AIDS2016 4日目:ギャップを埋める 英王子も参加

(解説)AIDS2016の4日目のまとめです。英国のヘンリー王子(ハリー王子)とエルトン・ジョン卿が参加した特別セッション『若者の意見でエイズ終結を』が開かれました。
 《ハリー王子はセッションで南アフリカの治療行動グループ(TAG)やACT UPなどの活動家組織、そして自らの母であるダイアナ妃も含め、HIVスティグマの克服に取り組んできた多数の個人の勇気を称えた。エルトン・ジョン卿はライアン・ホワイトやニコシ・ジョンソンら大きな影響を与えた若者たちを振り返った》
 今回の会議に登録したメディア関係者は800人だったことも紹介されています。これまでの会議に比べると意外に少ないという印象。地理的な条件によるものか、それともエイズが取材対象としてあまり注目されなくなってきたということなのか。後者のような印象も受けます。
 『HIVとエイズに関する責任ある報道とセンセーショナルな報道』というワークショップもあったそうです。《このワークショップでは、人権尊重を促進し、国際保健のターゲットを達成できるようジャーナリスト、アクティビスト、科学者らが「ヘッドライン(見出し)を超えて」協力していくにはどうしたらいいかが議論された》。大切なテーマなのだろうけど、「協力」のしばりが強くなることへの危惧もあります。リスクコミュニケーションのあり方みたいなものの研究が、メディア対策のような視点でどんどん進められていくことへの危惧を踏まえたうえでの議論であって欲しい。


AIDS2016 4日目:ギャップを埋める 英王子も参加
http://us6.campaign-archive1.com/?u=3746d12bbc6932846a58d505c&id=f637456cc7&e=31a8a3f4e8

 HIV予防の分野では「男はどこにいるのか」という言葉が頻繁に繰り返されるが、木曜日のシンポジウム『HIV治療における男性のケア参加:治療と生存のギャップを埋める』では男性の治療参加に焦点があてられた。データによると、HIV陽性の男性は治療率が女性より低いだけでなく、治療受けている男女で比べると死亡率が女性より37%も高いなど結果も良くない。このセッションのパネリストは治療開始のギャップを克服するための戦略、そして男性および少年のHIV検査と治療継続の戦略を話し合った。エイズ対策を強化する上で重要だが、しばしば見過ごされてきた課題である。
 木曜日のAIDS2016で欠かせない2人の男性は、エルトン・ジョン卿とヘンリー(ハリー)王子だった。2人がダーバン国際会議場のホールに登場し、スペシャルセッションで語ると会場はどよめいた。『若者の意見でエイズ終結を』と題されたセッションにはレソトのセイーソ王子や若者代表も参加した。ハリー王子はセッションで南アフリカの治療行動グループ(TAG)やACT UPなどの活動家組織、そして自らの母であるダイアナ妃も含め、HIVスティグマの克服に取り組んできた多数の個人の勇気を称えた。エルトン・ジョン卿はライアン・ホワイトやニコシ・ジョンソンら大きな影響を与えた若者たちを振り返った。2000年のダーバン会議(AIDS2000)では、当時11歳だったニコシ・ジョンソン少年が開会式で演説し、世界が抗レトロウイルス治療(ART)へのアクセス拡大に向けて大きく動き出すきっかけとなった。「エイズ終結を目指すなら子供たちの信念と勇気が必要です」とエルトン・ジョン卿は述べ、満場の拍手を受けた。だが、この日の午後、最も大きな喝采を浴びたのは、ジンバブエの若きパネリスト、ロイス・マツルが「愛にはすべてを変える力があります」と聴衆に語り、「若者を受益者としてしか見ない発想を改め、私たちは2030年のエイズ流行終結を目指すパートナーなんだと考えて欲しい」と呼びかけた時だった。
 生物医学的HIV予防策は確かに黄金時代を迎えようとしている。AIDS2016のシンポジウム「化学的予防法の将来:新たなコンセプト」はPrEP(曝露前予防投与)とマイクロビサイドの主要な研究者であるサリム・アブドール・カリム、ネリー・ムゴ、コニー・セラム、イアン・マッゴワンらが曝露前予防経口薬の急速な開発状況を検証し、注射によるPrEPや女性用避妊リングと直腸、膣用のマイクロビサイドを使用した予防策の可能性を探った。予防の普及と継続に関する行動科学、実施科学的な課題もシンポジウムの重要議題として取り上げられた。出席者の一人が指摘したように「手に入らなければ、使うことはできないし、使わなければ機能もしない」という事情があるからだ。
 「早期治療でウイルス抑制を」というセッションでは、CD4数に関わりなくすべてのHIV陽性者にARTを提供すべきだとする世界保健機関(WHO)の画期的な勧告の背景データ、およびすでに勧告の実施に踏み切っている国の現状について検証した。南アフリカのデータは、ARTの即時開始が死亡率の低下と免疫機能の改善につながり、家族のHIV感染率も減っていることを示している。PROMISE研究は、出産後の女性のART継続が安全であり、ARTを中断した人よりもWHOのHIV臨床ステージ(4段階の分類)の第2、第3ステージの発生が少ないと報告している。しかし、ARTを受けていない女性では、最初のカウンセリングの後、ARTの早期開始を受け入れる人の率が低かった。木曜日のセッションの詳細はラパチャーサマリーのページでご覧下さい。
 最後に、世界全体から会議を取材に訪れたメディアの記者は約800人で、AIDS2016の多忙な1週間の報道にあたった。国際エイズ会議は世界のメディアにとって、最新のHIV研究の成果に加え、協力とネットワーク作りと情報交換もできるはかり知れないほど貴重な機会でもある。エイズに関するメディアとの対話が建設的かつ正確なものになるようリーダーシップ・ワークショップ『HIVとエイズに関する責任ある報道とセンセーショナルな報道』が企画された。このワークショップでは、人権尊重を促進し、国際保健のターゲットを達成できるようジャーナリスト、アクティビスト、科学者らが「ヘッドライン(見出し)を超えて」協力していくにはどうしたらいいかが議論された。
 AIDS2016最終日の閉会式および会議全体のレビューは来週。皆さんの参加に感謝します。金曜日の閉会式でお会いしましょう。



Day Four AIDS 2016: Closing the Gap with a Royal Visit

“Where are the men?” is a frequent refrain in HIV prevention, but on Thursday the AIDS 2016 symposia session, “Engaging Men in Care in HIV Treatment: Closing the Treatment and Survival Gap,” turned the spotlight to men’s participation in treatment. The data show that men living with HIV not only engage in treatment at lower levels than women…they also experience worse outcomes, including a 37% higher likelihood of death than women when on HIV treatment. Panelists at the session focused on strategies to overcome that startling gap, and to more successfully engage and retain men and boys in HIV testing and treatment – a key but often overlooked component of a stronger AIDS response.

Two men definitely not missing from AIDS 2016 on Thursday were Sir Elton John and Prince Harry. Both caused a stir when they strode the halls of the Durban International Convention Centre (ICC), and with their words at the special session they headlined, along with Prince Seeiso of Lesotho and a panel of young people titled “Ending AIDS with the Voices of Youth.” At the session, Prince Harry praised activist organizations such as South Africa’s Treatment Action Group (TAC) and ACT UP, and the courage of countless individuals, including his mother, Princess Diana, for their work to overcome HIV stigma. Sir Elton John recalled the impact of young people such as Ryan White, and 11-year-old Nkosi Johnson, whose speech at AIDS 2000 helped jolt the world into a new approach to antiretroviral treatment (ART) access. “We need the confidence and courage of children to end AIDS,” Sir Elton John stated, eliciting cheers from the capacity crowd. But one of the loudest ovations of the afternoon came when young panelist Loyce Maturu of Zimbabwe reminded the audience that “love has the power to change everything,” and challenged us all to “stop thinking of young people as beneficiaries, and start seeing us as partners in the effort to end AIDS by 2030.”

Biomedical HIV prevention is definitely experiencing a golden age. At the AIDS 2016 symposia session, “The Future of Chemoprophylaxis: New Concepts,” leading PrEP and microbicide researchers including Salim Abdool Karim, Nelly Mugo, Connie Celum, Ian McGowan, and others reviewed the rapid pace of development in oral Pre-Exposure Prophylaxis (PrEP), and explored prevention approaches on the horizon such as injectable PrEP, vaginal rings, and rectal and vaginal microbicides. The behavioural and implementation science issues of prevention roll-out and adherence were also prominent on the symposia agenda. As one conference goer noted, “if you can’t get it, you won’t use it, and if you don’t use it, it won’t work!”

The session "Treat Early and Stay Suppressed" looked at the data behind the World Health Organization's (WHO) groundbreaking recommendation to provide ART to all people living with HIV (PLHIV) regardless of CD4 count, and the real-life experience of countries working to make that recommendation a reality. Data from South Africa showed immediate ART eligibility to be associated with lower mortality, improved immune function, and reduced household HIV incidence. The PROMISE study indicated the continuing ART for postpartum women is safe and associated with fewer WHO Stage 2/3 events vs. stopping ART. However, among women not on ART, there was low initial acceptance of early ART after initial counseling. For more details on this and the other sessions from the Thursday programme, visit our daily Rapporteur Summary page.

Finally, nearly 800 media representatives from around the world have been attending and reporting on AIDS 2016 throughout this busy conference week. In addition to showcasing the latest HIV research developments, and providing invaluable opportunities for collaboration, networking and information exchange, the biennial International AIDS Conference also helps keep the global media spotlight trained on HIV. Ensuring that the media dialog on AIDS is constructive and accurate was the focus of the Leadership Workshop, “Responsible Reporting versus Sensationalizing HIV and AIDS in the Media,” which challenged journalists, activists, and scientists to collaborate in ways that “go beyond the headlines” to promote human rights and achieve global health targets.

Look out for the final daily review of AIDS 2016 with highlights from the closing session and the conference overall next week. Thank you to everyone for your participation and see you at the Closing Ceremony on Friday.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック