『HIV流行終結へ:アメリカ国内計画』とは何か

(解説) 米国のトランプ大統領が2月5日の一般教書演説の中で、米国内の新規HIV感染を10年以内になくしますと約束しました。長い演説の中の1パラグラフ分だけの言及ですが、もちろん思い付きでちょっと入れたというわけではありません。政策的な裏打ちがあって、それを少し派手目の表現でお披露目したということでしょうね。
 同じ日に米国政府のHIV/エイズ啓発サイトHIV.govではアレックス・アザ―ル保健福祉長官が新しい政府イニシアティブであるEnding the HIV Epidemic: A Plan for America(HIV流行終結へ:アメリカ国内計画)について説明しています。日本語でその要旨を作成しました。
   ◇
『HIV流行終結へ:アメリカ国内計画』とは何か
 https://www.hiv.gov/ending-hiv-epidemic
 『HIVの流行を終結させる時がきました。アメリカ国内におけるHIVの新規感染をなくすための一世代に一度の機会です』

 アレックス・アザ―ル保健福祉長官は2019年2月5日、『史上最も強力なHIV予防と治療のツールを得て、HIVの流行を終結させる一世代に一度の機会がきました。これらのツールで.HIV感染が最も急速に広がっているところにピンポイント対応ができるのです』と書いている。
 彼はさらにこう続けている。

 抗レトロウイルス治療(ART)の処方を守り、体内のウイルス量を検出限界値未満に維持していれば、HIV陽性者は長く生き、健康な毎日を送ることが可能になり、パートナーへのHIV性感染のリスクも実質的になくなります。
 曝露前予防服薬(PrEP)でHIVに性感染するリスクも97%下げられます。
 そして、新たな検査技術、疫学技術の進歩により、私たちは最も必要性の高い地域に追加資金を集中して対策に取り組めるようになりました。


HIV流行終結へ:アメリカ国内計画は、HIVの流行から影響を大きく受けているコミュニティが自ら対応できるよう、専門的な知識と技術、および追加的資金を提供することで、かつてないこの機会を生かしていきます。
 HIVとの闘いは1980年代後半から大きな成果を上げていますが、それでもなお、なすべきことが数多く残されています。HIV予防とケアのための米国の保健予算は年間200億ドルを超えています。国の対策により、新規HIV感染件数は年間約4万件とこれまでで最も低いレベルまで減少しているのです。 
 しかし、こうした成果の恩恵はすべての人に平等に行きわたっているわけではありません。新規感染は、男性とセックスをする男性;少数民族、とりわけアフリカ系アメリカ人、ヒスパニック/ラティーノ、アメリカンインディアンおよびアラスカ先住民;米国南部住民、に大きく集中しています。
 そして、HIVを取り巻くスティグマはいまなお悲劇的なまでに存在し、HIV陽性者やHIV感染の高いリスクに曝されている人たちが保健医療や社会保障サービスを受けることを妨げ、この人たちの尊厳や尊重も損なわれています。医学だけで対応できる問題ではなく、社会が取り組むべき課題なのです。
 さらに、最新のデータは、HIV新規感染の減少という成果が下げ止まりの傾向にあり、新たな脅威が出現していることも示しています。最も大きな課題はオピオイドクライシス(薬物危機、オピオイド系鎮痛剤の乱用危機)です:HIV新規感染の10件に1件は注射薬物使用者の間で起きているのです。

HIVの流行を終結に導くツールはすでにあります。しかも、感染の大半は一定のホットスポット地域に集中しています。2016年と2017年の新規HIV感染診断の50%以上は48カウンティ、ワシントンD.C.そしてプエルトリコのサンファンでなされていたのです。一方で、地方でも特定の地域、とりわけ南部の特定地域がHIVに大きく影響を受けていることも分かっています。


“5年で新規HIV感染診断を75%減らし、10年後には90%減らします!”


 大統領イニシアティブは今後5年で新規感染を75%減らし、10年間では90%減らすことを目指しています。この間に25万件のHIV感染が防ぐことになります。

 HIV感染が多い48カウンティと地方部で相当なHIVの影響を受けている州のリストをご覧ください(PDF44KB)。
https://files.hiv.gov/s3fs-public/Ending-the-HIV-Epidemic-Counties-and-Territories.pdf

この計画は3つの行動分野に資金を投入します:

・ ライアン・ホワイトHIV/エイズプログラムなどすでにある効果的なプログラムを通し、地理的なホットスポットへの投資を増やす。同時にコミュニティヘルスセンターを通し、HIV感染の極めて高いリスクに曝されている人たちに治療薬を提供して感染を防ぐ新たなプログラムへの投資も増やす。
・ どこでHIV感染が最も急速に拡大しているかを把握し、地方レベルで予防、ケア、治療のニーズを判断できるようにするため、データを活用する。
・ こうした対象地域ではHIVの予防と治療を拡大するため、地方レベルの保健部隊を創設する資金を提供する。

図 略

 互いに機能することで、米国内のHIV流行を終結に導く、診断、治療、プロテクト、対応の基本4戦略に焦点を当てます。 

・ 診断 すべてのHIV陽性者を感染後できるだけ早く診断します。自らの感染を知らないでいる米国内のHIV陽性者は約16万5000人とみられています。この人たちを早期に把握し、治療につなげること、そして他の人への感染を防ぐことが大切です。最新の診断キットとオートメーションシステムを活用してHIV検査を簡素化し、誰もが受けられるようにし、ルーティン化していきます。感染を早期に診断し、患者を直ちにケアにつなげます。
・ 治療 診断後は迅速かつ効果的に治療を開始し、ウイルス抑制を維持できるようにします。年間の新規HIV感染の87%は、HIVケアと治療を受けていない人から感染しています。処方通りにHIV治療を続け、ウイルス量が抑制された状態を維持していれば、HIV陽性者は長く生き、健康な毎日を送ることができるし、パートナーに対するHIV性感染のリスクもなくなります。私たちはケアを受けなくなった人を追跡し、再び効果的なHIVケアと治療に戻れるようにするプログラムを立ち上げ、拡大していきます。ライアン・ホワイトHIV/エイズプログラムは86%近いウイルス抑制率を達成してきました。このプログラムのケアと治療の包括的システムをテコにして、私たちは国内のウイルス抑制率を90%に高めることを目指しています。
・ プロテクト 効果が証明されている予防アプローチによりHIV感染のリスクから個人をプロテクト(防護)します。相当程度のHIV感染のリスクがあり、しかもPrEPの利益を得ていないアメリカ人は100万人と推計されています。予防に治療薬を使っている人は10%未満なのです。ハイリスクグループにおけるPrEPの利用拡大は2020年までに5万人のHIV感染を防ぐことができます。
・ 対応 感染が拡大しているクラスターを迅速に把握し、新規HIV感染を防ぎます。新たな臨床検査手法と疫学の技術により、どこで最も急速にHIVが拡大しているのかを把握できる可能性が高まり、CDCはおよび他のパートナー機関は現在進行形で感染に素早く歯止めをかける戦略を立てられるようになりました。影響を受けているコミュニティと協力し、それらのコミュニティがすべてのHIV症例を把握して感染の鎖を断ち切り、感染した人たちには適切なケアと治療を提供できるようにするため、技術と人員と予防資金を確保していきます。

 HIVで亡くなったアメリカ人は1981年以来、70万人に達しています。今後10年以内に次の世代のHIV流行を終結させるチャンスを私たちは手にしています。そうしないわけにはいきません:この新たな対策が取られなければ、新規感染は今後も続き、拡大を続けていくでしょう。さらに多くの人の命が奪われ、HIV予防と治療にかかる直接の費用だけでも、米国政府の負担は2000億ドルを超えることになります。



What is ‘Ending the HIV Epidemic: A Plan for America’?
“Now is the time to end the HIV epidemic. We have a once-in-a-generation opportunity to eliminate new HIV infections in America.”

HHS Secretary Alex Azar wrote on February 5, 2019, that we have “a once-in-a-generation opportunity to end the epidemic, thanks to the most powerful HIV prevention and treatment tools in history and new tools that allow us to pinpoint where HIV infections are spreading most rapidly.”

He continues:
“Thanks to the HIV medicine antiretroviral therapy (ART), individuals with HIV that take their medicine as prescribed and maintain an undetectable viral load can live long, healthy lives and have effectively no risk of sexually transmitting HIV to a partner.
Thanks to pre-exposure prophylaxis (PrEP) medication, the risk of contracting HIV from someone is reduced by up to 97 percent.
And thanks to new laboratory and epidemiological techniques, we are able to focus in on geographic regions in greatest need of additional resources.


Ending the HIV Epidemic: A Plan for America, acts boldly on this unprecedented opportunity by providing the hardest hit communities with the additional expertise, technology, and resources required to address the HIV epidemic in their communities.
Since the late 1980s, enormous progress has been made in the fight against HIV, but there is still work to be done. The U.S. government spends more than $20 billion annually in direct health expenditures for HIV prevention and care. National interventions have driven the number of new HIV infections down to approximately 40,000 per year – the lowest level ever.
But not everyone is benefiting equally from these advances. New infections are highly concentrated among men having sex with men; minorities, especially African Americans, Hispanics/Latinos, and American Indians and Alaska Natives; and those who live in the southern United States.
And stigma – which can be a debilitating barrier preventing someone living with HIV or at risk for HIV from receiving the healthcare, services and respect they need and deserve – still tragically surrounds HIV. This is not just as a biomedical issue, but a social challenge, too.
Further, recent data show our progress reducing the number of new infections has plateaued, and there are new threats to the progress we’ve made, the most significant being the opioid crisis: One in 10 new HIV infections occur among people who inject drugs.
We have the tools available to end the HIV epidemic, and most infections are now highly concentrated in certain geographic hotspots. More than 50 percent of new HIV diagnoses in 2016 and 2017 occurred in 48 counties, Washington, D.C., and San Juan, Puerto Rico. We also know certain rural areas carry a disproportionately high burden of HIV, especially in the South.


“75% reduction in new HIV diagnoses in 5 years and a 90% reduction in 10 years!”


The President’s initiative will work to reduce new infections by 75 percent in the next five years and by 90 percent in the next ten years, averting more than 250,000 HIV infections in that span.

Read a list of the 48 HIV Burden Counties, as well as states that have that have a substantial rural HIV burden (PDF 44 KB).
https://files.hiv.gov/s3fs-public/Ending-the-HIV-Epidemic-Counties-and-Territories.pdf

The plan will fund three major areas of action:
・ Increasing investments in geographic hotspots through our existing, effective programs, such as the Ryan White HIV/AIDS Program, as well as a new program through community health centers that will provide medicine to protect persons at highest risk from getting HIV.
・ Using data to identify where HIV is spreading most rapidly and guide decision-making to address prevention, care and treatment needs at the local level.
・ Providing funds for the creation of a local HIV HealthForce in these targeted areas to expand HIV prevention and treatment.

図 略


Our efforts will focus on four key strategies that together can end the HIV epidemic in the U.S.: Diagnose, Treat, Protect, and Respond.

・ Diagnose all individuals with HIV as early as possible after infection. Approximately 165,000 Americans are living with HIV but don’t know they have it. Early detection is critical and can lead to quicker results in treatment and prevent transmission to others. Using the latest diagnostics and advanced automation systems, we will make HIV testing simple, accessible and routine. And we will diagnose infection early and connect patients immediately to care.
・ Treat the infection rapidly and effectively after diagnosis, achieving sustained viral suppression. Eighty-seven percent of annual new infections are transmitted by those not receiving HIV care and treatment. But individuals with HIV who take medication as prescribed and stay virally suppressed can live long, healthy lives and have effectively no risk of sexually transmitting HIV to a partner. We will establish and expand programs to follow up with individuals no longer receiving care—and provide the resources needed to re-engage them in HIV effective care and treatment. The Ryan White HIV/AIDS Program has achieved a viral suppression rate of nearly 86 percent. We aim to leverage the program’s comprehensive system of care and treatment to increase viral suppression around the country to 90 percent.
・ Protect individuals at risk for HIV using proven prevention approaches. Of the estimated 1 million Americans at substantial risk for HIV and who could benefit from PrEP, fewer than 10 percent are actually using this medication. Increasing PrEP use among high-risk groups could prevent almost 50,000 HIV infections by 2020.
・ Respond rapidly to detect and respond to growing HIV clusters and prevent new HIV infections. New laboratory methods and epidemiological techniques allow us to see where HIV may be spreading most rapidly, thereby allowing CDC and other partners to quickly develop and implement strategies to stop ongoing transmission. We will work with impacted communities to ensure they have the technology, personnel and prevention resources to follow up on all HIV cases and to intervene to stop chains of transmission, and to get those impacted into appropriate care and treatment.

We have lost more than 700,000 American lives to HIV since 1981. Within the next 10 years, we have the chance to end the HIV epidemic for the next generation. We can’t afford not to: Without this new intervention, new infections will continue and we face the very real possibility that they will increase, costing more lives and the U.S. government more than $200 billion in direct lifetime medical costs for HIV prevention and medication.”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第127号(2019年3月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第127号(2019年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2019-03-29 18:20