮訳です。

   ◇

キーポピュレーションに対するCOVID-19の影響を軽減する
 2020年6月4日 UNAIDS Feature Story
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2020/june/20200604_covid19-key-population-focused-hiv-programs

 COVID-19パンデミックの影響は、HIV感染の高いリスクに曝されているキーポピュレーションを含め、すべての人に及んでいる。そして、HIVをはじめとする様々な感染症の対策から得られた成果も、COVID-19による混乱で元に戻ってしまう恐れがある。こうした現状を踏まえ、FHI360はUNAIDSの協力を得て、キーポピュレーションに対するCOVID-19の影響を軽減するために本報告書をまとめた。
 「キーポピュレーションに焦点を当てたこの手引きは、HIV予防サービスと関連用品、セクシャルヘルスと家族計画サービス、ジェンダーに基づく暴力の予防、HIVカウンセリング・検査・治療へのアクセスをCOVID-19パンデミックのもとで維持できるようにするものです」とUNAIDSのポーラ・ムンデリ世界HIV予防連合コーディネーターはいう。「COVID-19パンデミックの間も、キーポピュレーションに不可欠なHIVサービスを維持し、スタッフやコミュニティのメンバーの安全を確保する。それはエイズ対策の厳しい闘いを通して得られた成果を維持するためにも極めて重要なことです」
 プログラム実施担当者の参考になるよう、報告書はHIV陽性者やキーポピュレーションへのサービス提供を続けるための実務的な指針も示している。
 「COVID-19パンデミックによってHIVサービスが中断したり、有害事象が起きたりすると、キーポピュレーションはとくにその影響を大きく受けます。人権を尊重した解決策が緊急に必要です。HIVサービスへのアクセスを維持または拡大し、同時にCOVID-19にかかるリスクを最小限に抑え、個人の安全を保つための解決策です。保健医療施設の混雑を回避し、物理的距離を保てるようにする。ただし、それはキーポピュレーションの現実に即した方法でなければなりません」とHI360のローズ・ウイルチャーはいう。

報告書は3つの主要分野で実務的提案を行っている。

 第一は、サービス提供者やコミュニティのメンバーをCOVID-19から守る。COVID-19パンデミックのもとでは、プログラムのスタッフやサービス提供者、利用者に対し、コロナウイルス感染の予防策をとらない限り、HIVサービスの提供はできない。COVID-19関連のスクリーニング、ケア、そして提供者と利用者への精神的支援は、HIVサービスの一部として提供可能である。
 第二は、HIVサービスと関連用品へのアクセスを助ける。HIVプログラムに物理的距離対策を組み込み、バーチャル協議やHIV治療薬の複数月処方を行うことができる。可能なところでは、実際のピア・アウトリーチも実施すべきである。
 報告書は、サービス継続や改善に関するモニタリングを第三の分野として取り上げている。サービスが中断に追い込まれないよう、HIVプログラムの継続とCOVID-19から受ける影響を定期的に監視し、評価するシステムが必要になる。バーチャルデータの収集や報告ツールの使用など物理的距離に対応した戦略的情報システムが必要だろう。

 「COVID-19パンデミックは、キーポピュレーションへの世界的なHIV対策を後退させる言い訳にはなりません。そうではなく、新たなパンデミックは、エイズ終結を目指す中で蓄積された教訓を生かす機会なのです。キーポピュレーションへのHIVサービスのアクセス改善には、ゲイ・バイセクシュアル男性、薬物使用者、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たちが主導するコミュニティ組織に十分な資金を提供し、COVID-19で過重な負担を抱えた保健システムを救済する機会にもなります」とMPactのジョージ・アラヤ事務局長は語る。
 報告書は、米国国際開発庁(USAID)、米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)が支援する目標達成に向けた流行管理(EpiC)プロジェクトの一環としてFHI360が作成。UNAIDSとパートナー機関が情報提供とアドバイスを行った。



FEATURE STORY
Mitigating the impact of COVID-19 on key populations
04 JUNE 2020

The COVID-19 pandemic has affected everyone, including key populations at higher risk of HIV. And the gains made against other infectious diseases, including HIV, are at risk of being reversed as a result of disruptions caused by COVID-19. This is the background to a new report published by FHI 360, in collaboration with UNAIDS, which gives advice on how to minimize the impacts of COVID-19 on key populations.
“With a focus on key populations, this guidance complements ongoing efforts to sustain access to HIV prevention services and commodities, sexual health and family planning services, prevention of gender-based violence and HIV counselling, testing and treatment during the COVID-19 pandemic,” said Paula Munderi, Coordinator of the Global HIV Prevention Coalition at UNAIDS. “Preserving essential HIV services for key populations and promoting the safety and well-being of staff and community members during the COVID-19 pandemic is vital to maintaining the hard-fought gains of the AIDS response.”
With practical guidance on how to support the continuation of HIV services for people living with HIV and key populations, the report is aimed at helping the implementers of programmes to carry on their work.
“Key populations are particularly vulnerable to HIV service interruptions and additional harm during the COVID-19 pandemic. We urgently require rights-based solutions that maintain or increase key populations’ access to HIV services while minimizing potential exposure to COVID-19 and promoting individuals’ safety. These must support physical distancing and decongestion of health facilities, but in ways that respond to the current realities of key populations,” said Rose Wilcher, from FHI 360.

The report gives practical suggestions in three main areas.

The first is on protecting providers and community members from COVID-19. HIV services can only continue to be provided during the COVID-19 pandemic if steps are taken to prevent coronavirus infection among programme staff, providers and beneficiaries. Links to COVID-19-related screening and care, and services to support the mental well-being of providers and beneficiaries, can also be given as part of HIV services.
The second area is supporting safe and sustained access to HIV services and commodities. HIV programmes can integrate physical distancing measures, offer virtual consultations and give multimonth dispensing of HIV medicines. Physical peer outreach should be continued where possible.
Monitoring service continuity and improving outcomes is the third area covered by the report. Since there are likely to be service disruptions, HIV programmes will need to adjust their monitoring and evaluation systems in order to allow for regular assessments of continued HIV service delivery and of the impact of COVID-19 on HIV programmes and their beneficiaries. This may require setting up strategic information systems that use physical distancing measures such as virtual data collection and reporting tools.

“The COVID-19 pandemic shouldn’t be used as an excuse to slow momentum in the global response to HIV among key populations. Instead, the pandemic is a time to draw lessons from our work to end AIDS. It is also an opportunity to provide relief to health systems overstretched by COVID-19 by fully funding community-based organizations led by gay and bisexual men, people who use drugs, sex workers and transgender people to ensure improved access to HIV services for key populations,” said George Ayala, Executive Officer of MPact.
The report was developed by FHI 360 as part of the Meeting Targets and Maintaining Epidemic Control (EpiC) project, which is supported by USAID and the United States President’s Emergency Plan for AIDS Relief. UNAIDS and partners gave inputs and advice.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント