『刑法とHIV科学に関する専門家合意声明』 UNAIDSプレスリリース

(解説)HIV/エイズ分野の世界的な研究者らが7月25日、HIV感染を犯罪として扱う法律や法執行に対するコンセンサス(合意)声明を発表しました。HIV非開示(例えば性行為などの際に相手に自らの感染を伝えないこと)、曝露、感染といった行為をそれだけで犯罪とみなす法律や政策について『HIVに対する刑法の過剰かつ不適切な適用は依然として世界に憂慮すべき事態をもたらしている』と強く警告しています。
 声明は国際エイズ学会誌(JIAS)にアブストラクト(要旨)と全文が掲載されています。
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/jia2.25161
 また、AIDS2018の会場で7月25日に行われた記者会見のプレスリリースがUNAIDSの公式サイトには掲載されています。以下、そのプレスリリースの日本語仮訳です。

   ◇

HIV関連の刑事事案への法適用は科学的知識をしっかり踏まえて判断することを司法警察システムに要請 世界の専門家が合意声明
 HIV曝露や感染リスクのないHIV陽性者に対する刑事訴追事案が科学者に声明発表を促し、司法警察システムがHIV非開示、曝露、感染に関する刑事訴追は科学的知識を踏まえて行うよう強く求めている
 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2018/july/science-application-law-criminal-cases-hiv

アムステルダム 2018年7月25日 HIV科学分野の世界的な専門家20人が、科学的な合意文書をコンセンサス声明(合意声明)として発表した。各国政府および法律、司法分野で働く人たちに対し、HIV科学分野の大きな進歩に注意をはらい、HIV関連事案の法執行に反映させるよう求めている。
 「ここ数年の科学的成果により、各国はエビデンスを踏まえたHIV対策の策定が可能になっています」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長は語る。「あらゆる科学的成果を活用し、正当な判断を下す必要があります。いかなる人も、司法システムがHIV感染のリスクに関する情報や理解を欠いているために罪に問われるようなことがあってはなりません」
 UNAIDS、国際エイズケア提供者協会(IAPAC)、国際エイズ学会(IAS)が招集した科学分野の専門家グループは、HIV陽性者に対する刑法の過剰かつ不適切な適用は依然として世界に憂慮すべき事態をもたらしていると警告している。約73カ国がHIV非開示、曝露、感染を犯罪とする法律を有し、39カ国は同様のケースを他の法規の条項で犯罪として扱っている。
 「これらの法律の多くは、コンドーム使用などHIVの感染可能性を下げる手段を考慮せず、抗レトロウイルス治療や曝露前予防服薬の予防効果が示される以前に制定されています」とIAPACのホセ・M・ズニガ理事長はいう。「自らの感染を知ったHIV陽性者のほとんどは、他の人にHIVが感染しないよう対策をとっています。したがってHIVの非開示、曝露、感染をそれはだけで犯罪とみなす法律は、HIV関連のスティグマを悪化させ、HIVサービスの利用を妨げることになるだけです」
 ほとんどの刑事訴追は、性行為によるHIV感染のリスクとみなされてきたものに対してなされている。かみついたり、唾を吐いたり、ひっかいたりといった行為が対象になることもある。刑事訴追や有罪判決は、感染の可能性に関する知識が欠如し、特定の科学的エビデンスを極端に拡大解釈していることがしばしばある。HIV治療と予防は大きく進歩しているのに、いまも社会に根深く残るHIV関連のスティグマや不安の影響を受けていることが多いのだ。
 不公正な刑事訴追をなくすための市民社会キャンペーン連合であるHIVジャスティス・ワールドワイドの運営委員会を代表して、HIVジャスティス・ネットワークのサリー・キャメロン上級政策アナリストは「関連分野の世界的専門家による合意声明を支持します」と語る。「HIV陽性者に対し不当な刑事訴追を行い、厳罰を科そうとするHIV犯罪化の傾向は世界的に広がりつつある現象です。今回の歓迎すべき声明は、HIVに関する最新の科学的な理解が、基本的人権および法の原則と同様、こうした司法の誤用を支持するものではないことを示しています」
 査読を経た今回の合意声明は、世界からさらに70人の科学者の支持を得たうえで、国際エイズ学会誌(JIAS)で本日、発表された。刑法の観点からの理解を深められるよう、様々な状況におけるHIV感染の可能性、HIV感染の長期的な影響、HIV感染を証明する手段などについて説明している。
 声明はHIV感染と治療の効果について、現時点で得られる最善の科学的エビデンスに基づき次のように指摘している。
仮に少量の血液が唾液にまじっていたとしても、噛みついたり唾を吐いたりすることでHIVが唾液から感染するリスクはない。
セックスの際にコンドームを正確に使用するか、HIV陽性者の血液中のウイルス量が検出限界以下なら、感染のリスクはない、または無視できるものである。
 さらに、効果的な抗レトロウイルス治療、ウイルス量の抑制、曝露前予防服薬(HIV曝露の可能性があるときに、HIV陰性の人が事前に抗レトロウイルス薬を服用しておくこと)などはすべてHIV感染の可能性を大きく減らすことになる。
 刑法におけるHIV感染に関する国際ガイダンス(手引き)は「HIV感染に関する因果関係の証明は常に、医療記録、厳格な科学的方法、セックス歴を含む多数の関連情報源から得られたエビデンスに基づいて行うべきである」(HIV非開示、曝露、感染に関する過剰な犯罪化を止める:科学的、医学的、法的な検討の重要性)と勧告している。
http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/20130530_Guidance_Ending_Criminalisation_0.pdf

 専門家らは、刑事訴追を検討する際には、最新の科学的エビデンスに基づく周到なHIVリスクと被害の評価を含め、より注意深く判断する必要があることを強く勧告している。合意声明は、政策立案者、検察官、法廷が最新の科学的成果を踏まえること、その結果、刑法の誤用を避けられるようにする助けになることを期待している。それはすでに世界中の多くの国で起きていることでもある。



Leading experts call on the criminal justice system to ensure science informs the application of the law in criminal cases related to HIV
Prosecutions of people living with HIV for acts that pose no risk of HIV exposure or transmission prompt scientists to issue a statement urging the criminal justice system to use science when considering prosecution of HIV non-disclosure, exposure or transmission

AMSTERDAM/GENEVA, 25 July 2018—A group of 20 leading HIV scientists from around the world have issued a scientific consensus statement urging governments and people working in the legal and justice systems to pay close attention to the significant advances in HIV science to ensure that science informs the application of criminal law in cases related to HIV.
“Science has greatly advanced in recent years which has been critical in allowing countries to make evidence informed decisions in their HIV programming,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “With all the new scientific advances now available we need to continue to use science as evidence to deliver justice. No one should face criminalization because of a lack of information or understanding by the justice system about the risks of HIV transmission.”
The expert group of scientists, convened by UNAIDS, the International Association of Providers of AIDS Care (IAPAC) and the International AIDS Society, warn that an overly broad and inappropriate application of criminal law against people living with HIV remains a serious concern across the globe. Around 73 countries have laws that criminalize HIV non-disclosure, exposure or transmission, and 39 countries have applied other criminal law provisions in similar cases.
“Many of these laws do not take into account measures that reduce HIV transmissibility, including condom use, and were enacted well before the preventive benefit of antiretroviral therapy or pre-exposure prophylaxis was fully characterized,” said José M. Zuniga, IAPAC President and Chief Executive Officer. “Most people living with HIV who know their status take steps to prevent transmitting HIV to others. Laws that specifically criminalize HIV non-disclosure, exposure, or transmission thus primarily exacerbate HIV-related stigma and decrease HIV service uptake.”
Most prosecutions have occurred based on perceived risk of HIV transmission through sexual activity. Some have also occurred for biting, spitting or even scratching. Prosecutions, and convictions, have often been influenced by a lack of knowledge or appreciation of scientific evidence regarding the possibility of transmission of the virus. In many instances, they have been influenced by deep-rooted stigma and fear associated with HIV, which still exists despite the huge advances in HIV treatment and prevention.
“We support this globally relevant expert consensus statement, for which we have been long-time advocates,” said HIV Justice Network’s Senior Policy Analyst Sally Cameron, on behalf of the Steering Committee of HIV Justice Worldwide, a global civil society coalition campaigning to end unjust prosecutions. “HIV criminalization is a growing global phenomenon that unfairly targets people living with HIV through criminal prosecutions and harsh penalties. This welcome statement makes the case that our current understanding of HIV science, alongside key human rights and legal principles, does not support this miscarriage of justice.”
The peer-reviewed consensus statement, endorsed by 70 additional scientists from around the world, was released today in the Journal of the International AIDS Society. It describes scientific evidence on the possibility of HIV transmission under various circumstances, the long-term impact of HIV infection and the means of proving HIV transmission so that it is better understood in criminal law contexts.
Based on a detailed analysis of the best available scientific evidence on HIV transmission and treatment effectiveness, the statement notes that there is no possibility of HIV transmission through saliva as a result of biting or spitting, even where saliva contains small quantities of blood. There is no to negligible possibility of HIV transmission where a condom is used correctly during sex, or where a partner living with HIV has an undetectable viral load.
In addition, effective antiretroviral therapy, low viral load, the use of pre-exposure prophylaxis (antiretroviral drugs taken by an HIV-negative person before a possible exposure), or post-exposure prophylaxis (antiretroviral medicines taken after a possible exposure) all significantly reduce the possibility of HIV transmission.
International guidance on HIV in the context of the criminal law recommends that “proof of causation, in relation to HIV transmission, should always be based on evidence derived from a number of relevant sources, including medical records, rigorous scientific methods and sexual history” (Ending overly broad criminalization of HIV non-disclosure, exposure and transmission: critical scientific, medical and legal considerations).
The experts recommend strongly that more caution be exercised when considering criminal prosecution, including careful appraisal of current scientific evidence on HIV risk and harms. The consensus statement is expected to help policymakers, prosecutors and courts be guided by the best available science and thereby avoid the misuse of the criminal law, as is currently happening in many countries worldwide.
Read the full Expert Consensus Statement on the Science of HIV in the Context of Criminal Law.
 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第120号(2018年8月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第120号(2018年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2018-09-01 07:30