『HIV2020:コミュニティは地球規模で対策の再生を求める』

(解説)トランプ米政権の排外主義的移民政策を批判し、2020年の第23回国際エイズ会議(AIDS2020)の開催地を米カリフォルニア州のサンフランシスコ、オークランド両市から米国外に移すことを求めていたアクティビストグループが、対抗手段としてAIDS2020開催期間中にメキシコシティでHIV2020という代替会議を開催することを発表しています。
 https://www.hiv2020.org/
 その公式サイトの一部を日本語に訳しました。あくまで私的な仮訳です。

HIV2020
コミュニティは地球規模で対策の再生を求める
 2020年7月6~8日、メキシコシティ、メキシコ(注:AIDS2020は7月6~10日)

HIV2020とは何か
 世界的なキーポピュレーション主導のネットワークやHIV陽性者ネットワーク、治療アクティビスト、そしてサポーターの人たちがコミュニティ主導の国際的代替イベントを組織するために連合体をつくりました。
タイトルはHIV2020:コミュニティは地球規模で対策の再生を求める。2020年7月6~8日にメキシコシティで開催を予定しています。国際エイズ会議の前半と同じ日程です。
 2020年に米国に入国し、AIDS2020に参加できない個人が安心して参加できるコミュニティ主導の代替イベントをHIV2020連合が開催するのです。地球規模のHIV対策におけるコミュニティの主導的な役割を再確認するイベントでもあります。

HIV2020会議はなぜ必要か
 ドナルド・トランプ大統領が選ばれて以来、米国の人権状況は悪化しています。中東やアフリカ、カリブ・ラテンアメリカ地域からの移住者、有色人種、薬物使用者、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人たち、セックスワーカックスワーカーや薬物使用者に対する法的な規制があることが、私たちのコミュニティの入国を困難にしています。
 米国内のHIV陽性者ネットワークを含む世界のコミュニティ擁護団体が提言したにもかかわらず、国際エイズ学会(IAS)は2020年の次期国際エイズ会議を米国内で開催することを決めています。この決定により、世界各地のHIV運動がジレンマに直面し、HIV対策のメインストリームの担い手たちは中東、アフリカ、カリブ・ラテンアメリカ地域出身者、薬物使用者、セックスワーカー、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人たちに対する差別的な入国管理政策を唯々諾々と受け入れる姿勢であることが明らかになりました。
 この決定はまた、世界のHIV対策への投資が縮小する中で、何百万ドルもの費用をかけ大規模会議を開くことがコミュニティにとって本当に重要で妥当なものなのかどうかという疑問を改めて浮上させるものでもあります。治療費およびスティグマ、差別暴力、犯罪視といったHIV予防、ケア、支援に対する障壁は世界中でHIV対策を妨げているのです。



HIV2020
Community Reclaiming the Global Response
 July 6-8, 2020 • Mexico City, Mexico

What HIV2020 Is All About
An alliance of global key population-led networks, networks of people living with HIV, treatment activists, and our supporters, has formed to organize an alternative international community-led event.
Titled, HIV2020: Community Reclaiming the Global Response, the event is scheduled to take place in Mexico City, July 6-8, 2020, and will run concurrently with the first half of the international AIDS conference.
The HIV2020 alliance has decided to organize the community-led event to provide a safe alternative for individuals who cannot or will not enter the U.S. in 2020 or who cannot afford to attend AIDS2020. It will also offer new opportunities to reaffirm the leading role communities play in the global HIV response.


The Need for an HIV 2020 Conference
Human rights conditions in the United States of America (U.S.) have worsened, since the presidential election of Donald Trump. This is especially true for immigrants from Middle Eastern, African, Caribbean and Latin American countries, as well as for people of color, people who use drugs, lesbian, gay, bisexual and transgender people, and sex workers. Legal travel restrictions imposed by the U.S. on sex workers and people who use drugs, will make it very difficult for our communities to enter the country.
Against the recommendations of community advocates worldwide, including the national networks of people living with HIV in the U.S., the International AIDS Society (IAS) chose the U.S. as the site for its next International AIDS Conference in 2020. Their decision creates a dilemma for many in the global HIV movement and reveals a willingness by mainstream HIV actors to tolerate the discrimination of people from Middle Eastern, African, Caribbean and Latin American countries, people who use drugs, sex workers, transgender people in U.S. immigration and travel policies.
The decision also resurfaces questions about the importance and community-relevance of large, multi-million-dollar conferences in the face of shrinking investment in the global HIV response. The costs of medicines and other barriers to HIV prevention, care, and treatment services like stigma, discrimination, violence, and criminalization, continue to plague the HIV response worldwide.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック