『ヨーロッパにおける曝露前予防服薬(PrEP)の提供とモニタリングに必要な最低基準』

(解説)スウェーデンのストックホルムで11月15、16日の2日間、『EU/EEAにおける曝露前予防服薬:PrEPサービスの提供とモニタリング:最低基準と主要原則』と題した会議が開かれ、PrEP提供者や利用者がヨーロッパでのPrEP普及に向けた課題を議論しました。その会議の模様を伝えた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトの11月27日(火)付のFeature News《Call for minimum standards of PrEP provision and monitoring in Europe》を日本語仮訳で紹介します。



ヨーロッパにおける曝露前予防服薬(PrEP)の提供とモニタリングに必要な最低基準
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/november/20181126_Prep
 2018年11月27日、UNAIDS フィーチャーストーリー

 曝露前予防服薬(PrEP)は正しく使用すれば - つまりHIV感染の可能性が高くなる時期には1日1回の服薬を続ける、あるいはゲイ男性など男性とセックスをする男性では性行為の前と後にいわゆる行為対応型のPrEPを行う - HIV予防に高い効果がある。
 PrEPを提供している西欧の数都市では、ゲイ男性など男性とセックスをする男性の間での新規HIV感染診断数が減少している。しかし、ヨーロッパ全体でみるとPrEPへのアクセスや理解は、HIVの流行の行方を変えるだけの影響を与えるには至っていない。
 スウェーデンのストックホルムでは11月15、16日の2日間、『EU/EEAにおける曝露前予防服薬:PrEPサービスの提供とモニタリング:最低基準と主要原則』と題した会議が開かれ、ヨーロッパ22カ国の代表とPrEP利用者、コミュニティのHIV政策支援者らがPrEPの提供とモニタリングの強化について話し合った。
 ヨーロッパでは,ゲイ男性など男性とセックスをする男性はHIVの影響を最も大きく受けている。域内のPrEP利用者のほとんどはゲイ男性など男性とセックスをする男性で占められているが、その大多数は正式にPrEPのアクセスを得ているわけではなく、多くの人がオンラインで薬を入手し、医学的な支援とモニタリングを受けないままに服薬を続けている。

 《PrEPは曝露前予防服薬(pre-exposure prophylaxis)の略語で、HIV陰性の人がHIV感染を防ぐために抗レトロウイルス薬を服薬する予防法である》

 会議では、友好的で利用しやすい状態の下でPrEPを提供することが、人びとをHIV検査や他の性感染症の診断、治療への道を開いくという意見が出された。高度専門機関の枠を出て、PrEP利用者となり得るコミュニティの人たちと相談しながら提供を進めることがより広範な保健医療ケアの入り口となる。オンラインによる革新的なアプローチで、PrEPの服薬自己管理の改善や性感染症の診断、治療に関する情報などが提供される。
HIVの流行の進路を変えるにはPrEPの急速な拡大が必要であり、それに対応できるようにするPrEPプログラムの改善も進められている。必要な資金の増額を期待せずに進めていかなければならないこともしばしばあり、PrEP提供者の分散化、より広範な保健サービスとの統合が求められることになる。このため、サービス提供者にはPrEP提供に必要な最低限の安全基準を示しておかなければならない。
 PrEP使用のパターンは進化しており、毎日服用するPrEPと行為対応型のPrEPの間に明確な効果の差はないという点で、PrEP利用者とPrEP提供者の認識は一致した。次回のPrEP使用に備えた薬の補充やどんな時にHIV感染の可能性があるのかを判断する能力などがPrEPの方法選択の決定要因となる。誤ったPrEPの使用はHIV感染や薬剤耐性ウイルスの出現を促すことになるため、PrEPを効果的な中断、開始方法や毎日服用ではないPrEPを安全に利用するためのHIV検査のあり方などに関するガイドラインの策定が求められている。
 このため、会議では以下の3点が確認された。毎日服用ではない場合の安全性の確保を含め、PrEPプログラムの分散化に必要な原則と望ましい内容については協議文書をまとめる。モニタリングの基準に関する技術的な検証報告についてWHOとヨーロッパCDCが草案を作成する。PrEP医薬品の価格に関し、政府や利用者に対しどんな働きかけができるかを参加者全員が報告し、価格交渉に役立てるため域内のHIVプログラムで共有する。
 エイズ終結に関する2016年国連政治宣では、2020年までに300万人へのPrEP提供を約束しており、UNAIDSはその約束の実現に向け各国と協力して取り組んでいる。



Feature story
Call for minimum standards of PrEP provision and monitoring in Europe
27 November 2018
Pre-exposure prophylaxis (PrEP) is highly effective at preventing HIV infection when it is taken correctly—once a day during times when the likelihood of becoming infected with HIV is very high, or, for gay men and other men who have sex with men, before and after sexual activity, so-called event-driven PrEP.
Several western cities that offer PrEP have seen a drop in the number of diagnoses of HIV among gay men and other men who have sex with men, but overall PrEP access and uptake in Europe is not yet sufficient to affect the course of the HIV epidemic.

How to improve the delivery of PrEP was the subject of a two-day meeting in Stockholm, Sweden, held on 15 and 16 November entitled Pre-Exposure Prophylaxis in the EU/EEA: PrEP Service Delivery and Monitoring: Minimum Standards and Key Principles. Representatives of 22 European countries joined together with PrEP users and community HIV advocates to seek ways to strengthen the provision and monitoring of PrEP.
Gay men and other men who have sex with men are the most affected by HIV in Europe. PrEP users in Europe are almost all gay men and other men who have sex with men, but the vast majority do not have formal access to PrEP. Consequently, among those taking PrEP, many access it online and take it with no medical support and monitoring.

PrEP is pre-exposure prophylaxis—the use of antiretroviral medicines to prevent HIV among people who are HIV-negative.

The meeting heard how the offer of PrEP in friendly and accessible settings can attract people to HIV testing and for diagnosis and treatment of other sexually transmitted infections. Taking PrEP provision out of highly specialized centres, in consultation with communities of potential PrEP users, provides a gateway to broader health care. Innovative online approaches to improve PrEP self-management and sexually transmitted infection diagnosis and treatment were presented.
Maturing European PrEP programmes are leading on ways to achieve the equitable and rapid scale-up of PrEP that is needed for there to be an impact on the HIV epidemic. Decentralization of PrEP provision and integration with broader health services often has to be achieved without an increase in funding. Service providers are therefore looking for guidance on minimum safe standards for PrEP provision.
PrEP users and PrEP providers agreed that the patterns of PrEP use are evolving, with no clear distinction between daily and event-driven PrEP. Factors such as the ability to afford the next PrEP refill, and improved identification of times when there will be a high chance of acquiring HIV, are increasingly determining how PrEP is being taken. Incorrect PrEP taking can result in people becoming infected with HIV or lead to the development of resistance to the PrEP medicines. Therefore, the meeting participants called for guidelines on how to effectively stop and start PrEP and the HIV testing regimens to follow for this type of non-daily PrEP use to be safe.
Three actions were identified during the meeting. A consultation paper will be developed on essential and desirable components and principles of a decentralized PrEP programme, including safe non-daily use. A technical review of standardized monitoring will be drafted by the World Health Organization and the European Centre for Disease Prevention and Control. And all meeting attendees are being asked to give what details they can on pricing of PrEP medicines to governments and consumers, which will be shared between European HIV programmes in order to strengthen price negotiations.
UNAIDS is working with countries to ensure that the commitment in the 2016 United Nations Political Declaration on Ending AIDS to reach 3 million people with PrEP by 2020 is met.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック