第21回国際エイズ会議(AIDS2016)開幕 (AIDS2016 Daily Reviewから)

(解説) 第21回国際エイズ会議(AIDS2016)の公式サイトに掲載された開催期間の1日ごとのまとめの日本語仮訳です。初日の7月18日(月)は故ネルソン・マンデラ大統領の誕生日でした。2000年のダーバン会議当時、マンデラ氏はすでに大統領を退いていたが、エイズ対策には現職当時よりもむしろ熱心に取り組んでおり、ターボ・ムベキ大統領がエイズのHIV原因説を否定し抗レトロウイルス治療の導入を阻んでいたのとは異なる立場を取っていた。
 そうした歴史を踏まえ、AIDS2016の初日報告では、16年前のマンデラ氏の会議における演説(開会式はムベキ大統領が演説したので、マンデラ演説は会議の中の別の機会に行われたと思います)がまず取り上げられています。 


第21回国際エイズ会議(AIDS2016)開幕
http://us6.campaign-archive1.com/?u=3746d12bbc6932846a58d505c&id=c42561fc4f&e=31a8a3f4e8

 ネルソン・マンデラ国際デー(故ネルソン・マンデラ大統領の誕生日)の7月18日(月)、第21回国際エイズ会議(AIDS2016)の開会式が行われた。マンデラ自身が参加者に向けて「沈黙を破り、スティグマと差別を解消し、エイズとの闘いにより、インクルーシブな社会を実現しよう」と呼びかける歴史的演説を行った第13回会議から16年ぶりに国際エイズ会議がダーバンに戻ってきた。「この会議は」とマンデラは語った。「言葉と仕草のひとつひとつが、アフリカ大陸、およびこの惑星全体で現実に暮らしている何百万もの人たち一人一人の生命にどのような影響を与えるのか。それを基準に評価されるべきイベントなのです」

 記録的な参加者を集めた週末のプレカンファレンスに続き、AIDS2016は地球規模のエイズの流行に対し、さらに対応を強化していくにはどうしたらいいかという大きな課題に焦点があてられている。国連の潘基文事務総長は開幕記者会見で市民社会指導者と顔を合わせ、医薬品アクセスに関する事務総長特別委員会の最新情報を提供した。国際エイズ学会(IAS)のクリス・ベイヤー理事長は、AIDS2016に寄せられたアブストラクトの三分の一はアフリカの研究者によるものであり、女性からの投稿者が過半数を占める史上初のエイズ会議でもあると発表した。

 初日に開かれた一連の記者会見では、会議のテーマ“Access Equity Rights Now”(いまこそ公平な権利へのアクセスを)が何度も紹介され、最も弱い立場の集団を守ること、女性、女児、すべての若者に対する予防と治療のサービスを拡大することの必要性が強調された。

 開幕記者会見では、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長が、南アフリカのシリル・ラマポーザ副大統領とともに出席し、2000年の会議で演説を行った当時11歳のニコシ・ジョンソン少年について語った。ARTへの公平なアクセスを求めるこのときの少年の願いが何百万という人に新たな治療へのアクセスを開く大きなきっかけになった。だが、シディベ氏はHIVに対する資金拠出が減っている現状に懸念も表明した。エイズ流行終結には治療と予防の拡大が不可欠だが、いま資金拠出を減らしているようでは、エイズの流行を直ちに縮小させることはもちろんできないし、終結への道もますます困難になるからだ。女優で国連平和大使のシャーリーズ・セロンさんは、どうして私たちは若者をきちんとケアしないのかと問いかけた。新生児のHIV感染予防の大きな成果は認めつつも、セロンさんは「若者も忘れられかけた人たちです」という。若者、とりわけ若い女性のHIVの流行のすさまじさをどうして見過ごすことができるのか。

 女性・女児の予防は午後の話題をほぼ独占していた。研究者はダピビリン配合のマイクロビサイド・リングを常に使用している女性はHIV感染予防率が高いことを報告した。南アフリカ・エイズプログラム研究センター(CAPRISA)の研究グループは、膣内に特定のタイプの細菌があるとHIVに感染しやすく、治療も困難になること報告し、初日のもう一つの大きな話題となった。会議参加者はこの報告に関し、女性のHIV感染のリスクを減らす新たな道が開ける可能性があるのではないかと語った。

 グローバルビレッジでは早朝からサテライトセッションやセッションが開かれた。セッションでは、より多くのHIV陽性者に治療を届けるための治療拡大、資金などに限界がある中で保健システム強化を進める方策、HIVおよび性と生殖に関する健康と権利に関する課題に対応するための若者の活躍などについて活発な議論が交わされた。より深い内容は各日のラパチャー報告をご覧下さい。

 夕方から始まった開会式には著名人やスターも参加し、感動的な場面もあった。女優でアクティビストのシャーリーズ・セロン、AIDS2016共同委員長のクリス・ベイヤーとオリーブ・シサナ、UNAIDS事務局長のミシェル・シディベらが演説し、デズモンド・ツツのビデオメッセージが紹介された。エリザベス・テーラー人権賞はジンバブエのアクティビスト、フェミニストでLGBTのマーサ・ソラナ、クワズルナタール州首相のウィリス・ムチュヌ、南アフリカ治療行動キャンペーンのヌケンサニ・マバサに贈られた。ストロングガールズと南アフリカのアフロフュージョン・バンドFreshlygroundの熱のこもったパフォーマンスが満員の会場でAIDS2016開会式を盛り上げた。



Launch of the 21st International AIDS Conference (AIDS 2016)

The Opening Ceremony officially kicked off the 21st International AIDS Conference (AIDS 2016) on Monday, Nelson Mandela Day. The conference returns to Durban 16 years after Mandela himself addressed the gathering with an historic speech that called upon all to "break the silence, banish stigma and discrimination, and ensure total inclusiveness within the struggle against AIDS." "This is the one event," Mandela said, "where every word uttered, every gesture made, has to be measured against the effect it can and will have on the lives of millions of concrete, real human beings all over this continent and planet."

Following a record-setting weekend of pre-conferences, AIDS 2016 began in earnest with events focusing global attention on the need to strengthen the global AIDS response. UN Secretary-General Ban-Ki-Moon, joined the conference opening briefing, met with civil society leaders and provided an update on the work of his panel on access to medicines. IAS President Chris Beyrer announced that a full third of the abstracts being presented at AIDS 2016 are by African researchers, and that this is the first AIDS conference ever in which the majority of papers will be presented by women.

The conference theme, Access Equity Rights Now, resounded across a series of opening day media briefings focused on protecting the most vulnerable populations and on scaling up prevention and treatment for women, girls, and all young people.

At the conference opening briefing, Michele Sidibé of UNAIDS, joined by South African Deputy President Cyril Ramaphosa, recalled another hero of the 2000 conference, 11-year-old activist Nkosi Johnson, whose impassioned plea for equitable access to ARTs helped open new avenues of treatment access for millions. But Mr. Sidibé also decried a worrying decline in donor financing for HIV that promises to make the global scale up of treatment and prevention, considered essential to ending the epidemic, even more challenging if not reversed quickly. And actor and UN Messenger of Peace Charlize Theron challenged the audience to ask why we do not care enough to about young people. "They are the forgotten ones," Theron said, acknowledging the tremendous progress made in preventing HIV transmission to infants, but asking why we continue to overlook the enormity of the HIV epidemic in young people, especially young girls.

The topic of prevention in women and girls dominated the afternoon. Researchers presented new data showing a high rate of HIV protection among women who used the dapivirine ring consistently. And in another of the day’s biggest stories, new data from South Africa’s Centre for the AIDS Programme of Research in South Africa (CAPRISA) group, showing that certain types of vaginal bacterial may make some women more susceptible to HIV and less responsive to treatment, had conference goers talking about possible new avenues to reducing women’s risk of HIV.

Throughout the day, starting from the early morning, there were satellite sessions and sessions taking place in the Global Village. There were lively discussions on sessions, including scaling up treatment to reach more people living with HIV to treat all and to handle new demands on health systems given current capacity challenges, as well as bringing young leaders to the forefront with a platform to discuss challenges faced in HIV and sexual reproductive health and rights. Visit our daily rapporteur reports for more in-depth summaries of the sessions here.

There was no shortage of luminaries, star power or moving moments at the evening’s Opening Ceremony, which featured actress and activist Charlize Theron, AIDS 2016 Co-Chairs Chris Beyrer and Olive Shisana, UNAIDS Director Michel Sidibé, a video message from Desmond Tutu, the presentation of the Elizabeth Taylor Human Rights Award to Zimbabwean activist, feminist and LGBT champion Martha Tholanah, KwaZulu-Natal Premier Willies Mchunu, Nkhensani Mavasa of South Africa’s Treatment Action Campaign, and rousing performances by Strong Girls and from South African Afro-fusion band Freshlyground – all before a capacity crowd celebrating the opening of AIDS 2016.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック