『アジア太平洋地域の新たなデータ・ダッシュボードを開設』 UNAIDS

(解説) ダッシュボードというのは車の運転席から見ることのできる計器盤などを示す単語のようですね。背景をよく知らないので、推測しながら訳しましたが、アジア太平洋地域のHIV/エイズ関連の様々なデータを集めたデータハブというのがすでにあって、それらのデータを図やグラフ、一覧表などで表示する「計器盤」ができましたという特集記事のようです。
 データハブについてはこちらをご覧ください。
 https://www.aidsdatahub.org/
 トップページの右側にクリックして地図やグラフなどに跳べるダッシュボードがあります。
話をもとに戻して、UNAIDSの紹介記事はこちら。
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/november/new-data-dashboard-launched-in-the-asia-and-the-pacific-region
 以下、その日本語仮訳です。



アジア太平洋地域の新たなデータ・ダッシュボードを開設
   2018年11月2日 Feature Story

 エイズ・データハブにあるアジア太平洋地域のHIV情報をより戦略的に活用するための新たなデータ・ダッシュボードが10月30日、開設された。
 UNAIDSが開発したこのプラットフォームはHIV疫学とエイズ対策に関連するデータと指標を地図やグラフ、図表、ファクトシートなどでビジュアル化し、国別、キーポピュレーション別に利用できる。また、統合した分析や個別のデータへのアクセスもしやすく、HIVに関連した戦略的情報の収集と分析、資料照会などが一か所でできるようになっている。
 「2030年のエイズ流行終結に向けた具体的なターゲットに合わせるには、アジア太平洋地域が2016年の政治宣言で約束したエイズ終結の軌道に乗っているかどうかを確認しなければなりません。データは、これまでにどこまで成果が上がり、これからどんな課題に取り組まなければならないかを示すものです」とUNAIDSアジア太平洋地域サポートチームのイーモン・マーフィ所長はいう。
 HIVの流行に関する正確で信頼度の高いデータはエイズ対策の基盤となる。流行状況を詳しく把握できるのは、長年にわたるデータの収集と分析と提供の結果であり、それが必要な時に必要な人と場所に適切なプログラムを提供する助けとなる。各国がエイズ終結に向けて成果を上げるには、エイズ対策に関する質の高いデータを集め、分野横断的な分析を進めることが不可欠となっている。
 UNAIDSとデータハブチームは、域内の各国と協力し、エイズ対策に関するデータを収集、分析し、戦略的な情報を作成、活用できるよう各国の能力強化を助けてきた。域内ではUNAIDSが収集、発表してきたデータに言及せずに報告書を作成したり、スピーチを行ったりすることはできない。
 データハブチームは市民社会、とりわけ若年層のデータリテラシーを高めるために緊密な協力を行っている。「調査とデータは、コミュニティにおける生きた経験とともに、効果的なHIV対策に必要なエビデンスを提供することになります。エイズ・データハブはコミュニティベースのワーカーが、よりよいサービスと資金、プログラムの拡大を求めていくために不可欠なツールとなっているのです」とAPCOMのミッドナイト・プンカセットワタナ事務局長はいう。


Feature story
New data dashboard launched in the Asia and the Pacific region
02 November 2018
A new data dashboard to enhance the HIV strategic information products that were already available on the AIDS Data Hub for the Asia and the Pacific region was launched on 30 October.
Developed by UNAIDS, the platform allows users to visualize data and indicators related to HIV epidemiology and the AIDS response in the region through customizable maps, graphs, tables and fact sheets by indicator, country and key population. It also facilitates integrated analysis and gives access to granular data. The data dashboard is a one-stop shop that offers HIV-related strategic information, data analysis products and reference documents.
“With concrete targets to be met on the way to end the AIDS epidemic by 2030, it is vital to have the right data tracking whether the Asia and the Pacific region is on course to meet the commitments made in the 2016 United Nations Political Declaration on Ending AIDS. Data show us how far we have come and how far we have to go,” said Eamonn Murphy, Director of the UNAIDS Regional Support Team for Asia and the Pacific.
Accurate and credible data on the HIV epidemic are the cornerstone of the AIDS response. Over the years, a detailed understanding of the HIV epidemic has been built up through the collection, analysis and dissemination of data, helping programmes to reach the right people in the right place and at the right time. Having high-quality data on the AIDS response coupled with cutting-edge analysis has been critical for countries to track their progress towards ending the AIDS epidemic.
UNAIDS and the Data Hub team work with all the countries in the region to collect and analyse data on their AIDS responses and to help build their capacity to generate and use strategic information. In the region, no major report, speech or policy initiative on HIV is launched or made without referring to data collected and released by UNAIDS.
The Data Hub team works closely with civil society, particularly on strengthening the capacity of young community members on data literacy and the interpretation and use of data. “Research and data, coupled with the lived experience of our community, provide the evidence we need for an effective response to HIV. The AIDS Data Hub is an essential tool for helping community-based HIV workers across the Asia–Pacific region access relevant research and data to amplify their advocacy for better services, more funding and the scaling up of programming,” said Midnight Poonkasetwattana, the Executive Director of APCOM.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック