AIDS2016 2日目:女性と少女、新しい予防の研究、スティグマと差別 

(解説)AIDS2016 Daily Reviewの2日目です。見出しにもあるように10代の少女・若い女性がHIV/エイズから受ける大きな影響にどう対応するか、新たな予防研究の成果と展望、HIV対策に有害な法律をどう変えていくかといったテーマのセッションが開かれました。予防に関しては、この会議の終幕をもって国際エイズ学会(IAS)の新理事長となったリンダ-ゲイル・ベッカー博士が「世界的なPrEP時代の夜明け」と語るなど、かなりハイになっています。私などは気が済むまでやらしておかなければしょうがないかという気持ちです。
 この日のハイライトは、ジョナサン・マン賞を受賞した南ア最高裁のエドウィン・キャメロン判事の受賞記念講演でしょうか。AIDS2016公式サイトに演説原稿が載っているのでまた時間を見つけて日本語仮訳をつくる必要があるかな。
 また、『地震や武力紛争、難民危機、そしてアドボケートたちが「エイズ対策の歴史の中でも例のない」という資金拠出の減少に直面しつつ、HIV治療と予防を持続的に前に進めていくにはどんな戦略が必要なのか』を検討するセッションやメディアイベントも開かれたそうで、これも重要ですね。世界的な動向からしても、HIV/エイズ対策の現状は、掛け声が勇ましい分だけ実は苦しいという印象でしょうか。


AIDS2016 2日目:女性と少女、新しい予防の研究、スティグマと差別
http://us6.campaign-archive1.com/?u=3746d12bbc6932846a58d505c&id=a795954cc4&e=31a8a3f4e8

 7月19日の特別セッションは「少女たちが何を望んでいるのか」というタイトルだった。少女、若い女性が求める予防ツールと情報はどんなものか、それをどう届けるかについては会議を通じて議論されたテーマでもある。AIDS2016開催期間中、私たちは10代の少女や若い女性、とりわけサハラ以南のアフリカの女性と少女がHIVとエイズから受けている極めて重大な影響を取り上げ、世界に注意を喚起してきた。
 10代の少女や若い女性がHIVから受ける影響とそれを跳ね返す方法を話し合ったシンポジウムには、米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)大使のデボラ・バークス、博愛家でマンデラ元大統領夫人のグラサ・マシェル、女優で活動家のシャーリーズ・セロン、グローバルファンド事務局長マーク・ダイブル、UNAIDS事務局長ミシェル・シディベ、そして女性の健康や地位向上、HIVとの闘いを続けてきた人たちが参加した。少女と若い女性のニーズを重視することは人びとの生命を救い、エイズ流行終結には不可欠なことが世界の共通認識となりつつある現状を反映したセッションだった。
 政治が揺れ動き、資金は不足し、エボラのような新たな流行も出現している時代にHIVへの関心をどう持続させていくかは、19日の会議のもう一つの大きなテーマだった。地震や武力紛争、難民危機、そしてアドボケートたちが「エイズ対策の歴史の中でも例のない」という資金拠出の減少に直面しつつ、HIV治療と予防を持続的に前に進めていくにはどんな戦略が必要なのかを検討するセッションやメディアイベントが開かれた。
 南アフリカの公職者で最初にHIV陽性者であることを公にした最高裁のエドウィン・キャメロン判事は火曜日の全体会議で、先進的なエイズ研究者・アドボケートだった故ジョナサン・マン博士にちなむジョナサン・マン賞受賞記念講演を行い、大きな拍手を受けた。キャメロンは彼自身のHIVスティグマの体験を語り、南アフリカ治療行動キャンペーン(TAC)に賛辞を捧げ、国内の310万人が抗レトロウイルス治療(ART)を受けられるようになった南アフリカの努力を称えた。そして、アフリカとカリブ諸国から参加したセックスワーカー、トランスジェンダーの人びと、レズビアン、ゲイ男性を壇上に招き、判事自らその人たちとジョナサン・マン賞を共有すると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。
 AIDS2016の最も勇気づけられる要素の一つは、HIV予防分野の研究成果が示されたことだ。国際エイズ学会(IAS)次期理事長のリンダ-ゲイル・ベッカーはそれを「世界的なPrEP時代の夜明け」と名付け、HIV感染の危機にさらされている人たち、とりわけキーポピュレーションのために、科学を行動に移そうと会議参加者に呼びかけた。Partners Demonstrationプロジェクトの最終結果によると、PrEPとARTを組み合わせれば、セロディスコーダント(一方がHIVに感染し、一方は感染していない)カップルの間でのHIV感染はほぼ排除できることが示されている。ただし、他の研究ではPrEPの摂取、受け入れ、継続などに関する新たな識見も示されている。
 AIDS2016の参加者にはまた、HVTN 100の結果も報告された。これまでのところ唯一、効果が示されているワクチン候補RV144レジメンの改良バージョンによる南アフリカのワクチン研究だ。HVTN 100はRV144レジメンをアフリカ南部のHIVサブタイプCにあわせ、アジュバント(補助剤)をより強力な免疫反応を引き出すものに変え、効果を長引かせるための追加接種を行っている。研究の成功は、改善したレジメンによる大規模な有効性試験に青信号を示すものであり、さらに大規模試験が成功すれば、南アフリカでHIVワクチンの認可を得られる可能性も高く、世界初の予防ワクチンが誕生することになる。
 90-90-90は使える枠組みであり、HIVの診断、治療への照会、 ウイルス抑制の実現状況を把握するための野心的なターゲットでもある。この3つの柱が流行の拡大を抑え、最終的には止めることになる。『90-90-90目標に向けた成果の測定』というセッションでは、発表者が南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエにおける目標達成の努力と成果を比較して報告した。それぞれの国で条件は異なるが、男性と若者がもっと検査を受けるようにする必要があることは各国に共通する課題だった。火曜日のより詳細な報告、および会議期間中の報告についてはAIDS2016ラパチャー・サマリーのページをご覧下さい。
 最後に、同性愛を犯罪とする法律やセックスワーカー、薬物使用者、HIV陽性者を処罰の対象とする法律は、HIV対策に有害な影響を与えるとして、かなり前から保健医療従事者やアドボケートの批判を受けていた。AIDS2016で高い地位の政策担当者がこうした法律の撤廃を呼びかけたことは、逆行する法規を過去のものとする大きな転換点になるだろう。こうした法律を覆す政治の意思を取り上げた火曜日のシンポジウムには、米下院議員のバーバラ・リー、南アフリカ最高裁判事のザク・ヤコオブ、ボツワナ前大統領のフェスタス・モガエ、マラウイ前大統領のジョイス・バンダ、スイス元大統領のルース・ドレフュスらが参加した。ダーバンにおけるこの人たちの言葉が世界に広がることを期待する。



Day Two of AIDS 2016: Women and girls, new prevention research, stigma and discrimination

“What a Girl Wants” was the title of a Tuesday Special Session at AIDS 2016, and understanding what HIV prevention tools and information girls and young women want and need, and how to provide them, is a continuing theme at the conference. Throughout AIDS 2016 we are reminded -- and are reminding the world -- of the enormous impact of HIV on adolescent girls and young women, especially in sub-Saharan Africa.

AIDS 2016 symposia sessions on the impact of HIV on adolescent girls and young women, and how to reverse it, featured The United States President's Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR) leader Ambassador Deborah Birx, humanitarian and former South African Frist Lady Graça Machel, actor and activist Charlize Theron, Global Fund chief Mark Dybul, UNAIDS Executive Director Michel Sidibé and other towering figures in the fight to achieve female health and empower girls and women to stay safe from HIV. The sessions gave voice to a growing global consensus that prioritizing the needs of girls and young women is essential to saving lives and ending AIDS.

Maintaining the spotlight on HIV in times of political upheaval, budget shortfalls, and new epidemics such as Ebola was another Tuesday conference theme, with sessions and media events offering strategies for keeping HIV treatment and prevention moving forward in the face of earthquakes, armed conflicts, the refugee crisis, and a decline in donor funding that advocates called “unprecedented in the history of the AIDS response.”

Justice Edwin Cameron of the Constitutional Court of South Africa, the first senior South African official to state publicly that he was living with HIV, received a standing ovation when he gave the lecture named for pioneering AIDS researcher and advocate Dr. Jonathan Mann at Tuesday’s plenary session. Cameron, whose stirring talk included a frank acknowledgement of the impact of HIV stigma on his own life, paid tribute to South Africa’s Treatment Action Campaign (TAC), praised the national effort that has made antiretroviral treatment (ART) accessible to more than 3.1 million South Africans, and brought the house down when he invited sex workers, transgender people, and lesbians and gay men from Africa and the Caribbean to take the stage and share the Jonathan Mann honour with him.

One of the most encouraging elements of AIDS 2016 is the strength of research presented here on progress in HIV prevention. Incoming IAS President Linda-Gail Bekker christened AIDS 2016 as “the dawn of the global PrEP era,” and encouraged delegates to move science into practice for people at risk for HIV, especially key populations. Final results from the Partners Demonstration showed the near elimination of HIV transmission among serodiscordant couples with PrEP and ART, while a number of other studies offered new insights on PrEP uptake, acceptability and adherence.

Participants at AIDS 2016 also heard results from HVTN 100, a South African study of a modified version of the RV144 regimen, the only HIV vaccine regimen to show efficacy to date. HVTN 100 adapted the RV144 regimen to make it specific to the southern Africa’s Clade C HIV subtype, changed the adjuvant to elicit a more powerful immune response, and added a booster to prolong protection. The successful study provided the green light for a larger efficacy trial of the improved regimen, which, if successful, could lead to a licensed HIV vaccine in South Africa and the world’s first preventive HIV vaccine.

90-90-90 provides a useful framework and an ambitious set of targets for measuring progress towards achieving HIV diagnosis, referral to treatment and viral suppression – the three pillars of efforts to slow and ultimately stop the epidemic. In the session “Measuring Progress Towards 90-90-90,” presenters contrasted efforts and progress towards the goal across South Africa, Botswana, Namibia, and Zimbabwe. While each setting presents different opportunities and challenges, one striking similarity across the countries appears to be the comparative challenge of engaging men and adolescents in testing. More detailed reports on this and many other sessions from Tuesday, and throughout the conference week, are available on the AIDS 2016 Rapporteur Summary page.

Finally, the detrimental impact on the HIV response of laws that criminalize homosexuality, and punish sex workers, drug users and people living with HIV, has long been decried by health workers and advocates. But the appearance on the AIDS 2016 stage of high-ranking political figures working to repeal these laws may represent a turning point in the effort to make these regressive statutes a part of history. Strategizing in an AIDS 2016 Symposium on Tuesday on building the political will to overturn such laws was U.S. Congressperson Barbara Lee, Justice Zak Yacoob of South Africa’s Constitutional Court, and former Presidents Festus Mogae of Botswana, Joyce Banda of Malawi, and Ruth Dreifuss of Switzerland. We hope their words in Durban will echo through the corridors of power worldwide.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック