『アムステルダム宣言:人、政治、力』

(解説) 第22回国際エイズ会議(AIDS2018)が7月23日から5日間、オランダのアムステルダムで開催されます。会議の公式サイトにはそれに先立ち、The Amsterdam Affirmation: People, Politics, Power(アムステルダム宣言:人、政治、力)という文書が公表され、賛同者の署名を募っています。会議が始まれば、その成果文書として位置付けられ、賛同者署名は会議終了後も受け付けられるのではないかと思います。
 署名を検討する際の参考にしていただけるのではないかと考え、日本語仮訳を作成しました。「 Affirmation」には「確約」といった訳語がありますが、そこには強い声明ないしは宣言といった意味合いがあるので、今回はよりなじみやすい訳語として「アムステルダム宣言」を採用しました。
 あくまで翻訳者が個人的に作成した非公式な仮訳であり、文脈を考えて要旨のようなかたちで処理した部分もあります。誤訳もあるかもしれません。引用などをされる際には、正確性を期すためAIDS2018公式サイトの原文(英文)をご確認いただき、原文に基づいてご判断いただくようお願いします。


アムステルダム宣言:人、政治、力
http://www.aids2018.org/Get-Involved/Take-part/The-Amsterdam-Affirmation

 世界のHIVコミュニティが前回、ダーバンで2016年の国際エイズ会議を開催してからたくさんの変化がありました。科学の進歩により、体内のHIV量が検出限界以下なら感染しないということが広く受け入れられ、曝露前予防(PrEP)や治療提供の革新的な方法の普及が進み、治癒やワクチンの研究にも期待できる成果が上がっています。しかし、そうしたサクセスストーリーの一方で、予防対策の歩みは遅く、キーポピュレーションや若い女性・少女の新規HIV感染はいまなお増加しているのです。こうした人たちは依然として構造的なスティグマと暴力の大きな被害を受けています。ポピュリズムの台頭や疑わしい政策とリーダーシップ、財政難などにより、HIV対策は極めて危うい環境のもとにあるのです。エイズの流行は人と政治と力に大きく左右されます。私たちが合意している目標を達成し、ユニバーサルヘルスカバレッジを実現するには、それらの相互作用が極めて重要な意味を持つのです。


持続可能性を支える

グローバルヘルスの課題を伝える:
 性感染症(STIs)、結核、ウイルス性肝炎といった重感染症や併存症に対応できるサービスの提供は依然として大きな課題です。いまは活用できていない機会を生かして人間中心の統合的アプローチへの道を切り開き、ユニバーサルヘルスカバレッジの枠組みの中で何百万という人の健康状態を高めていくには、この壁を打ち破る必要があります。同時にこうした流行を終結に導くには、すべての人に良質で手ごろな価格の必須医薬品、診断薬、ワクチンを提供できるようにすることが大切になります。糖尿病や高血圧といった非感染症にも相乗効果が得られるような対策が必要です。

エビデンスを踏まえたプログラムを広げる:
 グローバル・ギャグ・ルールを含む「反科学主義」の拡大に直面しているとはいえ、科学は依然、中心的な役割を担い続けています。プログラムは実用本位で、人が生きている現実に対応し、質の高いデータをもとにしてそれぞれの地域の実情を把握したものでなければなりません。国、地域、コミュニティの各レベルに焦点を当てた予防プログラムが不可欠です。ハームリダクション(被害軽減策)や包括的性教育、曝露前予防(PrEP)や曝露後予防(PEP)含む性と生殖に関する健康プログラムは、すべての人が共有できるようにしなければなりません。

政治の関与を促す:
 政治がより積極的に関与し、資金および人的資源を確保することが、予防ワクチンの開発戦略や注射による長期持続型PrEP、HIV完治に向けた科学研究を進めるための鍵になります。また、しっかりとした医薬品安全監視システムを確立するうえでもそれが大切です。さらに、予防と治療のための国内資金を増やすためには政治的な意思と関与が重要であり、取締り中心の薬物政策から支援を重視する環境に変え、ハームリダクションへのアクセスを確保するうえでも必要になります。


排除に終止符を打つ

キーポピュレーションに焦点を当てる:
 ゲイ男性など男性とセックスをする男性、薬物使用者、受刑者など拘束状態に置かれている人たち、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たちは、依然としてHIVの影響を極端に大きく受けています。肯定的に力を伸ばしていく教育、就労、社会保障プログラムを通じて、可能性を切り開いていける環境は生み出す必要があります。GIPA原則の進めること、キーポピュレーションの存在を犯罪視し、スティグマと排除、差別を継続させるような法律や政策、法執行を撤廃することなどが、そうした対応に含まれます。

ジェンダーの不平等を解消し、性の権利をまもる:
 ジェンダーの不平等により、若い女性・少女はとりわけHIV感染に脆弱な立場に置かれています。様々な立場の女性がジェンダーの公平を実現できるようにするためのジェンダー変革的なアプローチが必要です。HIV対策を性と生殖に関する健康と権利のプログラムと統合すること、威圧的な態度やジェンダーに基づく暴力に対応し、男性・少年を巻き込みつつジェンダー平等を進める革新的な方法をとることが、社会レベルでの影響をもたらすアプローチとなります。

移住者や先住民など優先的に対応すべき人口集団のニーズを把握する:
 保健医療サービスへのアクセスが欠けていること、社会保障上の制限や社会的な排除があることがHIV感染への脆弱性を高める要因になります。このことは、移民や難民、先住民、少数民族といった人たちが実際に経験してきました。とりわけ保守的な状況のもとでは、国境を越えた保健医療サービスの提供計画や遠隔地住民への移動クリニック、「医療ツーリズム」の思い切ったとらえ方などを通じ、HIV関連サービスに対する構造的な障壁を取り除く努力が必要になります。


政策提言機能の強化

最前線の保健医療従事者に投資する:
 採用時および就労前、就労中の研修を含め、保健医療従事者が患者本位で質の高いケア、とりわけ若者に対するケアを提供できるようにするための投資を拡大する必要があります。最前線の現場、とりわけコミュニティで働く保健医療従事者は、HIVと他の保健サービスへの包括的なアクセスをすべての人に保障するため、ユニバーサルヘルスカバレッジと保健システム強化を支える動きの先頭に立ち、中心的役割を担うべき立場にあるのです。

コミュニティの対応能力の強化:
 アクティビストや政策提言者、サービス提供者がないがしろにされている場合には、政治の指導者に責任ある説明を求める存在として、こうした人たちの地位を再確認しなければなりません。すべての国において、サービス提供の場としてのコミュニティスペースには、適切な資金の確保と持続的な運営が可能になるよう支援を行う必要があります。とりわけ、政府にサービスの提供能力が欠けていたり、提供する気がなかったり、市民社会がないがしろにされていたりするところではそれが大切です。

人権の擁護にあたる人たちを支援する:
 研究者、次世代を担うヤングリーダー、政策提言者を含むHIVコミュニティは、例えば性的な暴力廃絶キャンペーンなど社会変革を求める多くの分野と共通の活動基盤を確保し、協力し合える場を生み出すことがますます必要になっています。他の運動との交流は、HIV陽性者やHIVに影響を受けている人たちが直面するスティグマや差別を解消していくうえで、その背景となる文化的な規範や認識、慣行の変化を促す道を大きく開くことになるでしょう。


 ここに署名を行った私たちは、HIV対策において最も脆弱性が高く、排除されがちな人たちが取り残されることのないよう、持続可能で相乗効果の高いプログラムの策定を支え、包摂性を重視し、科学者、研究者、市民社会など幅広い政策提言者の声をより大きく伝えていくという約束を再確認します。資金の確保や計画の実施を大きく妨げる保守的なイデオロギーがはびこる中で、アムステルダムを躍動的かつ包摂性が高く、多分野にまたがる対策に向けた機会としなければなりません。HIVへの対応を通し私たちは人間性に関する根本的な認識を深めてきました。そして、これまでの成果を生かす機会とその成果を失うリスクとの大きな分岐点において、私たちはこの貴重な教訓を忘れてはならないのです。
 私たちは言論の圧迫に屈することはできません。いまこそ人と政治、そして力が一つになり、より公正で包摂性の高い対策を進めていく必要があるのです。




The Amsterdam Affirmation: People, Politics, Power
Much has changed since the global HIV community convened at the previous International AIDS Conference in Durban in 2016. Advances in science have been significant, including widespread acceptance that HIV is untransmittable with an undetectable viral load, increased PrEP rollout, innovative treatment delivery methods and promising developments in cure and vaccine research. But while there have been success stories, prevention efforts continue to lag and new HIV infections are still on the rise among key populations and young women and girls. These groups continue to experience high levels of structural violence and stigma. Coupled with a rising tide of populism, questionable political commitment and leadership and declining financial resources, the HIV response is operating in a fragile environment. People, politics and power lie at the heart of the AIDS epidemic. How these intersect will continue to be critically important in achieving the agreed global targets and universal health coverage.


Supporting sustainability

Inform the global health agenda:
Silos in service delivery for co-infections, including STIs, TB and viral hepatitis, and co-morbidities remain. Breaking these down opens up under-utilized opportunities to improve health outcomes and scale up integrated, people-centred approaches within the framework of universal health coverage that could strengthen health outcomes for millions more. But to end these epidemics, access to quality and affordable essential medicines, diagnostics and vaccines for all will be critical. Non-communicable diseases like diabetes and hypertension will also require synergistic responses.

Scale up evidence-informed programming:
In the face of a growing “anti-science” agenda, including the expansion of the global gag rule, the role of science continues to be central. Programmes must be pragmatic, responding to individuals’ lived realities and addressing the local epidemic informed by quality data. Prevention programmes that are targeted at the national, regional and community levels will be essential. Common to all must be harm reduction, comprehensive sex education and sexual and reproductive health programmes that include PrEP and PEP.

Increase political commitment:
Strengthening political commitment and securing financial and human resources will be key to accelerating scientific research towards preventative vaccine strategies, long-acting and injectable PrEP and HIV cure research, as well as ensuring that solid pharmacovigilance systems are in place. Moreover, political will and commitment is necessary to scale up domestic resources for prevention and treatment and to change prohibitive drug policies into enabling environments that ensure access to harm reduction.


Ending exclusion

Focus on key populations:
Gay men and other men who have sex with men, people who inject drugs, people in prisons and other closed settings, sex workers and transgender people continue to be disproportionately affected by HIV. Enabling environments must be created through affirmative and empowering education, workplace and social protection programmes, including promotion of the GIPA principle and the removal of laws, policies and practices that criminalize and continue to stigmatize, marginalize and discriminate against key populations.

Promote gender justice and sexual rights:
Gender inequalities make young women and girls especially vulnerable to HIV. Efforts to achieve gender justice for women in all their diversity must include gender-transformative approaches that have impact at societal levels, integrating HIV and sexual and reproductive health and rights into programmes, addressing coercion and gender-based violence, and engaging men and boys in innovative ways to advance gender equality.

Address needs of priority populations, including migrants and indigenous people:
A lack of access to healthcare services, limited social protection and increased social exclusion are just some of the factors that contribute to the heightened vulnerability to HIV experienced by migrants, refugees, indigenous people and racial minorities. Structural barriers to HIV-related services must be addressed, including through effective cross-border health services initiatives, bringing mobile clinics into remote communities and challenging perceptions of “health tourism”, particularly in conservative settings.


Amplifying advocates

Invest in front-line healthcare workers:
Increased investments must be made in healthcare workers, including their hiring and pre- and in-service training, to ensure that they can provide quality and client-centred care, especially to adolescents and young people. Front-line and community healthcare workers, in particular, should also be front and centre in advocating for universal health coverage and health systems strengthening to increase access to comprehensive HIV and other health services for all.

Strengthen community responses:
Where activists, advocates and service providers are being sidelined, their place in holding political leaders to account must be reaffirmed. The community space in delivering services must be adequately resourced, supported and sustained in all country contexts, particularly where governments are not able or willing to provide services or where civil society is sidelined.


Support human rights defenders:
Increasingly, the HIV community, including researchers and the next generation of young leaders and advocates, needs to find common ground with, and mobilize in support of, other coalitions that inspire broader societal change, such as campaigns calling for an end to sexual violence. Standing together with other movements will be a way to change and challenge cultural norms, perceptions and practices to overcome the pervasive stigmatization and discrimination that people living with and affected by HIV face.

We, the undersigned, reaffirm our commitment to supporting sustainable and synergistic programming, promoting inclusion and amplifying the voices of a wide range of advocates, including scientists, researchers and civil society, to ensure that the most vulnerable and marginalized are not left behind in the HIV response. Despite prevailing conservative ideologies that bring significant funding and implementation challenges, we must seize the opportunity in Amsterdam to build bridges towards a more dynamic, inclusive and multi-sectoral response. HIV has taught us fundamental lessons about humanity, and we must not forget these lessons at this critical crossroads in the HIV epidemic where we have the opportunity to build on progress to date or risk losing the gains we have made.
We must not be gagged. Now, more than ever, we need people, politics and power to come together to deliver a more just and inclusive response.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック