エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残さないために UNAIDS事務局長声明 

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ新事務局長がケニアのナイロビで開かれたICPD(国際人口開発会議)25周年の会議(ナイロビサミット)でスピーチを行いました。そこで明らかにした声明がUNAIDS公式サイトに紹介されています。その日本語仮訳です。
   ◇
エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残さないために UNAIDS事務局長声明  2019年11月12日
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2019/november/20191112_commitment-nairobi-summit

今年は国際人口開発会議(ICPD)から25周年になる。ICPDは179カ国が全会一致でリプロダクティブライツを人権として確認し、女性・女児の地位向上とジェンダーの平等および持続可能な開発の達成基盤ともなる画期的行動計画を採択した会議だった。
その行動計画の完全な遂行に向けて、政治の意思と必要な資金の確保を確認するため、ケニア、デンマーク両国政府と国連人口基金(UNFPA)が共催するナイロビサミットが11月12日から14日まで開催中である。 
 サミットの中でUNAIDSは、ICPDの課題としてのHIV予防、治療、ケアの重要性を改めて強調する。また、すべての人への性と生殖に関するサービス、および思春期の少女と若い女性のニーズに応えるサービスの提供の重要性を呼びかける。
 会議初日には、ウィニー・ビヤニマ事務局長が以下の演説を行い、エイズ終結と社会的不公正の解消、そして女性と女児をだれ一人、取り残さないことを約束した。

   ◇

 UNAIDSの事務局長、および世界HIV予防連合(GPC)の共同呼びかけ人として、私はICPD行動計画、北京宣言と行動綱領、およびHIVとエイズに関する政治宣言の実現に向けた取り組みを一段と強化することを約束します。
 世界ではいま、毎週6200人の思春期の少女と若い女性がHIVに感染しています。妊産婦死亡は、15-19歳の女性の最も大きな死亡原因となっています。カイロから25年を経てなお非倫理的かつ不当なこの状態は耐えられものではありません。
 思春期の少女と若い女性に対するHIV予防は大きな成果を上げているとはいえ、いまなおあまりにも多くの人が取り残されています。とりわけ、様々なかたちのスティグマや差別、不平等に直面した人たちが取り残されているのです。HIV感染および性感染症、望まない妊娠と安全でない妊娠中絶の高いリスクにさらされ、ジェンダーに基づく暴力や有害な行為の対象となっています。意外なことではありません;ジェンダー規範と性と生殖に関する生活上、権利上のタブーは広く存在しています;包括的なセクシュアリティ教育へのアクセスは依然、限られたままです;サービスの質が低いところから選択の権利は制限され、若い女性の地位向上に必要な幅広い対策も不十分なままです。2018年のGPC推計では、HIV陽性率の高い地域で、包括的なHIV予防プログラムがある国は半数にも満たず、2020年までに思春期の少女や女性の90%にこうしたサービスを届けるというターゲットには到底、及びません。
 私たちはすでに予防のノウハウを手にし、それを生かす権利もあるのにこの状態なのです。取り残されている人たちの声に耳を傾け、行動すること、そしてこの人たちのためにUHCを機能させることは緊急の課題です。
 11月11日にこのナイロビの地で開催されたGPC閣僚会議では、HIVの負荷が最も大きい28カ国の大臣が政治のリーダーシップを果たすことを約束しました。私たちはこのことを称えます。
 若い女性からの要請や行動の呼びかけもあります。私たちは、すべての思春期の少女、すべての若者、とりわけ世界中でHIVの流行に直面しているキーポピュレーションの若者に関与しています。
  UNAIDSは最も高いレベルで、共同スポンサーである国連機関、さらに幅広い国連ファミリーと協力して、HIV予防および若い女性の性と生殖に関する健康と権利を推進するためにはっきりと政治の意思を示していきます。各国政府への支援、および様々な市民社会と女性、若者のコミュニティの積極的な参加を実現し、意思決定に反映させていきます。
 とりわけ、若い女性が最も大きくHIVの影響を受けているアフリカ大陸ではUNFPA、UNウィメンとともに、HIVに対する脆弱性を促してきた社会的障壁と有害な社会規範を取り除くための戦略的イニシアティブに取り組んでいます。

GPCパートナーシップは2020年までに以下の点で各国を支えていきます:
・ レソト、マラウィ、ウガンダ、ザンビアのサハラ以南4カ国で未成年者が避妊やHIVの検査・予防・治療など性と生殖に関する健康サービスを利用する際に保護者の同意を必要とする法律を撤廃する。こうした法律は公衆衛生に対する脅威であり、若者に有害なだけである。
・ HIV陽性率が極めて高い7カ国 - ボツワナ、エスティワニ、レソト、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエ - で、思春期の少女と若い女性に対し、統合したかたちで性と生殖に関する保健情報、教育、サービスを提供する。避妊サービスと拡大した避妊選択肢を提供する中で、効果的なHIVとSTIの予防策を強調する;同時に若い女性の社会的、経済的な能力を高める手段として性と生殖に関する権利が行使できるよう分野横断的な集中プログラムの中で、ジェンダーに基づく暴力および性暴力を取り上げる。

 世界的には、若者およびHIV流行の厳しい影響を受けているすべてのコミュニティに対し、以下の約束をします:
・ 地方や草の根レベルでの予防活動の重要性を強調しつつ、思春期の少女と若い女性、HIV陽性者およびHIV感染の高いリスクに直面するキーポピュレーションのニーズと要請に対応するために、世界エイズ・結核・マラリア対策基金のリーダーシップと資金を活用する;同時に貧困、ジェンダー差別、ジェンダーに基づく暴力と闘う。
・ the Global Partnership for Action to Eliminate All Forms of HIV-Related Stigma and Discrimination(HIV関連のあらゆるスティグマと差別をなくす世界行動パートナーシップ)を通じ社会的不公正をなくすために30カ国に政治の意思を促しつつ、恐怖と脅し、暴力、迫害、刑法、屈辱的な扱い、基本的人権と自由の侵害に立ち向かわなければならない。世界中の取り残されたコミュニティ、とりわけ、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たち、ゲイ男性など男性とセックスをする男性、その他さまざまな性的指向と性自認の人たち、薬物使用者、拘束状態にある人たち、移住者など、HIVの流行に厳しい影響を受けているキーポピュレーションではこうした状況に日常的に直面しているのだ。 
・ 最後に、UNAIDS事務局は、各国がHIV予防・治療・支援サービスの計画と実施の改善をはかり、同時に人権と安全と尊厳を守れるよう、信頼できるキーポピュレーションのデータを収集する簡潔な方法の開発に取り組んでいる。社会から排除され、差別されがちなコミュニティが存在し、場合によっては政府がそうしたコミュニティの存在すら認めず、権利を持った市民として数えられていないこともあるからだ。

 これらの約束を完全かつ迅速に実現できなければ、2030年のSDGs達成に向けた道をすべての人が歩めるようにするというカイロの約束は果たせません。そしてコミュニティを中心に据え、コミュニティ主導、女性主導、若者主導の対策に投資するのでなければ、現在の若い世代、そしてこれからやってくる若い世代に、よりよい世界を残すことはできないでしょう。



Statement of commitment to step up action towards ending AIDS, eliminate social injustice and reach the women and girls being left behind
12 NOVEMBER 2019

This year marks the 25th anniversary of the International Conference on Population and Development (ICPD), where 179 governments adopted a landmark Programme of Action. The Programme of Action unequivocally affirmed reproductive rights as human rights, fundamental to the empowerment of women and girls and to achieving gender equality and sustainable development more broadly.
From 12 to 14 November, the governments of Kenya and Denmark, together with the United Nations Population Fund (UNFPA), are co-convening the Nairobi Summit to mobilize the political will and financial commitments needed to finally and fully implement the Programme of Action.
During the conference, UNAIDS will be reinforcing the importance of HIV prevention, treatment and care as integral to the ICPD agenda. UNAIDS will also be advocating for sexual and reproductive health services for all and access to services that work for and address the needs of adolescent girls and young women.
On the opening day of the conference the Executive Director of UNAIDS Winnie Byanyima made a statement of commitment on behalf of the UNAIDS Secretariat to step up action towards ending AIDS, eliminate social injustice and reach the women and girls being left behind.

I, the Executive Director of UNAIDS, as a co-convenor of the Global HIV Prevention Coalition (GPC), will step it up on the unfinished business of the ICPD Programme of Action, the Beijing Declaration and Platform for Action, and the Political Declaration on HIV and AIDS.
Every week, 6,200 adolescent girls and young women acquire HIV. Maternal mortality is the leading killer of adolescent girls 15 to 19 years old. This is intolerable, unethical, unconscionable—25 years after Cairo.
Despite progress in HIV prevention for adolescent girls and young women, we are leaving too many of them behind, especially those who face intersecting forms of stigma, discrimination and inequality. They face high risks of acquiring HIV and STIs, unwanted pregnancies, unsafe abortions, and being subjected to gender-based violence and harmful practices. This is no surprise; gender norms and taboos about their sexual and reproductive lives and rights are pervasive; access to comprehensive sexuality education remains limited; and the low quality of services restricts choice and falls short of providing young women with the range of interventions they require for their empowerment. The GPC estimates that in 2018, less than half of the areas with high HIV prevalence had dedicated comprehensive HIV prevention programmes—very short of the global target of reaching 90% of adolescent girls and women with these services by 2020.
Meanwhile, we have the know-how to put the power of prevention in their hands and fulfill their rights. We must act urgently to listen to them, to do right by them; and make UHC work for them.
We commend the 28 Ministers from countries with the highest HIV burdens for their political leadership and commitments announced here in Nairobi on 11 November during the GPC Ministerial meeting.
We also heard the calls for action and demands from young women. Our commitment is dedicated to all adolescent girls, and all young people, particularly those from key populations around the world confronted by the HIV epidemic.
UNAIDS commits, at the highest levels, in collaboration with our sister entities of the UNAIDS Joint Programme and wider UN family, to drive decisive political will on HIV prevention and young women’s sexual and reproductive health and rights. Through our collective support to national governments, and with the active participation of civil society and communities of women and young people, in all their diversity, in our decision-making;
Specifically in the African continent, where young women are hardest hit by the epidemic, we commit to pursue a strategic initiative with UNFPA and UN Women to remove the barriers and harmful social norms which result in their higher vulnerability to HIV.

By the end of 2020, the GPC partnership will support countries to:
・Remove parental consent laws for adolescents to access sexual and reproductive health services, including for contraception and HIV testing, prevention and treatment, in 4 countries of sub-Saharan Africa: Lesotho, Malawi, Uganda, and Zambia. Such laws are a threat to public health, and only cause grave harm to young people.
・Ensure access by adolescent girls and young women to integrated sexual and reproductive health information, education and services in areas with extremely high HIV in 7 countries-- Botswana, Eswatini, Lesotho, Mozambique, Namibia, South Africa and Zimbabwe. Emphasis will be on ensuring effective prevention of HIV and STIs within contraceptive services, and expanded contraceptive choice; as well as addressing gender-based and sexual violence as part of intensified, cross-sectoral programmes to unleash social and economic enablers for young women to thrive, and exercise their sexual and reproductive rights.

Globally, we commit to adolescents and young people, and all communities hardest-hit by the HIV epidemic, to:
・Fully leverage the leadership and resources of the Global Fund to Fight AIDS, Malaria and Tuberculosis to best respond to the needs and demands of adolescent girls and young women and other key populations living with or at high risk of HIV, in all their diversity—with emphasis on action for prevention at local and grassroots levels; alongside approaches that tackle poverty, gender discrimination and gender-based violence in their lives.
・Galvanize political will to end social injustice in 30 countries from across regions through the Global Partnership for Action to Eliminate All Forms of HIV-Related Stigma and Discrimination. We must confront head on the fear, threats, violence, persecution, criminal laws, humiliating treatment and violations of the fundamental human rights and freedoms faced everyday by some of the most left behind communities in the world—especially from key populations hard-hit by the HIV epidemic such as sex workers, transgender persons, gay men and other men who have sex with men, other persons of diverse sexual orientations and gender identities, people who use drugs, people in detention, and migrants, among others.
・Finally, the UNAIDS Secretariat will develop and deliver a simplified methodology to assist countries in collecting reliable data on key populations to improve planning and implementation of HIV prevention, treatment and support services, alongside protection of their human rights, safety and dignity—communities so pervasively marginalized and discriminated against that some governments refuse to acknowledge they even exist, much less counted, as rightful citizens of their countries.
Only through the full and swift implementation of these pledges will we ensure the Cairo promises reach everyone on the SDGs road to 2030. And only by putting communities at the centre of our efforts, and investing in community-led, women-led and youth-led responses ---will we be able to deliver a better world for today’s younger generations, and those to come.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント