『健康は富裕層の特権であってはならない-健康への権利はすべての人にある』UNAIDSプレスリリース

 1月21日から24日まで開かれているスイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開会に際し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレスリリースの日本語仮訳です。
 今年のダボス会議のテーマは「Stakeholders for a Cohesive and Sustainable World(ステークホルダーが作る、持続可能で結束した世界)」なので、内容的にはそれに合わせたという面もあるのでしょうが、それ以上に昨年11月に就任したウィリー・ビヤニマ新事務局長のカラーを強く打ち出した声明という印象を個人的には受けました。
 一握りの富裕層が富を独占し、多くの人たちが貧困へと追い込まれる・・・そうした世界の在り方はビヤニマさんが前任のオクスファム・インターナショナルの事務局長時代にも繰り返し、指摘してきたことです。とりわけ、女性や少女の健康への権利の確保が強調されています。
 世界中のお金持ちを前にして、UNAIDSが今後、取り組むべき課題を示し、指導者交代を強く印象付けたリリースということができそうです。
    ◇
健康は富裕層の特権であってはならない-健康への権利はすべての人にある
 公的な保健資金の格差は、脱税をなくし、累進課税を進めることで解消できる;増大する借金の影響から保健と開発を守らなければならない
 UNAIDSプレスリリース
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2020/january/20200120_PR_Davos_righttohealth

2020年1月21日 ダボス/ジュネーブ - 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は各国政府に対し、保健分野への投資を優先させ、健康の権利の実現を保障するよう求めている。現状では少なくとも世界人口の半数が必要不可欠な保健サービスを利用できていない。妊娠と出産に伴う原因で2分間に1人、女性が死亡している。女性、若者、HIV陽性者、ゲイ男性など男性とセックスをする男性、セックスワーカー、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人たち、移住者、難民、貧困層といった人たちが取り残されているのだ。
 「貧しい人たちには健康への権利は保障されず、貧困から脱しようとしても受け入れがたい保健医療費負担で押しつぶされようとしています。最も豊かな1%が最先端の医科学の恩恵を受け、その一方で貧しい人たちは最低限の基本的な医療すら受けられずにいるのです」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長はいう。
 医療費負担のために、世界で1億人近くが極端な貧困状態(1日の生活費が1.9米ドル以下)に追い込まれている。9億3000万人以上(世界人口の約12%)の家庭では家計費の少なくとも10%が医療費負担に消えていく。多くの国で医療を拒否されたり、医療費が高いのでお粗末な医療しか受けられなかったりする人がいる。スティグマや差別のために貧しい人や弱い立場の人、とりわけ女性が、健康への権利を否定されているのだ。
 世界で毎週6000人の若い女性がHIVに感染している。サハラ以南のアフリカでは思春期の若者の新規HIV感染の5人中4人は思春期の少女であり、エイズ関連の疾病はこの地域の出産可能年齢の女性にとって最大の死亡原因となっている。以前に比べればエイズ関連の死亡と新規HIV感染は大きく減少しているとはいえ、2018年には170万人が新たにHIVに感染し、1500万近い人がいまなおHIV治療を受けられずに待っている。
 「保健医療の公費負担は社会格差の最大の是正装置になります」とビヤニマ事務局長は語る。「保健支出が削減されたり、不十分だったりすれば、真っ先に健康への権利を失うのは貧しい人たちや社会から疎外されやすい人たち、とりわけ女性と少女です。そして、この人たちは家族のケアも負担しなければならないのです」
 すべての人に保健医療を届けるという政策を採用しない政府があまりにも多い。タイは5歳未満の子供の死亡率を1000人あたり9.1に減らした。タイの国内総生産は米国の10分の1なのだが、その米国の死亡率は6.3である。タイの成果は、誰一人取り残すことなく、すべてのタイ国民のすべてのライフステージで必要不可欠な保健医療サービスの提供を目指す保健医療費の公的負担システムによって達成されている。
 南アフリカで抗レトロウイルス治療を受けている人は2000年には90人だったが、2019年には500万人以上がHIV治療を受けている。南アフリカでは現在、HIV治療プログラムが実施されている。カナダ、フランス、カザフスタン、ポルトガルといった国は保健医療の公費負担システムを有しているが、富裕国でもそうではない国もはある。
 多くの国で保健医療への投資は、国内総生産と比べると極めて低く抑えられている。国連貿易開発会議(UNCTAD)の推計では、大企業の税逃れ策と利益移転のために、途上国は毎年1500億ドルから5000億ドルを失ってきた。この失われた資金が保健に投資できれば、低所得国の保健支出は3倍になり、低中所得国でも2倍に増えるのだ。企業課税のごまかしに関する「底辺への競争」で、途上国は十分な収入を得られなくなり、普通の人たちが必要不可欠な保健医療サービスを奪われている。西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の国々は様々な税優遇策によって推計で毎年960億ドルを失っている。
 「富裕層と大企業が税金を逃れ、普通の人たちが健康の悪化が理由でお金を払わなければならないような状態を受け入れることはできません」とビヤニマ事務局長はいう。「大企業は応分の税を負担し、従業員の権利を守り、同一労働には同一賃金を保障し、すべての人、とりわけ女性に安全な労働環境を提供しなければならないのです」
 債務はアフリカの経済と保健、開発に深刻な脅威を生み出し、債務返済による社会支出の大幅削減を招いている。国際通貨基金(IMF)によると2019年4月現在、アフリカの低所得国は債務破綻に陥るか、その寸前の状態になっている。低所得国の域を超えて、ザンビアでは2015年から2018年にかけて保健医療投資が27%減少し、債務返済が790%も増加した。同様の傾向はケニアでも見られ、2015年から2018年にかけて債務返済が176%増加し、保健医療投資は9%減少している。「人々の健康を守るために緊急に債務を管理する必要があります。つまり、社会投資に焦点を当てた新たな財源確保と経済回復に必要な期間の債務返済停止、HIVと保健、開発への支出が守れる調整メカニズムのもとでの債務の再構成が緊急に必要です」とビヤニマ事務局長は述べている。
 人権が否定されていることが健康状態悪化の大きな要因となっている。世銀によると、家庭内暴力、経済的暴力から法的に守られていない女性は10億人を超えている。少なくとも65カ国で同性間の性関係が犯罪とされている。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックスの人びとに対する取り締まりや規制を最近になって強化した国もある。セックスワークは98カ国で刑事罰の対象となっている。48の国・地域では、いまなおHIV関連の入国、滞在、居住が何らかのかたちで規制されている。最近のセックスワーク政策に関する研究では、セックスワークを何らかのかたちで非犯罪化した27カ国でセックスワーカーのHIV陽性率が大きく低下していた。
 91カ国では、10代の若者がHIV検査を受けるには両親の同意が必要であり、77カ国では性と生殖に関する保健サービスを受ける際の親の同意を求めている。こうしたことが若者をHIV感染から守る妨げになっている。その結果の一つとして、東部・南部アフリカ地域では、若い女性と少女のHIV感染率が、同年代の男性・少年より2倍も高い。
 「今後10年で、公衆衛生上の脅威としてのエイズを終結させ、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを達成する。そのために各国政府は税の公正と質の高い保健医療ケアの公費負担を実現し、すべての人に人権とジェンダーの平等を実現する。それは可能なことなのです」とビヤニマ事務局長は語る。
 UNAIDSはスイスのダボスで開かれる2020世界経済フォーラムの年次会合のいくつかのイベントに参加し、誰も取り残すことなくユニバーサル・ヘルス・カバレッジを実現するという約束を各国政府が果たす必要があることを強調していきます。



Health should not be a privilege for the rich—the right to health belongs to everyone
Gaps in public financing for health can be met by eliminating tax dodging and implementing progressive taxation; health and development must be protected from the growing impact of debt

DAVOS/GENEVA, 21 January 2020—UNAIDS is calling on governments to ensure that the right to health is realized by all by prioritizing public investments in health. At least half of the world’s population cannot access essential health services. Every two minutes a woman dies while giving birth. Among the people being left behind are women, adolescents, people living with HIV, gay men and other men who have sex with men, sex workers, people who inject drugs, transgender people, migrants, refugees and poor people.
“The right to health is eluding the poor and people trying to lift themselves out of poverty are being crushed by the unacceptably high costs of health care. The richest 1% benefit from cutting-edge science while the poor struggle to get even basic health care,” said Winnie Byanyima, Executive Director of UNAIDS.
Nearly 100 million people are pushed into extreme poverty (defined as living on US$ 1.90 or less a day) because they have to pay for health care, and more than 930 million people (around 12% of the world’s population) spend at least 10% of their household budgets on health care. In many countries, people are denied health care or receive poor quality health care because of unaffordable user fees. Stigma and discrimination denies poor and vulnerable people, especially women, their right to health.
Every week, 6000 young women around the world become infected with HIV. In sub-Saharan Africa, four out of five new HIV infections among adolescents are among adolescent girls and AIDS-related illnesses are the biggest killer of women of reproductive age in the region. Despite significant progress in reducing AIDS-related deaths and new HIV infections, there were 1.7 million new HIV infections in 2018 and nearly 15 million people are still waiting to receive HIV treatment.
“Publicly financed health care is the greatest equalizer in society,” said Ms Byanyima. “When health spending is cut or inadequate, it is poor people and people on the margins of society, especially women and girls, who lose their right to health first, and they have to bear the burden of caring for their families.”
Delivering health care for all is a political choice that too many governments are not making. Thailand has reduced mortality rates for children under the age of five years to 9.1 per 1000 live births, while in the United States of America the rate is 6.3 per 1000 live births, even though Thailand’s gross domestic product per capita is about one tenth of that of the United States. Thailand’s progress has been achieved through a publicly financed health-care system that entitles every Thai citizen essential health services at all life stages and leaves no one behind.
South Africa had just 90 people on antiretroviral therapy in 2000, but in 2019 had more than 5 million on HIV treatment. South Africa now has the largest HIV treatment programme in the world. Countries such as Canada, France, Kazakhstan and Portugal have strong publicly financed health systems, yet some other richer countries do not.
Health investments in many countries remain very low compared to their gross domestic product. The United Nations Conference on Trade and Development estimates that developing countries lose between US$ 150 billion and US$ 500 billion every year owing to corporate tax avoidance and profit shifting by big companies. If this lost money were invested in health, health expenditure could triple in low-income countries and could double in lower-middle-income countries. The race to the bottom on corporate tax cheats denies developing countries of much needed revenue and robs ordinary people of vital health services. The countries of the Economic Community of West African States lose an estimated US$ 9.6 billion each year to numerous tax incentives.
“It is unacceptable that rich people and big companies are avoiding taxes and ordinary people are paying through their ill health,” said Ms Byanyima. “Big companies must pay their fair share of taxes, protect employee rights, provide equal pay for equal work and provide safe working conditions for all, especially women.”
Debt is posing a serious threat to Africa’s economy, health and development, resulting in big cuts in social spending to ensure debt repayment. According to the International Monetary Fund, as of April 2019 half of low-income countries in Africa were either in debt distress or at a high risk of being so. Beyond low-income countries, in Zambia there was a 27% drop in health-care investments and an increase of debt servicing by 790% between 2015 and 2018. Similar trends were seen in Kenya, where debt servicing increased by 176% and health investments declined by 9% between 2015 and 2018. “There is an urgent need to manage debt in ways that protects people’s health. That means ensuring new financing focuses on social investments, debt repayments being halted for a period if needed to allow economic recovery and debt restructuring under a coordinated mechanism to protect spending on HIV, health and development,” said Ms Byanyima.
A major factor of ill health is the denial of human rights. According to the World Bank, more than one billion women lack legal protection against domestic violence and close to 1.4 billion women lack legal protection against domestic economic violence. In at least 65 countries, a same-sex sexual relationship is a crime. In recent years in some countries, crackdowns and restrictions on lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex people have increased. Sex work is a criminal offence in 98 countries. Forty-eight countries and territories still maintain some form of HIV-related restrictions on entry, stay and residence. A recent study of sex work policies in 27 countries concluded that those that decriminalized some aspects of sex work have significantly lower HIV prevalence among sex workers.

In 91 countries, adolescents require the consent of their parents to take an HIV test and in 77 countries they require the consent of their parents to access sexual and reproductive health services, creating barriers to protect young people from HIV infection. One of the consequences of this is that the HIV incidence rate among young women and girls in eastern and southern Africa is twice that of their male peers.
“In the next decade, we can end AIDS as a public health threat and achieve universal health coverage. Governments must tax fairly, provide publicly funded quality health care, guarantee human rights and achieve gender equality for all—it is possible,” said Ms Byanyima.
UNAIDS is participating in several events at the 2020 World Economic Forum Annual Meeting in Davos, Switzerland, to highlight the need for governments to fulfil their commitments to realize universal health coverage

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント