『HIV2020オンラインのプログラムについて』

(解説)コミュニティ主導の会議として準備をしていたHIV2020が新型コロナウイルス感染症の影響で中止になり、7~10月の間に2時間のセッションをシリーズで開催することになりました。主催者による発表の日本語仮訳です。
 
HIV2020オンラインのプログラムについて 5月21日発表
https://www.hiv2020.org/post/the-program-for-hiv2020-online-is-now-available

HIV2020会議は、7月から10月にかけてZoomで実施する2時間セッションのシリーズとして再構成することになりました。私たちが学んできたことを共有し、2020年12月1日の世界エイズデーにはバーチャルイベントを実施します。
 プログラムには250を超える発表申請があり、ゲイ・バイセクシュアル男性、HIV陽性者、薬物使用者、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たちが主導するコミュニティのピアレヴューチームが評価を行いました。このプロセスにより、32の厳選されたセッションからなるプログラムを作成することができました。多様性、革新性豊かで、コミュニティに責任を持って提供できるプログラムです。
  すべてのセッションは英語、スペイン語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語で利用可能になります。
 HIV2020オンラインはキーポピュレーション主導であり、学際的で、性を肯定的に評価し、親和性、交差性、連帯のメッセージを反映したものになります。セッションでは、コミュニティ主導のHIV対策に向けた資金の拡大策から、広範な保健、人権運動とHIVとの連携まで幅広いテーマを取り上げます。このイベントの最も重要な点は、世界のHIV対策の中でコミュニティが果たす主導的役割を再確認することです。
 こうした中心的プログラムに加え、7月のキックオフに先駆けて、主要な組織によるバーチャル・プレミーティングも6月に行われる予定です。コミュニティアートの展示会やバーチャルパフォーマンス、p会議の一部となります。引き続き、今後のハイライトと発表をお待ちください。
 個々のセッションの情報収集とRSVPについては、ニューズレターを購読するかソーシャルメディアをご活用ください。プログラムの最新アップデートはこちらで。
  www.hiv2020.org/calendar



The Program for HIV2020 Online Is Now Available HIV2020 May 21

The HIV2020 Conference has been re-imagined as a series of 2-hour sessions that will take place via Zoom between the months of July and October. We will conclude HIV2020 by sharing our learnings and highlights from our virtual event on World AIDS Day 2020 in December.

Over 250 applications for our program were submitted and evaluated by community peer review teams led by gay and bisexual men, people living with HIV, people who use drugs, sex workers and transgender people. This process helped us ensure that the 32 selected sessions constitute a program that is diverse, innovative, and accountable to our communities.

All sessions will be made available in English, Spanish, French, Russian, and Portuguese.


HIV2020 Online will be key population-led, inter-disciplinary, sex positive, and will reflect messages of affinity, intersectionality, and solidarity. Sessions will range from topics such as increasing funding for community-led responses to HIV to linking HIV with broader health and human rights movements. Most importantly, our event is committed to reaffirming the leading role communities play in the global HIV response.

In addition to our central program, each of the leading organizations will be hosting virtual pre-meetings in the month of June to align advocacy for our communities ahead of July’s kick-off event. A wide range of community art exhibitions and virtual performances will be featured as part of our conference as well. Stay tuned for upcoming highlights and announcements soon!

Stay tuned for more information on how to RSVP for individual sessions by subscribing to our newsletter and following us on social media. For the latest updates to our program, visit www.hiv2020.org/calendar.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント