エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『コフィ・アナンが残したエイズ対策のレガシー』 UNAIDS

<<   作成日時 : 2018/08/23 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説)コフィ・アナン元国連事務総長が8月18日、死去しました。20世紀末から21世紀にかけての世紀移行期に国連のトップとして、世界の平和や人権の尊重、貧困の解消といった課題に果敢に取り組み、大きな功績を残してきました。もちろんその努力のすべてがうまくいったということはできません。2001年9月の米中枢同時テロをはさみ、世界はより大きな困難に直面して現在に至っているのですが、そのことでアナン氏を過少に評価することもまたできません。
 多方面にわたるアナン氏の功績の中でも、とりわけ大きな成果を上げたのは21世紀の最初の10年間のHIV/エイズ対策への貢献だったのではないでしょうか。
 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は8月20日、公式サイトでミシェル・シディベ事務局長による追悼文『Kofi Annan’s AIDS legacy』を掲載しました。その日本語仮訳です。



コフィ・アナンが残したエイズ対策のレガシー 
   2018年8月20日 UNAIDS事務局長、ミシェル・シディベ
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/august/kofi-annan-aids-legacy

輝けるアフリカの星が消えました。アフリカの心を持つ世界市民であったコフィ・アナン氏は、人間性の最も素晴らしいかたちを象徴する存在でした。民衆を動かし、問題を解決し、変化を生み出す人だったのです。
 20世紀から21世紀への移行期は、エイズ否認主義がピークに達した時期でした。アナン氏がそれを打破する力になりました。「アフリカでは昨年、この大陸のすべての戦争による死者よりも多くの人がエイズで亡くなっています。エイズはこの大陸における最も大きな危機であり、各国政府は何らかの対応を迫られています。エイズの流行を恥と感じ、沈黙で対応する状態に終止符を打たなければならないのです」と2001年に述べています。
 1997年にアナン氏が国連事務総長に就任した当時、エイズの流行はすでに恐るべき状態でした。世界のHIV陽性者数は約2300万人に達し、年間320万人が新たにHIVに感染し、命を救える治療へのアクセスはごく限られた人にしか確保できていなかったのです。
世界の指導者たちに対し、アナン氏は腰を低くし、慇懃な言葉で外交的説得を試みました。だが、それではメッセージがうまく伝わらないことが分かると、今度は遠慮なく、はっきりと物を言うようになりました。「友よ、どうしたらこの流行を変えられるのか、私たちにはもう分かっています。それぞれの国の大統領や首相や国会議員や政治家の皆さんが肚をくくり『一緒にエイズを止めよう、一緒にエイズを止めよう』と宣言することです」と彼は語っています。
 その指導力のもとで2000年には、国連安保理がエイズを国際安全保障上の脅威とする決議1308を採択しました。そして翌2001年にはHIV/エイズに関する国連特別総会が開かれています。一つの保健課題をテーマに世界の指導者が国連に集まる初の会議でした。
 2000年には世界のエイズ対策への投資は10億ドル以下でしたが、アナン氏はその当時、エイズ、結核、マラリアと闘うには少なくとも70〜100億ドルの戦費が必要だと呼びかけています。この呼びかけと、世界の指導者に対する彼のたゆみないロビーイングが、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)創設の道を開き、何百万、何千万という人の命を救うことになったのです。十分な資金確保を助けるため、アナン氏はその後もグローバルファンドのパトロンであり続けました。
 エイズの流行の拡大に歯止めをかけ、縮小に転じるというのはミレニアム開発目標(MDGs)のターゲットのひとつであり、同時に2001年のHIV/エイズに関する国連コミットメント宣言でもHIV予防のターゲットが示されました。ただし、この時には治療のアクセスに関する具体的なターゲットは示されていません。抗レトロウイルス薬の価格は当時、天文学的に高かったのです。製薬会社と交渉し、アナン氏は実質的な価格引き下げの道を開く力になりました。命を救うために必要な抗レトロウイルス薬の価格が2018年には一人当たり年間60ドルにまで下がっているなどということは、2001年の段階で誰が信じられたでしょうか。でも、いまは約2100万人がHIV治療を受けています。
 アナン氏は国連事務総長としての自らの力を巧みに活用しました。HIVにつて正確な知識を持っている人は30%にも満たないことを知った時には、さっそくメディアの指導者を集め、世界メディア・エイズ計画の立ち上げる力になっています。その結果、世界中の公共、民間メディアにより、公益目的のエイズ啓発プログラムが何百時間分も作られました。アナン氏自身もHIVに影響を受けている子供たちへのスティグマと差別をなくすため、セサミストリートでHIV陽性のキャラクターと共演しています。
 彼の心はHIVに影響を受けている人たちとともにありました。HIVの流行のリアリティを直視していたのです。女性・女児の地位が向上しなければ本当の変化は生み出せないということを知っていました。「女性・女児がもっと力をつけ、自信を持ち、社会のすべてのレベルで女性と男性との関係を変えていくようなリアルで前向きな変化が必要です」と彼は語っています。「女性のための資金を拡大し、女性の力になれるように法律を改正し、より多くの女性が政策決定の場に参画できるようにする必要があります。あなたたちすべてが、このセッションだけでなく、そして今年や来年だけでなく、流行が縮小に転じるようになるまでは常に、エイズとの闘いを自らの最優先事項にしなければなりません」。
 彼は多様性を大切にしていました。セックスワーカーやゲイ男性など男性とセックスをする男性、薬物使用者、トランスジェンダーの人たちの権利についてはっきりと語る人でした。「最も弱い立場の人たちを守れるようにならなければいけません。頭を砂の中に突っ込み、こうした人たちが存在してるのを見ないようにしたり、この人たちが助けを必要としていないかのごとく装ったりしていたのでは、流行の終結を目指して闘うことはできません」と彼は語りました。「この人たちを助けるために行動しなければなりません。行動への認識を妨げる試みに対しては、いかなるものであっても闘うのです」
 アナン氏はUNAIDSに特別な思いがありました。私たちと話をする時間を作り、エイズ対策の進捗状況を把握し、自らのスピーチを集めた著書『We the peoples: a UN for the twenty-first century』の印税をUNAIDSに寄付しています。4週間前に昼食を共にしたとき、彼はUNAIDSの成果を喜ぶと同時に、対策が私たちの野心的な目標を達成できるペースでは進んでいないことを憂慮していました。
 20年前、彼はエイズの影響について、人間開発の歴史における単一では最も大きな反転現象であり、私たちの世代にとっては最大の試練となっていると述べています。私はアナン氏が2016年にUNAIDSリーダーシップ賞を受けた時の受賞の言葉を思い出します。「私たちがこれまで、極めて大きな成果をあげてきたことは確認できます。でも闘いはまだ終わっていません。私たちは引き続き困難に挑み、勝利の日が来るまでは毎朝、毎朝、繰り返し闘う姿勢を確認し続ける必要があるのです」
 エイズの流行が終わるまで、UNAIDSは休むことなく闘い続けることを約束します。それがアナン氏から託された約束なのです。


Kofi Annan’s AIDS legacy
20 August 2018
By UNAIDS Executive Director Michel Sidibé

A shining light of Africa has passed away. An African at heart, but a global citizen, Kofi Annan symbolized the best of humanity. He was a rabble-rouser, a troubleshooter and a change-maker.
At the turn of the century, AIDS denialism was at its peak. Mr Annan helped to break it. “More people have died of AIDS in the past year in Africa than in all the wars on the continent. AIDS is a major crisis for the continent, governments have got to do something. We must end the conspiracy of silence, the shame over this issue,” he said.
When Mr Annan began his term as the new United Nations Secretary-General in 1997, the outlook for the AIDS epidemic was bleak—some 23.3 million people were living with HIV, there were 3.2 million new HIV infections and access to life-saving treatment was only available to a privileged few.
He cajoled world leaders, humbly, diplomatically, and when the message did not sink in he spoke out publicly and forcefully. “Friends, we know what it takes to turn the tide against this epidemic. It requires every president and prime minister, every parliamentarian and politician, to decide and declare that 'AIDS stops with me. AIDS stops with me,'” he said.
Under his leadership, in 2000 the United Nations Security Council adopted resolution 1308, identifying AIDS as a threat to global security. In 2001, the United Nations General Assembly Special Session on HIV/AIDS was held—the first-ever meeting of world leaders on a health issue at the United Nations.
In 2000, at a time when less than US$ 1 billion was being invested in the AIDS response, he called for a war chest of at least US$ 7–10 billion for AIDS, tuberculosis and malaria. That call, and his concerted lobbying of world leaders, led to the creation of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, which went on to save millions of lives. Mr Annan remained a patron of the Global Fund, helping to ensure that it is fully funded.
The Millennium Development Goal of halting and reversing the spread of AIDS and the 2001 United Nations Declaration of Commitment on HIV/AIDS set HIV prevention targets, but did not set concrete targets for access to treatment. At the time, the cost of antiretroviral medicines was astronomically high. Sitting down with the pharmaceutical industry, Mr Annan helped to pave the way for an eventual reduction in their prices. Who could have believed in 2001 that the cost of life-saving antiretroviral medicines would fall by 2018 to as low as US$ 60 per person per year. Today, some 21 million people are on HIV treatment.
Mr Annan deftly used his convening power for good. When he learned that less than 30% of people had knowledge of HIV, he brought together media leaders and helped to launch the Global Media AIDS Initiative. As a result, hundreds of hours of AIDS awareness programmes were run pro bono by public and private media companies around the world. Mr Annan even appeared with an HIV-positive Sesame Street character, helping to reduce stigma and discrimination against children affected by HIV.
His heart was with people affected by HIV. He saw first-hand the realities of the HIV epidemic. He knew that real change came when women and girls were empowered. “It requires real, positive change that will give more power and confidence to women and girls and transform relations between women and men at all levels of society,” he said. “It requires greater resources for women, better laws for women and more seats for women at the decision-making table. It requires all of you to make the fight against AIDS your personal priority not only this session, or this year, or next year, but every year until the epidemic is reversed.”
He embraced diversity. He was vocal about the rights of sex workers, gay men and other men who have sex with men, people who use drugs and transgender people. “We need to be able to protect the most vulnerable, and if we are here to try and end the epidemic and fight the epidemic, we will not succeed by putting our head in the sand and pretending that these people do not exist or that they do not need help,” he said. “We need to help them and we need to resist any attempt to prevent us from recognizing the need for action and assistance to these people.”
Mr Annan had a special place in his heart for UNAIDS. He made time for us, kept informed about the progress made in the AIDS response and donated the royalties from a book of his speeches, We the peoples: a UN for the twenty-first century, to UNAIDS. Four weeks ago, when I met with him for lunch, he expressed happiness over how far we had come but was equally concerned that the response was not keeping pace with the ambition we had set.
Two decades ago, he characterized the impact of AIDS as the single greatest reversal in the history of human development, the greatest challenge of our generation. I recall his words as he accepted the UNAIDS Leadership Award in 2016. “Today, we see tremendous progress, but the fight is not over. We must continue the struggle and wake up each morning ready to fight and fight again, until we win.”
At UNAIDS, we promise that we will not rest until the AIDS epidemic has ended. We owe it to him.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第121号(2018年9月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第121号(2018年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2018/10/04 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『コフィ・アナンが残したエイズ対策のレガシー』 UNAIDS エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる