『世界HIV予防連合が新規感染減少に向けた活動を加速』


(解説)昨年10月に発足した世界HIV予防連合の最初の成果報告書発表イベントが、世界保健総会開催中のスイス・ジュネーブで開かれました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレスリリースの日本語仮訳です。


世界HIV予防連合が新規感染減少に向けた活動を加速
   2018年5月23日 UNAIDS Feature Story
www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/may/20180523_prevention_coalition_WHA71


世界HIV予防連合が最初の成果報告書を発表した。
 HIV予防に向けた政治的関与の強化と新規HIV感染の減少状況を検討した結果、6カ月前に世界HIV予防連合が発足して以来、大きな成果が上がっていると報告書は指摘している。対策の効果をより高めるために、多くの国で国内予防連合がつくられ、予防プログラムの新たな野心的ターゲットが設定された。また、予防に焦点を当てた戦略が策定されている。
 「連合に参加している多くの国で、期待の持てる事例があり、私たちはその教訓を学ぶことができます」とケニアのシシリー・カリウキ保健相はいう。
 たとえば、南部アフリカの数カ国で行われている強力なコンドーム普及プログラムや東部アフリカ数カ国の男性器包皮切除手術の高い普及率などがその実例です。インド、ウクライナなどではキーポピュレーションのための強力なプログラムがあり、ブラジルやメキシコ、それに南アフリカやケニアでは、曝露前予防服薬(PrEP)の導入と拡大が急速に進められています。
 しかし、成果報告書はまだまだなすべきことが数多くあることも指摘しています。承諾年齢に関する政策が依然、思春期の若者に対するサービス利用を妨げています。そして、懲罰的な法律および法執行はキーポピュレーションのサービス利用を阻んでいるのです。
 「一日平均で1000人の若い女性および思春期の少女がいま、新たにHIVに感染しています。予防プログラムのギャップは依然として大きく存在しているのです」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語る。
 予防対策の持続には、市民社会が意味のあるかたちで各国の予防連合に加わり、その専門的能力と比較優位を生かせるようにしなければならない。HIV予防を進めるための資金確保も必要になる。
 「予防連合の妨げになっている4つの理由があります;政治のリーダーシップの不足、効果的な予防対策を妨げている政策、予防対策の予算不足、必要な規模で組織的にプログラムが遂行されていないこと、の4点です。世界予防ロードマップ2020の採択により、私たちは自らこうした課題に取り組むことになりました」とジンバブエのデビッド・パレリニャトゥワ保健・児童福祉相は語った。
 5月22日にスイスのジュネーブで開かれている第71回世界保健総会で行われた成果報告書の発表イベントには、連合加盟国から11人の保健相を含む200人以上が参加、さらに新たに加わったボツワナ、イラン、ミャンマーの3カ国からも閣僚が参加した。



Global HIV Prevention Coalition accelerates action to reduce new HIV infections
23 May 2018

The Global HIV Prevention Coalition has launched its first progress report.
Taking stock of the progress made in strengthening political commitment for HIV prevention and reducing new HIV infections, the report shows that significant progress has been made since the launch of the Global HIV Prevention Coalition six months ago. National prevention coalitions have been established to accelerate and better coordinate responses, new and ambitious prevention programme targets have been set in many countries and HIV strategies that focus on prevention have been launched.
“There are many promising country examples across the coalition we can learn from,” said Sicily Kariuki, the Minister of Health of Kenya.
Good programme examples highlighted at the event include strong condom programmes in some southern African countries and high voluntary medical male circumcision coverage in several eastern African countries. Strong programmes for key populations, including in India and Ukraine, and pre-exposure prophylaxis being rapidly introduced and expanded in Brazil and Mexico, as well as in South Africa and Kenya, were also noted.
However, the progress report also shows that much still needs to be done. Policies on age of consent continue to represent major barriers to adolescents accessing services. Punitive laws and law enforcement practices hinder access by key populations.
“Every day, there are 1000 new HIV infections among young women and adolescent girls. Prevention programme gaps remain huge,” said Michel Sidibé, the Executive Director of UNAIDS.
For prevention efforts to be sustainable, civil society should be meaningfully engaged in all national prevention coalitions, and their expertise and comparative advantage in implementation used. HIV prevention also needs to be adequately funded.
“Four main reasons that were holding us back were identified when we formed the coalition: gaps in political leadership, policy barriers to effective prevention, gaps in prevention financing and lack of systematic programme implementation at scale. With the adoption of the Global Prevention 2020 Road Map we committed ourselves to address these issues,” said David Parirenyatwa, the Minister of Health and Child Care of Zimbabwe.
More than 200 delegates, including 11 ministers of health from coalition countries, as well as ministers from three additional countries that newly joined the coalition—Botswana, the Islamic Republic of Iran and Myanmar—attended the launch event, held on 22 May at the 71st World Health Assembly in Geneva, Switzerland.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック