エイズ終結と差別終結に向けたUNAIDSワールドカップ ロシアでキックオフ

(解説)6~7月にロシアで開かれるサッカーのワールドカップ(FIFAワールドカップ)に先立ち、UNAIDSワールドカップというキャンペーンが開幕しました。エイズ終結を目指し、差別や偏見と闘うことを呼びかけるために、サッカー界のレジェンドらが集まり、HIV陽性の選手とともに試合を行うというキャンペーンで、これからFIFAワールドカップの開幕までに、世界各地で数試合が予定されているそうです。初戦は4月17日にモスクワで行われました。第6回東欧・中央アジア地域エイズ会議(EECAAC2018、モスクワ4月18~20日)の前夜祭イベントとしても位置付けられています。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたFeature Storyの日本語仮訳です。


エイズ終結と差別終結に向けたUNAIDSワールドカップ ロシアでキックオフ
2018年4月18日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/april/unaids-world-cup-for-ending-aids-and-discrimination-kicks-off-in-russia

 ロシア国内や世界のサッカー・レジェンド、およびHIV陽性のサッカー選手が4月17日、エイズと差別の終結に向けたUNAIDSワールドカップの開幕戦に集まった。HIV陽性者が直面するスティグマに対し、国際的なスターと国内有名選手が注意を喚起し、スティグマと差別解消に向けた善意と連帯、個人の価値の尊重を訴えた。
 この試合は第6回東欧・中央アジア地域エイズ会議の開幕前日にモスクワで行われた。6月14~7月15日にロシアで開催されるサッカー・ワールドカップ2018に向けて、FIFA(国際サッカー連盟)の支援を受け、数カ国で行われる一連の親善試合の初戦である。ピッチ上でも、ピッチを離れても、人種、国籍、HIV感染の有無などに基づく差別をゼロにすることを呼びかけるために企画されたものだ。
 FIFAワールドカップ2018の組織委員長でもあるアルカジー・ドヴォルコーヴィチ副首相が率いる「ロシッチ(ロシアの人びと)」チームには、アレクサンドル・ノワク・エネルギー相やFIFAワールドカップ2018差別対策担当のアレクセイ・スメルティン元サッカー・ロシア代表らが参加。さらにサッカー元ロシア代表のドミトリ・ブリキン、ロマン・シロコフ、エフゲニ・アルドニン、ドミートリー・センニコフ、オレグ・コナコフ、マラト・マハムトフ、ウラジミールレノチェンコ、ロマン・ベレゾフスキーといった往年の名選手が顔を連ねた。
 一方、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長が率いるUNAIDS「レッドリボン」チームは、サミュエル・エトー元カメルーン代表がキャプテンを務めた。こちらのチームには、セネガル元代表のアブドゥライ・ディアニュ=ファイ、フランスおよびマルティニーク元代表のジュリアン・フォベール、フランスU21元代表のフロラン・シナマ=ポンゴル、ナイジェリア元代表のピーター・オデムウィンギー、モロッコ元代表のジャウアド・ザイリ、ブラジル出身のブルガリア元代表マルセロ・ダ・コスタ、パレスチナ女子代表でFIFA審判のホン・タリジ、マダガスカル元代表のアリスター・ヴィラサミーらが加わっている。

コメント
 「エイズ会議はロシアおよび世界がHIVとの闘いを強化するいい機会だと思います。サッカー選手も政治家も、他の分野の著名人も喜んで対策に協力したいと思っているでしょう。その協力が、世界のすべての場所で差別を防ぐ助けになることを期待しています」
 アルカジー・ドヴォルコーヴィチ ロシア副首相、FIFAワールドカップ2018組織委員長

 「サッカーにはゲームを超えた力があります。人びとをつなぎ、社会変革を促す原動力なのです。ロシア政府、FIFAワールドカップ2018と協力し、エイズ終結と差別終結に向けたUNAIDSワールドカップをモスクワでサッカー界の国際的なスターとともに開始できたことは大きな栄誉です」
 ミシェル・シディベ UNAIDS事務局長

 「サッカーは90分間の試合以上のものだと私たちは思っています。尊敬の念や友愛、連帯といった人生に大切なものを教えてくれるのです。ロシア国内および国際的に著名な選手がHIV陽性のロシア人選手とともにこの試合でプレーをしたことは人種、皮膚の色、信仰、ジェンダー、あるいはHIV感染の有無にかかわりなく、差別ゼロの実現に向けて結束していることを示すものです。FIFAワールドカップ2018でロシアを訪れる人を歓迎し、安心して過ごしてもらえるようにできることは何でもします」
 アレクセイ・スメルティン 元チェルシー、元ロシア代表、FIFAワールドカップ2018差別対策担当

 「この素晴らしい国の素晴らしい街に戻ってこられたことを大変うれしく思っています。エイズ終結および差別との闘いというこの高貴な職務に携わることを栄誉に思います」
 サミュエル・エトー 元カメルーン代表



UNAIDS World Cup for Ending AIDS and Discrimination kicks off in Russia
     18 April 2018

Russian and international football legends and Russian players living with HIV joined forces on 17 April to play the first football match of the UNAIDS World Cup for Ending AIDS and Discrimination. International and national football stars draw attention to the stigma faced by people living with HIV and demonstrated the value of goodwill, solidarity, and human values towards ending stigma and discrimination.
The match took place in Moscow on the eve of the opening of the 6th Eastern Europe and Central Asia AIDS Conference. This was the first of a series of matches to be held with support from FIFA in several different countries in the lead up to the 2018 World Cup which will be held in the Russian Federation from 14 June to 15 July 2018. The initiative highlights the need for zero discrimination on the basis of race, nationality or HIV status – both on and off the pitch.
The Russian FC “Rosich” team was led by its captain, Deputy Prime minister and chairman of Organizing Committee for the FIFA World 2018, Arkady Dvorkovich. Team members included Minister of Energy, Alexander Novak, former Russian international and FIFA Anti-Discrimination Officer for the 2018 World Cup, Alexey Smertin, as well as former Russian internationals Dmitry Bulykin, Roman Shirokov, Evgeny Aldonin, Dmitry Sennikov, Oleg Kornaukhov, Marat Makhmutov, Vladimir Leonchenko and Roman Berezovsky.
Michel Sidibe, UNAIDS Executive Director, coached the UNAIDS “Red Ribbon” team which was captained by former Cameroon international Samuel Eto’o. The Red Ribbon team featured former Senegal international, Abdoulaye Diagne-Faye, former French and Martinique international, Julien Faubert, former French under-21 international, Florent Sinama-Pongolle, former Nigerian international, Peter Odemwingie, former Moroccan international, Jaouad Zairi, Brazilian-born former Bulgarian international, Marcelo da Costa, former Palestinian women international and FIFA official, Hone Thalidjieh and former Madagascar international, Alister Veerasamy.

“I think the AIDS conference is a good basis for intensifying the efforts against HIV in Russia and worldwide. We are happy to contribute to the response by attracting football players, politicians and other famous people. I hope that our efforts will have an impact in preventing discrimination in any sphere.”
Arkady Dvorkovich Deputy Prime Minister of the Russian Federation, Chairman of Organising Committee for the FIFA World Cup 2018
“Football is more than just a game. It is a vehicle for connecting people and building a bold social movement for change. It is an honour to launch the UNAIDS World Cup for ending AIDS and Discrimination campaign together with partners from the Russian Government, the FIFA World Cup 2018 and international football stars here in Moscow.”
Michel Sidibé Executive Director of UNAIDS
“We perceive football as much more than simply a game of 90 minutes of play. It also brings very important feelings of respect, fraternity and togetherness into our lives. The simple fact that Russian and international players together with Russian HIV positive players have chosen to play in this match clearly shows that we stand united in working towards achieving zero discrimination regardless of race, colour, faith, gender or HIV-status. We will do everything we can to make that all the players and fans coming to Russia for the FIFA World Cup 2018 feel welcome, at ease and at home.”
Alexei Smertin former Chelsea and Russian international player, FIFA Anti-Discrimination Officer for the World Cup 2018
“I am very happy to be back to this wonderful country, to this amazing city. It is an honour for me to be engaged in this noble work of ending AIDS and against discrimination.”
Samuel Eto’o Cameroonian international player

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック