『HIV関連のスティグマと差別をなくす世界パートナーシップが発足』

(解説) 12月10日は国連総会が人権宣言を採択して70周年の記念日ということで、ジュネーブでは記念行事が開かれ、その席上で『あらゆるかたちのHIV関連スティグマ・差別を解消するための世界パートナーシップ』が発足しました。このことを伝えるUNAIDSのFeature storyの日本語仮訳です。


HIV関連のスティグマと差別をなくす世界パートナーシップが発足
 2018年12月10日 UNAIDS Feature story

 人権尊重の責務と約束があるにもかかわらず、HIV関連のスティグマと差別は依然、
世界中のすべての社会に広がっている。
 スティグマと差別への対応をより強化することを求め、市民社会が2017年に呼びかけたことを受け、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、UN Women、国連開発計画(UNDP)および世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)はあらゆるかたちのHIV関連スティグマ・差別を解消するための世界パートナーシップの招集に同意した。
 世界パートナーシップは国連人権宣言採択70周年の12月10日、スイスのジュネーブで開かれた記念イベントの席で発足した。イベントには、タイ国連ジュネーブ代表部のファンポブ・プラングプレヨーン次席大使、マラウィのダン・ナマリカ保健長官、ポルトガルのラクエル・デュアルテ保健副大臣、UNAIDS調整理事会(PCB)コミュニティ代表のシムラン・シャイク氏らがスピーチを行った。
 パネリストらは、世界パートナーシップが焦点を当てるべき分野-保健、教育、職場、家庭、司法制度、人道危機状態-で、HIV関連のスティグマと差別の解消に効果があることが証明されているプログラムを示した。
 「このパートナーシップは加盟国が約束したことを実現に移し、すべての人がHIV関連の権利を享受できるようにするために、有効性が証明され、資金が裏付けられたプログラムを進めていくことです」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は述べた。
 「世界HIV陽性者ネットワークは、この画期的なパネルの共催者となったことをうれしく思います。このパネルはHIV関連のスティグマと差別に対応するコミュニティの最善の戦略を世界全体が責任をもって実行していける目標へと変えていくことができます」とGNP+のハビエル・ウリケイド・ベロク理事長はいう。
 HIV陽性者や若者、キーポピュレーションの人たちは、ジェンダーや性自認、人種、民族、年齢、薬物使用、性的指向、移住などを理由にした差別を経験している。こうした幾重にも重なるスティグマと差別がHIVに対する脆弱性を増し、健康や就労や教育などの権利を損なっているのだ。
 イベントの最後には、UNAIDSのPCBの非政府組織代表団が、共同スポンサー機関や加盟国政府、市民社会、キーポピュレーション、コミュニティ、パートナーに対し、世界パートナーシップに加わり、HIV関連のスティグマと差別を解消するための各国の具体的な行動をリードし、支援するよう呼びかけた。




Feature story
Launch of a global partnership to eliminate HIV-related stigma and discrimination
10 December 2018
Despite the existence of human rights obligations and policy commitments, HIV-related stigma and discrimination continues to be widespread around the world and in all sectors of society.
Following a call from civil society in 2017 to accelerate and scale up action to address stigma and discrimination, UNAIDS, UN Women, the United Nations Development Programme and the Global Network of People Living with HIV (GNP+) agreed to co-convene the Global Partnership to Eliminate All Forms of HIV-Related Stigma and Discrimination.
The global partnership was launched on 10 December on the 70th anniversary of the adoption of the Universal Declaration of Human Rights, during an event in Geneva, Switzerland. The panel of people speaking at the event included Phanpob Plangprayoon, the Deputy Permanent Representative of Thailand to the United Nations Office and Other International Organizations in Geneva, Dan Namarika, the Secretary for Health of Malawi, Raquel Duarte, the Deputy Minister of Health of Portugal, and Simran Shaikh, a community representative to the UNAIDS Programme Coordinating Board (PCB).
The panellists presented programmes that have proved to be effective in reducing HIV-related stigma and discrimination in the areas in which the global partnership will focus—health care, schools, the workplace, the family, justice systems and emergency and humanitarian settings.
“This partnership aims to translate Member States’ commitments into well-resourced programmes that are proved to work and that can result in the enjoyment of HIV-related rights for all,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS.
“The Global Network of People Living with HIV is pleased to be a co-convenor of this critical and ground-breaking global partnership that seeks to transform our communities’ best strategies for addressing and measuring HIV-related stigma and discrimination into actionable and accountable global targets and goals,” said Javier Hourcade Bellocq, GNP+ Board Chair.
People living with HIV, adolescents, young people and key populations experience discrimination, including discrimination based on their gender and gender identity, race, ethnicity, age, drug use, sexual orientation and migration status. These added layers of stigma and discrimination increase their vulnerability to HIV and undermine their rights, including the right to health, work and education.
At the end of the event, the UNAIDS PCB nongovernmental organization delegation called on Cosponsors, Member States, civil society, key populations, communities and partners to join the global partnership and lead and support concrete country actions and investments to end HIV-related stigma and discrimination.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック