AIDS2020会議調整委員会からの公開書簡

(解説)2020年7月に米カリフォルニア州のサンフランシスコ・オークランドで開かれる第23回国際エイズ会議(AIDS2020)のConference Coordinating Committee (CCC、会議調整委員会)の公開書簡です。昨年10月23日付で会議の公式サイトに掲載されたものの日本語仮訳を作りました。昨日掲載したHIV2020の日本語仮訳と比較しつつお読みください。
    ◇
AIDS2020会議調整委員会からの公開書簡
  2018.10.23
 http://www.aids2020.org/The-latest/News/ArticleID/200

 私たちは、HIV陽性者;男性とセックスをする男性;トランスジェンダーなどLGBTQIの人びと;人種的、民族的な少数者、先住民、移民、難民;セックスワーカー、および注射薬物使用者として、それぞれのコミュニティに誇りを持っています。科学者であり、臨床医であり、コミュニティ・アドボケートでもあります。政治的な分断主義に抗い、HIV流行終結を目指す歴史的な闘いに力を結集して臨む米国および世界中の国々の国際的なコミュニティを代表しています。米国内では私たちはサンフランシスコとオークランド、南部諸州、そして全米の主要都市を代表しています。こうした立場から、第23回国際エイズ学会(AIDS2020)を主導する主体としての責任を有し、会議調整委員会の任に当たることは大きな栄誉であります。
 私たちHIVコミュニティは、世界的なHIVとの闘いの正念場というべき時期にオークランドとサンフランシスコで開かれるAIDS2020に結集します。もう2年足らずしかありません。この会議はホスト国である米国の歴史にとっても、極めて大切な時期に開かれます。私たちの声を結集してあげるうえで、これ以上に重要な時期はありません。
試練はチャンスでもあります。この会議が有害な政策に対抗する様々な声を結集し、エイズ流行終結に向けた国際的な関心を高め、資金を集める機会になることを私たちは経験から知っています。1996年に開かれたバンクーバー会議はHAART時代の扉を開きました。2000年には南アフリカでエイズ拒絶主義に立ち向かいました。いま、米国内での会議開催を選択することは、立ち上がり、時の前髪をつかむ機会になります。この力強いプラットフォームをテコにして、コミュニティの結集をはかり、意味のある変化を生み出すことができるのです。
 ベイエリアで会議を開催するために、私たちはサンフランシスコとオークランドの様々な組織やHIV陽性者からのコミュニティ支援を受けています。また、カリフォルニアの主要な政治指導者はすべてAIDS2020を支援することを約束しています。今後2年間、AIDS2020の調整委員会として重要な役割を担い、HIV陽性者およびHIV感染のリスクに曝されている人たちのニーズに応えられるよう最善を尽くす所存です。
 CCCとして私たちは、これまでの成果から学び、同時に医学と対策、政策を前に勧めていけるような影響力のあるAIDS2020のアジェンダを設定していく役割があります。今後の数か月間、私たちは皆さんからのインプットを求め、国際エイズ学会(IAS)やパートナー機関とも緊密な連携をとりつつ、参加を望むすべての人が会議に参加できるように努力します。すべてのコミュニティの声が届き、解決策をともに考え、エイズ流行終結に向けた議論を重ねられる会議にすることを約束します。
 アクティビズムと医学の両方で世界のエイズ対策史とかかわりの深いカリフォルニアのベイエリアでお会いすることが楽しみです。ベイエリアは基礎医学から治療、予防まで、それぞれの第一線で大きな成果を上げ、同時にアクティビズムの最前線で受け入れ難い政策を跳ね返してきたのです。オークランドとサンフランシスコのユニークな協力関係を通し、一つのコインの両面を示すことができます。サンフランシスコが達成した成功とオークランドがいまなお直面する苦闘の両面です。
 会議のホストシティやホスト国はそれぞれ入国管理の問題を抱えていました。そして米国では特別の課題に直面していることも認識しています。しかし、政治に強く関与することが会議の意義を支えることにもなります。カリフォルニア州は比類なき政治のリーダーシップを示してきました。カリフォルニア、とりわけオークランドとサンフランシスコには、移民政策や難民受け入れを含め、不当な政策に抵抗してきた長い歴史があります。
 ベイエリアがAIDS2020の開催都市に選ばれたことは、米国内および世界のHIVに対する関心を全米的、国際的に高めるチャンスです。米国や他の国への入国を制限する不当な政策やスティグマと差別を温存させるような雰囲気に焦点を当て、改革をはかることも含まれています。HIVおよび有色人種や少数民族、経済的に困窮している人を含めHIVに最も大きな影響を受けている人たちのことを政治の中心的課題として議論することができる稀有な時間になります。簡単なことではないでしょうが、偏見や人種差別、性差別、孤立主義などと闘う際には、これまで常にやってきたように、力を合わせ、課題として取り上げることはできます。
 同じゴールに到達するために異なる方法をとることは認めるにしても、私たちのコミュニティに力を与える基盤になっているのは、互いに信頼しあうことなのです。私たちが闘っているのは、HIVとの闘いであり、AIDS2020のCCCは皆さんがそこに結集していただけることを期待しています。



An open letter from your AIDS 2020 Conference Coordinating Committee
posted on 10/23/2018 7:06:00 AM

We are proud of the communities we are – people living with HIV; men who have sex with men, transgender people, and other LGBTQI people; racial and ethnic minorities, indigenous people, immigrants and refugees; sex workers and people who inject drugs. We are scientists, clinicians and community advocates. We represent an international community, a United States and other countries around the globe that are resisting divisive politics and united in this historic and collective fight to end the HIV epidemic. Within the United States, we represent Oakland, San Francisco, southern states and major cities across the nation. In this capacity, we are honoured to assume the responsibility as the leadership body of the 23rd International AIDS Conference (AIDS 2020) and take on the role of the Conference Coordinating Committee (CCC).
In just under two years, our HIV community will gather in Oakland and San Francisco for AIDS 2020 which comes at a critical moment in the global fight against HIV. Moreover, this conference is occurring at a critical point in the history of the host country, the United States. Never has it been more important to make our collective voices heard.
With great challenge comes great opportunity. We know from experience that the conference has the power to unite diverse voices to confront harmful policies and draw international attention and resources to ending the epidemic. We came together in Vancouver in 1996 to usher in the HAART era. We came together in 2000 to face AIDS denialism in South Africa. Now, the selection of the US is giving us the opportunity to stand up and seize this moment – and leverage this powerful platform – as a united community and to drive meaningful change.
We had broad community support from organizations and persons living with HIV in San Francisco and Oakland to hold the meeting in the Bay Area. Moreover, key political leaders in California all committed their support to AIDS 2020. We believe in this opportunity so much that we are committing our time over the next two years to fulfil important roles within the AIDS 2020 CCC and to make this committee one that is responsive to the needs of all people living with and at-risk for HIV.
In assuming our roles on the CCC, we commit to planning an impactful AIDS 2020 agenda that allows us to celebrate and learn from our successes while constantly pushing for advances in science, programmes and policy. Over the coming months, we will be seeking your input, and working closely with the International AIDS Society and partners to ensure that the conference is as accessible as possible to all who wish to attend. We are committed to a global gathering that gives a voice to all communities, shares solutions, and advances the conversation to end this epidemic.
We are excited to head to the Bay Area of California, a part of the world deeply entwined with the history of the global AIDS response – an international hub of both activism and science. The Bay Area has been at the forefront of advances from basic science to treatment and prevention breakthroughs and has been at the frontlines of advocacy, fighting back against unacceptable policies. Through the unique partnership of Oakland and San Francisco we can show two sides of the same coin—the successes that San Francisco has had and the struggles that Oakland is still facing.
Every host city or country comes with its own immigration challenges and we recognize the specific challenges we will face in the US. However, strong political commitment is the backbone of a meaningful and impactful conference. It was the unparalleled political leadership demonstrated by the State of California that helped secure the bid. California, and Oakland and San Francisco in particular, have a long history of resisting unjust policies, including immigration reform and refugee quotas.
With the selection of the Bay Area for AIDS 2020, we have the chance to elevate US and global HIV concerns on to the national and international stage. That includes shining a spotlight on and working to reform unjust policies that restrict entry into the US and other countries and perpetuate a climate of stigma and fear. This is a rare moment to put HIV and those most affected, including people of colour, minorities and the economically disadvantaged, at the centre of political discussion. It won’t be easy, but we will rise to the challenge and work together – as we always have – on fighting prejudice, racism, sexism and isolationism wherever it happens
While we recognize that we take different approaches to achieve the same goal, what has fundamentally made our community strong was the mutual underlying respect for one another. We are all fighting the same fight against HIV and we look forward to joining forces as the AIDS 2020 CCC to do this together.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック