「抗レトロウイルス開始時期とHIV曝露前予防に関する指針」(WHOニュースリリース)


(解説)世界保健機関(WHO)がHIV陽性と分かった人には直ちに抗レトロウイルス治療を開始すべきだとする指針を勧告しました。また、HIV感染のかなり大きなリスクがあると考えられる人には抗レトロウイルス薬の曝露前予防投与(PrEP)が受けられるようにすべきだとも勧告しています。ニュースリリースの日本語仮訳です。


すべてのHIV陽性者を治療、HIV感染のリスクが非常に大きい人への追加的な予防の選択肢として抗レトロウイルス薬を提供
新方針により、2030年までに210万人以上の死亡と2800万人の新規感染を防ぐことができる   WHOニュースリリース
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/hiv-treat-all-recommendation/en/

【2015年9月30日 ジュネーブ】 HIVに感染している人は誰でも、感染が判明したらできるだけ早く抗レトロウイルス治療を開始すべきである。世界保健機関(WHO)は水曜日(9月30日)にこう発表した。「全員治療」勧告により、WHOはHIV陽性者の抗レトロウイルス治療(ART)開始資格に関するすべての制限を取り除いた。すべての集団、年齢層の人が治療を受ける資格があるのだ。

 抗レトロウイルス治療の拡大方針は、HIV陽性者が早期にARTを開始すれば、より健康な生活を送り、パートナーに感染するリスクを減らすこともできるという最近の臨床試験結果からの知見に支えられている。

 WHOは同時に、HIV感染の「相当な」リスクがある人には予防的抗レトロウイルス治療の提供を受けられるようにすべきであるとの勧告も行っている。この新たな勧告は、男性とセックスをする男性を対象にしたHIV感染予防のためのコンビネーション抗レトロウイルス薬の提供、曝露前感染予防(PrEP)に関する2014年WHOガイダンス(手引き)をさらに進めたものだ。PrEPが一段と効果的で受け入れやすくなったというエビデンスに基づき、WHOはHIV感染の大きなリスクにさらされている他の集団の人たちにもPrEP提供を広げるために今回の勧告を行った。HIV検査・カウンセリングと支援、コンドームや安全な注射器具へのアクセスなどの包括的な予防サービスのパッケージの中で、PrEPは追加的な予防の選択肢と見なすべきだとしている。

 ART早期開始、およびPrEPの拡大提供に関する新勧告はWHOの「抗レトロウイルス開始時期とHIV曝露前予防に関する指針」の中に含まれている。新指針は、勧告を効果的に実施するには、各国がHIV感染に対する検査と治療を受けやすくし、いま治療を受けている人たちが推奨されている治療とケアを続けられるように支援する必要があることを強調している。


 これらの勧告は『HIV治療と感染予防における抗レトロウイルス薬使用に関するWHO総合指針』の全面改定作業の中でまとめられた。公衆衛生への影響が大きいと考えられることから、総合指針全体の発表に先行して公表されている。

 新たな勧告によると、抗レトロウイルス治療を受けるべき人の数はこれまでの2800万人から、現在の世界全体のHIV陽性者3700万人全員に増える。治療へのアクセス拡大は、2030年のエイズ流行終結をにらんだ2020年までの新ターゲットの中心課題である。そのターゲットには、HIVに感染している人の90%が自らのHIV感染を知り、HIV感染を知った人の90%が抗レトロウイルス治療を受け、ARTを受けている人の90%は血液中のHIV量が検出限界以下に減るということも含まれている。

 UNAIDSの推計によると、すべてのHIV陽性者へのARTの拡大、および予防選択肢の拡大により、2030年までに210万人のエイズ関連の死亡と2800万人の新規HIV感染を防ぐことができる。





Treat all people living with HIV, offer antiretrovirals as additional prevention choice for people at "substantial" risk
New policies could help avert more than 21 million deaths and 28 million new infections by 2030

News release

30 SEPTEMBER 2015 ¦ GENEVA - Anyone infected with HIV should begin antiretroviral treatment as soon after diagnosis as possible, WHO announced Wednesday. With its "treat-all" recommendation, WHO removes all limitations on eligibility for antiretroviral therapy (ART) among people living with HIV; all populations and age groups are now eligible for treatment.

The expanded use of antiretroviral treatment is supported by recent findings from clinical trials confirming that early use of ART keeps people living with HIV alive, healthier and reduces the risk of transmitting the virus to partners.

WHO now also recommends that people at "substantial" risk of HIV should be offered preventive antiretroviral treatment. This new recommendation builds on 2014 WHO guidance to offer a combination of antiretroviral drugs to prevent HIV acquisition, pre-exposure prophylaxis (PrEP), for men who have sex with men. Following further evidence of the effectiveness and acceptability of PrEP, WHO has now broadened this recommendation to support the offer of PrEP to other population groups at significant HIV risk. PrEP should be seen as an additional prevention choice based on a comprehensive package of services, including HIV testing, counselling and support, and access to condoms and safe injection equipment.

New recommendations on early use of ART and expanded offer of PrEP are contained in WHO’s "Guideline on when to start antiretroviral therapy and on pre-exposure prophylaxis for HIV.” The new guideline stresses that, in order to effectively implement the recommendations, countries will need to ensure that testing and treatment for HIV infection are readily available and that those undergoing treatment are supported to adhere to recommended regimens and are retained in care.

The recommendations were developed as part of a comprehensive update of the "WHO consolidated guidelines on the use of antiretroviral drugs for preventing and treating HIV infection". This early release guideline is shared ahead of the full publication, slated for release later this year, because of their potential for public health impact.

Based on the new recommendations, the number of people eligible for antiretroviral treatment increases from 28 million to all 37 million people who currently live with HIV globally. Expanding access to treatment is at the heart of a new set of targets for 2020 with the aim to end the AIDS epidemic by 2030. These targets include 90% of people living with HIV being aware of their HIV infection, 90% of those receiving antiretroviral treatment, and 90% of people on ART having no detectable virus in their blood.

According to UNAIDS estimates, expanding ART to all people living with HIV and expanding prevention choices can help avert 21 million AIDS-related deaths and 28 million new infections by 2030.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第86号(2015年10月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第86号(2015年10月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2015-12-13 23:08