ギータ・ラムジー博士がCOVID-19で死亡

(解説)南アフリカで女性のHIV予防に関する研究を牽引してきたギータ・ラムジー博士がCOVID-19の合併症により、3月31日に亡くなりました。3月の半ばに英国のロンドン大学衛生熱帯医学大学院のシンポジウムで講演を行い、南アフリカに戻ってから倒れたということです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレス声明の日本語仮訳です。
  ◇
医学者としてHIV研究を先導してきたギータ・ラムジー博士の死去に謹んで哀悼の意を表します UNAIDSプレス声明 
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2020/april/20200402_gita-ramjee

 ジュネーブ 2020年4月2日 UNAIDSはギータ・ラムジー博士の突然の死に深い悲しみと衝撃を受けています。博士は2020年3月31日、COVID-19合併症で亡くなりました。彼女の死はHIV予防研究のコミュニティにとって極めて大きな喪失です。UNAIDSはCOVID-19の感染拡大を止め、これ以上の人命の喪失を防ぐことに最大限の努力で取り組みます。
 「ギータ・ラムジー博士が亡くなったことは深い悲しみです」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長はいう。「彼女はアフリカの女性と女児のHIV予防に人生をささげた素晴らしい科学者です。世界が彼女を最も必要としているときに亡くなったことは大きな痛手です。ご家族や友人、同僚の皆さんにお悔やみ申し上げます」
 ラムジー博士は、女性のHIV予防の分野で画期的な研究を進めたことで世界に知られています。1996年に南アフリカ・ダーバンのセックスワーカーを対象にHIV予防目的で膣のマイクロビサイドの臨床試験の指揮をとりました。彼女にとってはHIV分野で最初の研究であり、女性が主導権をもってHIV予防に取り組むための最初の研究でもありました。彼女が20年以上にわたり倦むことなく取り組み続けた研究分野です。
 彼女はオーラム研究所の特別主任研究員として、HIV予防と研究開発を通し、コミュニティと人びとの健康改善に取り組んできました。その前は、南アフリカ医学研究協議会HIV予防部門の特別主任研究員兼部長、およびワシントン大学グローバルヘルス学部の准教授でした。またロンドン大学衛生熱帯医学大学院の疫学健康学部名誉教授でもあります。
 ラムジー博士は科学的貢献により多くの著名な賞を受賞しています。2018年には欧州・途上国臨床試験パートナーシップ/欧州連合の著名な女性科学者賞を受けています。2006、2008、2010年にマイクロビサイド学会の共同会長を務め、2012年には同学会の特別功労賞を受賞しました。
 UNAIDSは彼女の死去を悼むとともに、女性が自らの力でHIV予防および性と生殖に関する健康と権利を実現する方法を獲得するための世界の努力を支え続けてきた彼女の功績を称えることにしています。



UNAIDS is deeply saddened by the death of pioneering HIV scientist and researcher Gita Ramjee
 PRESS STATEMENT

GENEVA, 2 April 2020—UNAIDS is shocked and saddened by the sudden death of Gita Ramjee, who died of COVID-19 related complications on 31 March 2020. Her death is an immense loss to the HIV prevention research community. UNAIDS offers its full support to all efforts to stop the spread of COVID-19 and prevent more loss of life.

“I am deeply saddened at the news of the passing of Gita Ramjee,” said Winnie Byanyima, Executive Director of UNAIDS. “She was an eminent scientist who dedicated her life to HIV prevention for women and girls in Africa. Her death is a huge loss at a time when the world needs her most. My condolences to her family, friends and colleagues.”

Ms Ramjee is globally recognized for her ground-breaking research in the field of HIV prevention technologies for women. In 1996, she led a trial on vaginal microbicides for the prevention of HIV among a group of sex workers in Durban, South Africa. The trial was her introduction to the HIV community and was the beginning of her commitment to women-initiated HIV prevention technologies that she pursued with unwavering dedication and commitment for more than two decades.

She held the position of Chief Specialist Scientist at the Aurum Institute, where she worked to improve the health of people and communities through HIV prevention, research and innovation. She previously held the positions of Chief Specialist Scientist and Director of the South African Medical Research Council’s HIV Prevention Unit and Adjunct Professor in the Department of Global Health, University of Washington. She was also an Honorary Professor in the Department of Epidemiology and Population Health at the London School of Hygiene and Tropical Medicine.

Ms Ramjee received several distinguished awards and accolades for her scientific contributions. In 2018, she was awarded the European and Developing Countries Clinical Trials Partnership/European Union Outstanding African Female Scientist Award. She also co-chaired the Microbicide Conferences in 2006, 2008 and 2010 and in 2012 was honoured with the conference’s Lifetime Achievement Award.

UNAIDS mourns her untimely passing and will endeavour to honour her memory by continuing to support global efforts to find methods that enable women to take control of their HIV prevention and reproductive health and rights through informed choices.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント