『2018年HIVワクチン啓発デーにおけるNIH声明』

(解説) 5月18日の世界ワクチン啓発デーに米国立衛生研究所(NIH)の公式サイトに掲載されたニュースリリースです。ワクチン開発に関わる専門家の声明なので少々、翻訳に疑わしい部分があるかもしれませんが、日本語仮訳を作成しました。あくまで仮訳なので、怪しげなところは英文の声明と照合し、確認してください。

2018年HIVワクチン啓発デーにおけるNIH声明
    2018年5月18日
 アンソニー・ファウチ 米国立衛生研究所(NIH)アレルギー感染症研究所(NIAID)所長
 モーリーン・M・グッデナウNIHエイズ研究室長
https://www.niaid.nih.gov/news-events/nih-statement-hiv-vaccine-awareness-day-may-18-2018

 37年にわたる数多くの科学研究の成果により、私たちは極めて効果の高いHIV治療と予防の手段を手にしています。こうしたツールにより、米国内でも世界全体でもHIVがもたらした重圧は大きく軽減されたのです。
 抗レトロウイルス薬を毎日、服用する治療を続けることで、HIV陽性者は健康状態を保つことができます。また、治療によって体内のウイルス量を抑え続けられれば、他の人への性感染を防げるようにもなりました。HIV陰性の人が抗レトロウイルス薬を毎日1錠、服用する曝露前予防服薬PrEPには、指示通りに続けていればHIV感染の予防に高い効果があることも分かっています。男性器包皮切除やコンドーム使用、注射針交換プログラムなどのHIV感染予防策も、世界全体でHIV新規感染率を引き下げる助けになっています。
 それでもHIVは依然として、米国内および国外において、個人とコミュニティに大きな負担を強いています。2016年には世界全体で年間180万人が新規にHIVに感染しているのです。数学モデルによると、現時点で利用可能であり効果も高い予防と治療のツールがさらに普及していったとしても、HIV/エイズのパンデミックを終結に導けるほどには新規感染が減少しないことが示唆されています。本当にHIVパンデミックの終結を実現するには、安全で効果的なワクチンを開発しなければならないのです。
 NIAIDはHIVワクチン開発に向けた2つの補足的研究に取り組む世界の医療機関や研究室の医学者を支援しています。この実証的なアプローチは、先行研究の部分的な成果に基づき、ワクチン候補の開発をさらに進めるために、人の臨床試験で追加的な観察と実験を行っています。医学者たちは一定のタイプの免疫反応により、HIV感染が防げるという合理的な仮定に基づき、第二の、理論的なアプローチにも取り組んでいます。
 タイで行われた大規模RV144臨床試験により、控え目なものだったとはいえ、治験中のワクチン候補に一定の予防効果があることが2009年に初めて示されたことから、それをもとに新たな実証的アプローチが検討されました。NIHと世界の協力機関が現在、RV144および他のHIVワクチン研究に取り組んでいます。
 南部アフリカでは、HIVワクチンの効果に関する2つの大規模臨床試験が進行中です。HVTN702研究は、2016年後半にスタートし、南アフリカの成人を対象に、RV144で使用されたものをもとにして開発されたワクチン候補がHIV感染を防げるかどうかを調べています。研究チームは、HIV陰性で性的にアクティブな18歳から35歳までの男女5400人を南ア国内15カ所で登録しており、臨床試験の結果は2020年後半にまとまる見通しになっています。
 2017年後半には、NIAIDと協力機関が、HIVワクチン候補の安全性と予防効果について調べるため、Imbokodoとも呼ばれるHVTN705/HPX2008研究を開始しました。この研究で使われているワクチン候補は、世界で流行している様々なウイルス株に対して免疫反応を誘導できるように設計された「モザイク」ワクチンとなっています。研究はHIV陰性の女性2600人を対象にしており、2021年に結果がまとまる予定です。
 HIVワクチン開発の理論的アプローチには、HIV感染に対する免疫反応を調べ、ワクチン接種によって免疫反応を生み出し、強化する研究が含まれています。こうした戦略は、幅広い効果のある中和抗体を開発し、ウイルスの構造をより詳細に理解し、防御的細胞応答を引き出すことで、HIV感染を防ぐことを目指しているのです
 研究者らは長期にわたるHIV感染防御を期待できる広範な中和抗体の受動移入も研究しています。アメリカとアフリカではこのコンセプトにより、VRC01抗体を8週間ごとに静脈注射することによる安全性とHIV感染の予防効果を調べるための大規模な臨床試験が行われています。
 他にも高いHIV感染防止効果が得られるかもしれない強力な抗体があります。2017年9月にNIAIDの研究者とパリに本社を置く製薬企業サノフィの研究協力者らが三叉抗体によるサルの実験で、単一の抗体よりも高い感染防止効果があることを報告しました。この新しい抗体はウイルスの3つの異なる場所に結びつくので、単一の場所に結びつく抗体よりもHIVにとっては逃れることが困難になります。事実上の長期持続型予防と治療に活用できるようにすることを目指し、この「三重特異性」抗体の初期段階の臨床試験が現在、実施計画の準備を進めています。
 これらの成果や進行中の研究により、私たちはHIVワクチンの開発に向けて、慎重にではありますが、楽観的希望を持っています。新たな発見があるごとに、そしてHIVワクチン臨床試験のボランティアの皆さんに感謝しつつ、私たちはワクチン開発に向かって進んでいるのです。HIVワクチン啓発デーに際し、これまでの成果に力を得て、HIVパンデミックの終結を可能にする安全で効果的なHIVワクチンの開発というゴールに向けて努力を続けていきます。



NIH Statement on HIV Vaccine Awareness Day, May 18, 2018
May 18, 2018
Anthony S. Fauci, M.D., Director, National Institute of Allergy and Infectious Diseases, National Institutes of Health (NIH)
Maureen M. Goodenow, Ph.D., Director, NIH Office of AIDS Research

As a result of the many scientific research advances over 37 years, we now have highly effective methods of HIV treatment and prevention. These tools have allowed us to make important strides in reducing the burden of HIV in the United States and globally.
Daily antiretroviral treatment keeps those living with HIV healthy, and also prevents sexual transmission of the virus when it is durably suppressed in the HIV-positive partner. Pre-exposure prophylaxis, or PrEP, is highly effective at preventing HIV acquisition when HIV-negative people who want to protect themselves take one pill daily as directed. Other proven methods of HIV prevention, including medical male circumcision, condom use and needle exchange programs, are helping reduce the rate of new HIV infections around the world.
However, HIV remains a burden to individuals and communities in the United States and abroad, with 1.8 million new infections globally in 2016. Mathematical models suggest that even with scale-up of the currently available and highly effective prevention and treatment tools, the rate of decline of new infections is not adequate to bring the pandemic to an end. To truly end the HIV pandemic, we must develop a safe and effective vaccine.
NIAID-supported scientists in clinics and laboratories around the world are following two complementary paths to expedite the development of an HIV vaccine. The empirical approach relies on building upon prior partial success with additional observation and experimentation to advance vaccine candidates into human clinical trials. Scientists also are pursuing a second, theoretical approach that designs vaccine candidates based on the reasonable assumption that a certain type of immune response would protect against HIV infection.
The empirical approach was reinvigorated in 2009 when results from the large RV144 clinical trial in Thailand showed for the first time that an investigational vaccine regimen could confer a degree of protection, albeit modest, against HIV. Today, NIH and our global partners are continuing to build upon the findings from RV144 and other HIV vaccine studies.
Two large HIV vaccine efficacy clinical trials are now ongoing in southern Africa. HVTN 702 launched in late 2016 and is designed to determine whether an experimental vaccine regimen based on the one used in RV144 can safely prevent HIV infection among adults in South Africa. The study team is enrolling 5,400 HIV-negative, sexually active men and women aged 18 to 35 years at 15 sites, and results are expected in late 2020.
In late 2017, NIAID and partners launched HVTN 705/HPX2008, also known as Imbokodo, a large proof-of-concept clinical trial in southern Africa to assess whether an experimental vaccine regimen is safe and able to prevent HIV infection. This regimen includes a “mosaic” vaccine designed to induce immune responses against a wide variety of global HIV strains. The investigators aim to enroll 2,600 HIV-negative women, and results are expected in 2021.
The theoretical approach to developing an HIV vaccine involves studying the immune response to HIV infection and finding ways to generate and enhance that response through vaccination. Some of these strategies aim to prevent HIV infection by developing broadly neutralizing antibodies, better understanding the structure of the virus, and generating a protective cellular response.
Researchers are studying the passive transfer of broadly neutralizing antibodies that could provide people with long-acting protection against HIV infection. This concept is being tested in two large clinical trials in the Americas and Africa to determine whether giving people an intravenous infusion of the antibody VRC01 every eight weeks is safe, tolerable, and effective at preventing HIV infection.
Other powerful antibodies also may provide protection against HIV. In September 2017, NIAID scientists and partners from the Paris-based pharmaceutical company Sanofi reported that a three-pronged antibody made in the laboratory protected monkeys from infection better than did the individual antibodies from which the engineered antibody is derived. This new antibody binds to three different sites on the virus, in contrast to natural, single-site antibodies, which could make it more difficult for HIV to escape. Plans are underway to conduct early phase clinical trials of this “trispecific” antibody in the expectation that it could eventually be used for long-acting HIV prevention and treatment.
These advances and ongoing investigations provide cautious optimism that the development of an HIV vaccine is making headway. With each new finding, and with gratitude to those who volunteer for HIV vaccine clinical trials, we move further along the pathway toward a vaccine. On this HIV Vaccine Awareness Day, we are encouraged by the progress that has been made, and pledge to continue our pursuit of the goal of developing a safe and effective HIV vaccine that could help end the HIV pandemic.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第118号(2018年6月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第118号(2018年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2018-07-09 09:10