HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。
    ◇
HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将
 2019年11月11日、UNAIDS特集記事
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2019/november/20191111_eacs

 ラグビー・ウェールズ代表の元主将、ギャレス・トーマス氏がHIV関連のスティグマについて、対応は緊急課題であると強調した。第17回欧州エイズ会議(11月6~9日、スイス・バーゼル)のスペシャルイベントに登壇したトーマス氏は、スティグマを打ち破り、人びとが事実に基づく十分な知識を得たうえで判断し、HIVについてオープンに話ができる社会環境を生み出すために協力していきたいと語った。
 このセッションはラグビー・ウェールズ代表元主将にとって、自らのHIV感染公表について、多数の聴衆の前で語る初めての機会だった。彼はHIV陽性であること、そしてBBCのドキュメンタリーが放映された後の大きな社会的反応と支持について語った。BBCドキュメンタリーには公表直後にウェールズで開かれたアイアンマン・トライアスロン国際大会に出場し、完走した映像も含まれている。
 HIV陽性であっても健康な状態で長く生活できること、医学の進歩により効果的な治療を受けていれば陽性者から他の人へのHIV感染は起きないことをトーマス氏は明らかにし、その事実がまだ多くの人に伝わっていないので公表に踏み切ったと述べている。
 「私はスティグマに正面から挑戦したかった」とトーマス氏は語った。「HIVに感染していても、2.5マイルを泳ぎ、112マイルを自転車で走り、さらにマラソンを完走できることを多くの人に知ってもらいたかった。私にそれができれば、私たちにはどんなことでも可能になります。あの日以来、私のもとには支援と愛以外の何も届いていません」
 このイベントは、UNAIDSのヴィネイ・サルダーニャ東欧・中央アジア地域支援チーム事務局長が司会を担当し、エイズ終結に向けたパートナーシップに焦点があてられた。コミュニティ主導の組織、資金提供や国際協力の専門家、HIV陽性のアクティビストなどがパネリストとして参加している。
 Undetectable = Untransmittable (U = U、検出限界値以下なら感染しない)キャンペーンの創設者で事務局長でもあるブルース・リッチマン氏は、HIV陽性者やHIVに影響を受けている人たちが経験してきたスティグマを克服するうえでU=Uがいかに重要であるかを説明し、キャンペーンがHIVをめぐる恐怖や誤解を打ち破る社会的な動きとして広がっていった経緯を語った。
 「U=UはHIV陽性者を感染の恐怖から解放しました」とリッチマン氏は語る。「私たちは35年以上もの間、HIVのスティグマに取り巻かれて生き、死んでいきました。U=Uがスティグマに終りを告げるパートナーシップを打ち立てたのです」
 英ロンドンのセクシャルヘルス慈善団体NAZプロジェクトのマリオン・ワディビア代表は取り残された人々に対し、文化的な違いに配慮した性の健康サービスを提供する方法について語った。「人種の壁を乗り越える必要があります」と彼女はいう。
 すべてのコミュニティと人口集団でエイズを終結に導くには、これまでのやり方を超えた大胆なアプローチが必要であることは、彼女も他のパネリストも強調している。ロンドンのBartsヘルスNHSトラストのレイジシュリ・ダヘアワン氏は、家庭で虐待を受けている女性に性の健康サービスとHIV予防のための支援を提供するパートナーシップの一例としてソウルシスターズを挙げた。「女性や女児に対する暴力は、HIV感染の最も大きな要因となります」とダヘアワン氏はいう。
 『Together We Can』と題したこのイベントは、ギリアド・サイエンシズが主催した。欧州エイズ会議には、主要なHIV専門家、科学者、研究者、アクティビスト、HIV陽性者のコミュニティが集まり、欧州のエイズ終結に向けた最新の成果を話し合った。
 会議は、東欧・中央アジア地域におけるHIV流行の拡大、90-90-90ターゲットに向けた成果の検証、ファストトラックシティ・パートナーシップに参加した都市および自治体の現状などに特に着目し、高齢化するHIV陽性者に対するケアモデル、HIV関連のスティグマと差別の解消について話し合った。
 第17回欧州エイズ会議のウェブキャスト、プレゼンテーション、eポスターは、欧州エイズ臨床学会リソースライブラリーで3カ月間公開されている。
 http://resourcelibrary.eacs.cyim.com/




Former Welsh Rugby Captain Gareth Thomas speaks passionately about confronting HIV-related stigma
11 NOVEMBER 2019 FEATURE STORY

Welsh rugby ace Gareth Thomas has spoken out about the urgent need to confront HIV-related stigma head on. Speaking at a special event during the 17th European AIDS Conference, which was held in Basel, Switzerland, from 6 to 9 November, Mr Thomas said that he wants to help create an environment that breaks stigma and where people can make educated decisions based on facts and be free to talk openly about HIV.
It was the first time that the former Welsh rugby captain had spoken in front of an audience about his decision to publicly disclose his HIV status. He talked of the overwhelming reaction and public support following his disclosure and the airing of the BBC documentary he made about living with HIV, which included footage of him completing the International Iron Man triathlon in Wales.
He spoke of his determination to show people that living with HIV can also mean living a long, fit and healthy life and that medical advances now mean that with access to effective treatment, people living with HIV cannot transmit the virus, advances that he said not enough people know about.
“I wanted to challenge stigma head on,” said Mr Thomas. “I wanted people to see that I was capable of swimming two and a half miles in the sea, cycling 112 miles and running a marathon with HIV. If I can do that, we can do anything. Since that day, I have received nothing but support and love.”
The event was moderated by the Director of the UNAIDS Eastern Europe and Central Asia Regional Support Team, Vinay Saldanha, and shone a spotlight on the power of partnerships to advance progress towards ending AIDS. The participants included a panel of international experts working in the field of community-led organizations, funding, international partnerships and activists living with HIV.
Advocate Bruce Richman, Founder and Executive Director of the Undetectable = Untransmittable (U = U) campaign, spoke about the importance of U = U to overcome the stigma experienced by people living with and affected by HIV and how the campaign has become a public movement to break down fear and misunderstanding around HIV.
“U = U sets people living with HIV free from the fear of transmission,” said Mr Richman. “We have been living with and dying from HIV stigma for over 35 years. U = U builds our partnership to end that stigma.”
Head of the sexual health charity the NAZ Project in London, United Kingdom, Marion Wadibia spoke of how partnerships can offer culturally specific sexual health services to people being left behind. “We need to integrate race into all our work,” she said.
She was joined by other panellists who talked about the importance of using bolder business unusual approaches to end AIDS in all communities and populations. Rageshri Dhairyawan, of Barts Health NHS Trust, London, cited Soul Sisters as an example of a partnership that provides support for women who are experiencing domestic abuse for sexual health services and HIV prevention. “Violence against women and girls is a leading driver of HIV transmission,” said Mr Dhairyawan.
The event, entitled Together We Can, was organized by Gilead Sciences. The conference joined together leading HIV experts, scientists, researchers, activists and communities of people living with HIV to discuss the latest progress towards ending AIDS in Europe.

The conference gave special attention to the growing HIV epidemics in eastern Europe and central Asia, examined progress towards the 90–90–90 targets, looked at cities and municipalities that have joined the Fast Track cities partnership, discussed models of care for people living with HIV as they get older and tacked eliminating HIV-related stigma and discrimination.
Webcasts, presentations and ePosters of the 17th European AIDS Conference are available on the European AIDS Clinical Society Resource Library for a period of three months.
 http://resourcelibrary.eacs.cyim.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント