フィリピンの画期的HIV立法を歓迎 UNAIDS

(解説) アジア諸国の中でもHIVの新規感染が急速に拡大しているフィリピンで今年(2019年)1月、HIV/エイズ対策の新法(フィリピンHIVとエイズ政策法)が成立しました。フィリピンでは2010年当時と比較すると年間のHIV新規感染が175%増と拡大しており、その90%以上は男性とセックスをする男性(MSM)とトランスジェンダーの人たちで占められているそうです。緊急事態に対応し、現実に即した対策への法的枠組みを提供する法律ということでしょうね。国連合同エイズ計画(UNAIDS)アジア太平洋事務所が1月11日付で法制定を歓迎する声明を発表しています。その日本語仮訳です。
    ◇
フィリピンの画期的なHIV立法を歓迎 UNAIDS
 2019年1月11日、国連合同エイズ計画アジア太平洋事務所(UNAIDSAP)
https://unaids-ap.org/2019/01/11/unaids-welcomes-landmark-hiv-legislation-in-the-philippines/#more-3278

バンコク/マニラ 2019.1.11:フィリピンのドゥテルテ大統領が画期的なHIV立法であるフィリピンHIVとエイズ政策法に署名したことを国連合同エイズ企画(UNAIDS)は歓迎する。この法律は、HIVの流行拡大を抑える政策ツールを確保し、HIV陽性者やHIVに影響を受けている人びとを支援するための環境を整えるなど、フィリピンにおけるHIV対策に必要な法的枠組みを幅広く提供している。
 「新たな法律ができたことで、HIV陽性者およびキーポピュレーションの尊厳と尊重はより広範に守られることになります」とUNAIDSアジア太平洋事務所のイーモン・マーフィ所長はいう。「市民社会とコミュニティグループは、フィリピン政府、とりわけエイズ対策全国協議会やフィリピン議会と手を携え、この画期的な法律を実現させるために活動してきました。そのことを称賛します」
 新たな法律はHIV対策の法的枠組みを再構成し、効果的に対策が進められるようにしている。市民社会やキーポピュレーションの意見がより反映されるようにエイズ対策全国協議会を改革し、HIVプログラムのための国内資金を確保し、健康保険でHIVサービスがカバーできるようにしたのだ。
 新たな法律は、HIV陽性者、キーポピュレーション、弱い立場に置かれているコミュニティの人たちの人権を尊重し、守り、促進するようすべての関係者に求めている。法律は個人情報の保護を強化し、未成年へのHIV検査制限規制を含むHIVサービスへの障壁を取り除き、保健医療施設における差別およびソーシャルメディアやオンラインポータルでの弱者いじめを含むいじめを禁止している。
 法律では、抗レトロウイルス治療やエビデンスに基づく予防ツール、キーポピュレーション向けプログラムを無料で受けやすくすることでHIV治療、予防サービスへのアクセスを拡大することも新たに定めている。
 フィリピンの新規HIV感染は2010年当時と比べ174%も増え、アジア太平洋地域で最も急速にHIVの流行が拡大している国となっている。新規感染の90%以上は男性とセックスをする男性(MSM)およびトランスジェンダーの人たちの間で起きている。MSMのコンドーム使用率は50%、トランスジェンダーの人たちは37%と低く、HIV検査を受けている割合も低い。2015年段階で自らのHIV感染を知っているMSMは16%だった。
 国連加盟国は2016年、エイズ終結に関する政治宣言を採択し、「すべての人の人権、子供や若者の基本的な自由を、とりわけHIV陽性者、HIV感染のリスクに曝されている人、HIVに影響を受けている人に保障し、またスティグマや差別をなくすための法律と政策を促進する」と約束している。
 UNAIDSはすべての政府に対し、しっかりとした法的保護や差別撤廃プログラムを実施し、司法システムへのアクセスを確保することにより、HIV陽性者、HIVに影響を受けている人たちの人権を完全に保障するよう求めている。



UNAIDS welcomes landmark HIV legislation in the Philippines
  Posted on January 11, 2019 By unaidsap

Bangkok/Manila, 11/01/2019: UNAIDS welcomes the signing by President Duterte of the new landmark HIV legislation, the Philippines HIV and AIDS Policy Act. The law provides a broad legislative framework for the response to HIV in the Philippines, giving the policy tools to reverse the growing HIV epidemic and creating a supportive environment for people living with and affected by HIV.
“With this new law, respect and dignity for people living with HIV and key populations prevail,” said Eamonn Murphy, UNAIDS regional director for Asia and the Pacific. “I applaud the tireless advocacy efforts of civil society and community groups, who have worked hand-in-hand with government particularly with Philippine National AIDS Council, and champions in the Philippine Congress to make this groundbreaking law a reality.”
The new legislation restructures the legal framework of the HIV response and ensures the effectiveness of its governing structure. Among its provisions, the act introduces reforms to the Philippine National AIDS Council enhancing representation of civil society and key populations, identifies domestic funding sources for HIV programs, and ensures inclusion of HIV services in the social health insurance scheme.
The new law requires all stakeholders to respect, protect and promote the human rights of people living with HIV, key populations and vulnerable communities. The bill guarantees greater protection for confidentiality, removes barriers to HIV services, including restrictions to HIV testing for adolescents and young people, bans discrimination in health facilities, and prohibits bullying, including bullying in social media and other online portals.
Within its provisions, the new ruling also expands access to HIV treatment and prevention services by ensuring free and accessible antiretroviral treatment and a range of evidence-based prevention tools and programming for key populations.
With a 174% increase in new infections since 2010, the Philippines has become the country with the fastest growing HIV epidemic in Asia and the Pacific. More than 90% of new HIV infections are occurring among men who have sex with men ([LQ1] MSM) and transgender people. Condom use among MSM and transgender people is low at 50% and 37% respectively and HIV testing is also low. Only 16% of MSM knew their HIV status in 2015.
In June 2016, Member States of the United Nations committed in the Political Declaration on Ending AIDS to “promoting laws and policies that ensure the enjoyment of all human rights and fundamental freedoms for children, adolescents and young people, particularly those living with, at risk of and affected by HIV, so as to eliminate the stigma and discrimination that they face.”
UNAIDS urges all governments to fully protect the human rights of people living and affected by HIV, including by providing strong legal protection and implementing programmes to end discrimination and advance access to justice.

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第126号(2019年2月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第126号(2019年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2019-02-28 19:19