忘れられた人たち  アブドル・ナサール・カアダン医師、IAS会員のシリア難民

(解説) シリアから難民としてトルコに逃れた国際エイズ学会(IAS)会員の アブドル・ナサール・カアダン医師のインタビューに基づく紹介記事がIASの公式サイトに掲載されています。その日本語仮訳です。
《内戦前にシリアでHIV/エイズと診断され、治療を受けていた人も多い。いまや状況は大きく変わった。多くの人が、HIV陽性であることを明らかにしたら、スティグマの対象になるのではないかと恐れている》
難民として国外に逃れた人も、国内にとどまっている人も、必要な治療を受けることが困難になっています。 
 《食糧も、きれいな水も、子供の教育も提供できないところでは、HIV/エイズについて考える人すらほとんどいない。その結果、HIV陽性のシリア人の多くが、サービスへのアクセスもなく戦争で引き裂かれた地域に閉じ込められているのだ》
 紛争や災害はHIV/エイズ流行の新たな拡大要因として、困難な地域にさらなる負荷を加えることにもなります。



忘れられた人たち
 アブドル・ナサール・カアダン医師、IAS会員のシリア難民
http://www.iasociety.org/Membership/IASONEVOICE/Stories/The-forgotten

 アブドル・ナサール・カアダン医師はアレッポ出身の医師で、2013年から国際エイズ学会(IAS)の会員となっている。アブドルは昨年、故国を離れ、トルコに難民申請することを余儀なくされた。この人道上の緊急事態を前に、IASはアブドルとともにシリアでHIVの現場の最前線に立つ人たちの声を伝えていきたい。以下は彼の話である・・・。

 私はアレッポ大学の近くに住んでいた。いまも政府支配下にある地域である。だが、2015年のはじめに状況が極めて悪化したことからこの地を後にした。爆弾事件や市民への攻撃が毎日のように続いていたのだ。アレッポ大学の同僚の一人は息子とともに車の中にいたところを爆弾で攻撃され、親子とも死亡した。別の同僚は反政府勢力に誘拐され、1週間後に殺害された。私と家族は毎日、こうした現実に直面していた。

 私は妻とともにマイクロバスでアレッポを後にし、トルコ南部に向かった。通常なら国境まではバス(時速約80キロ)で1時間なのに、そのときは12時間もかかった。運転手は誘拐や爆撃の恐れを避け、安全なルートを選んで走らなければなかったからだ。

 30カ所以上の関しポイントを通過し、到着したのは国境が閉鎖された15分後だったので、特別許可を得るために小さなビルで待機しなければならなかった。ビルには約300人がいた。その多くが子供である。凍えるほど寒く、小さな空間に多数の人が押し込められていたので環境はひどいものだった。そして、私はインフルエンザにかかっていた。

 私たちは翌朝、国境を越え、トルコ側の街に直接、輸送された。私たち夫婦は運がよかったのだ。

 シリアのHIV陽性者は、国内にいる人も国外に逃れた人も、絶望的な状況に置かれている。薬やワクチン、検査用品などの保健資材、手術用の機材の不足は深刻である。HIVや他の感染症の治療は大きな影響を受けている。

 シリアからは現在、約250万人が難民としてトルコに逃れている。難民キャンプで暮らす人もいれば、トルコ国内の他の町に逃れている人もいる。内戦前にシリアでHIV/エイズと診断され、治療を受けていた人も多い。いまや状況は大きく変わった。多くの人が、HIV陽性であることを明らかにしたら、スティグマの対象になるのではないかと恐れている。

 シリア内戦と周辺国への難民の大波により、この地域のHIV流行の規模を正確に報告することは困難になっている。もちろん、治療を受けている人がどのくらいいるのかを把握するのも難しい。だが、トルコ政府がすべてのシリア難民に無料で保健医療サービスを提供していることからで、トルコの難民キャンプの条件は近隣諸国よりは遙かにましである。シリア難民が120万人のレバノンや65万人のヨルダンの場合、トルコよりも難民の数は少ないが、HIV/エイズの影響はもっと深刻だと考えられている。

 状況は極めて困難である。食糧も、きれいな水も、子供の教育も提供できないところでは、HIV/エイズについて考える人すらほとんどいない。その結果、HIV陽性のシリア人の多くが、サービスへのアクセスもなく戦争で引き裂かれた地域に閉じ込められているのだ。

 どんなに楽観的なシリア人でも、この危機は10年以上続くだろうと考えざるを得ない状況の中で、いま行動が求められているのだ。シリアは第二次世界大戦以来、最も大きな人道上の危機となっており、世界中の国がこの恐るべき戦争の中で忘れられた人たちに救いの手をさしのべなければならない。シリア近隣諸国の難民キャンプにHIV/エイズの予防、治療サービスを提供するために経験のある保健医療分野の専門家を確保しなければならない。それこそがHIVに関する状況および対応を正確に評価するための唯一の方法である。

どうかシリアの人たちの現状に関心を持っていただくようご協力下さい。

 アブドル・ナサール・カアダン医師は現在、トルコで大学講師として働いている。



The forgotten
Dr. Abdul Nasser Kaadan, IAS member displaced by the Syrian conflict.

Dr. Abdul Nasser Kaadan is a physician from Aleppo who has been a member of the International AIDS Society (IAS) since 2013. Last year, Abdul was forced to flee his country and seek refuge in Turkey. In the face of this emergency humanitarian crisis, the IAS is working with Abdul to ensure the voice of the Syrian people working on the frontlines of HIV is heard. This is his story…


I was living near Aleppo University, which is still under the government’s control. I left in early 2015 when the situation became very dangerous. There were bombings every day and attacks on civilians. One of my colleagues at Aleppo University was attacked by a bomb while he was in his car with his son - both of them died. Another colleague was kidnaped by the forces of the opposition and killed after a week. This is what my family and I faced every day.

I left Aleppo on a microbus with my wife to the south of Turkey. Usually, this journey takes about one hour by bus (about 80 KMP) to the border, but it took us around twelve hours. The driver had to take the safest route, because of the threat of kidnappings and bombings that we faced.

We passed more than thirty check points and arrived fifteen minutes after the border closed, so we had to stay in a small building prepared especially for such cases. We were with about 300 people, many of them children. It was freezing and the conditions were very poor in this crowded small place, and I developed severe influenza.

The next morning, we crossed the border and were directly transported to a Turkish city. My wife and I were two of the lucky ones.

The situation of Syrians living with HIV/AIDS, inside and outside the country, is desperate. There is a severe lack of health supplies, such as drugs, vaccines, laboratory and diagnostic materials, and surgical instruments in the region. This has an obvious impact on access to treatment for HIV and other infectious diseases.

Today, it is estimated that there are about 2.5 million Syrian refugees in Turkey, some of them live in refugee camps, while others are scattered in different Turkish cities. Many were diagnosed with HIV/AIDS in Syria and were receiving treatment before the war. Now the situation has changed. Many are afraid to be stigmatized if they declare their status as HIV-positive.

The strain of the war in Syria and surge of refugees in its ordering countries makes it difficult to accurately report on the scale of the HIV epidemic in the region, let alone the actual number of people receiving treatment. However, the conditions in refugee camps in Turkey are much better than in neighbouring countries because the Turkish government provides free health services to all Syrian refugees in Turkey. It is believed that the impact of HIV/AIDS among Syrian refugees is far worse in Lebanon and Jordan, which have fewer refugees with around 1.2 million and 650 thousand respectively.

The situation is extremely difficult to an extent that nearly nobody is even thinking about HIV/AIDS, especially as there is a shortage of provisions such as food, clean water, and education for children. As a result, many Syrians living with HIV/AIDS are trapped in war-torn areas without access to services.

Action is required now as this crisis will continue for no less than ten years, according to the most optimistic Syrians. Syria has become the biggest humanitarian crisis since World War II and requires governments worldwide to help those forgotten in this dreadful war. We need trained health professionals to provide HIV/AIDS prevention, transmission and treatment services in refugee camps in Syria’s neighbouring countries. This is the only way we can provide an accurate situation-and-response assessment of HIV.

Please stand with me and share my story to bring attention to the people of Syria.

Dr. Abdul Nasser Kaadan is currently living in Turkey, and working as a university lecturer.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック