「人と場所により着目」 米国国家HIV/エイズ戦略更新版をUNAIDSが歓迎

(解説) 米国の『国家HIV/エイズ戦略:2020年に向けた更新版』に対し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が歓迎のプレスリリースを発表しました。その日本語仮訳。『米国の戦略は、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の高速対応アプローチと多くの部分で目標を共有している』ということです。



人と場所により着目 米国政府が国家HIV/エイズ戦略を更新
      2015年8月5日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/august/20150805_US-HIV-AIDS-strategy

 米国政府は7月30日、エイズ戦略の更新版を発表した。今後5年間の米国内HIV対策の方向性を示すものだ。『国家HIV/エイズ戦略:2020年に向けた更新版』は、最も対策の必要性の高い人びとと場所に焦点をあて、野心的な目標を設定している。

 米国の戦略は、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の高速対応アプローチと多くの部分で目標を共有している。HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、そのうちの少なくとも90%が医療ケアを継続して受け、その結果としてすべてのHIV陽性者の80%以上が体内のウイルス量を低く抑えた状態を維持することを目指しているのだ。ウイルス量が抑制されれば他の人への性感染のリスクは96%減少することになる。

 新戦略についてオバマ大統領は、HIV/エイズという病気について以前より多くのことが分かっており、科学と政治はその成果に迅速に対応しなければならないとコメントしている。大統領はまた、どんな人で、どこに住み、お金をどのくらい持っているかに関わりなく、生きるために必要な治療へのアクセスはすべてのアメリカ人に保障されなければならないとも語った。

 新戦略は、HIV対策で取り残されてきた人への対応に力を入れることを勧告し、具体的には、ゲイ男性およびその他の男性とセックスをする男性、中でもアフリカ系アメリカ人男性、ヘテロセクシャルのアフリカ系アメリカ人の男女、若者、注射薬物使用者、トランスジェンダーの女性らをあげている。また、包括的な曝露前感染予防(PrEP)サービスについては、提供することが適切であり、かつ望んでいる人に完全なアクセスを保障することも求めている。戦略はさらに、米国南部やワシントンDCのような大都市圏など、HIV感染率が高く、しかもケアの提供、持続率が低い地域への対応を優先させるとしている。

 「更新版戦略で大胆な新目標を打ち出したオバマ大統領を讃えたい。UNAIDSの高速対応アプローチとも合致するものだ。米国が他の国とともに2020年に向けた予防、検査、治療目標を達成できれば、世界は2030年までに公衆衛生の脅威としてのエイズ流行を終結に導くという大目標の軌道に乗るであろう」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語った。

 米疾病管理予防センター(CDC)の最新の統計によると、米国の推定HIV陽性者数は120万人で、そのうち8人に1人は自らのHIV感染を知らずにいる。また、HIV感染が判明している人の50%は医療ケアを継続しておらず、生命を救うHIV治療へのアクセスがある人はわずか37%だとCDCは推定している。

 ジョージア州アトランタで開かれた更新戦略の発表イベントでは、アトランタ市のカシム・リード市長がエイズ流行終結を目指す高速対応都市パリ宣言に署名したことを明らかにした。この署名により、市長はアトランタがエイズ流行終結のための一連の目標に迅速に取り組むことを約束した。その中にはUNAIDSの90-90-90目標(HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、そのうちの少なくとも90%が医療ケアを継続して受け、さらにその90%が結果として体内のウイルス量を低く抑えられるようにすることで自分自身の健康を保つとともに他の人へのHIV感染のリスクを大きく減らす)も含まれている。

 高速対応都市構想はパリ市、国際エイズケア提供者協会(IAPAC)、UNAIDS、国連人間居住計画(UN-Habitat)がコアパートナーとなっている。


More focus on populations and places most in need as United States updates its National HIV/AIDS Strategy
05 August 2015

The United States of America (US) released an updated AIDS strategy on 30 July which sets the course for its domestic response to HIV over the next five years. The National HIV/AIDS Strategy: Updated to 2020 sets ambitious targets which put particular focus on the people and places most in need.

The US strategy mirrors many of the goals of UNAIDS Fast-Track approach. It calls for 90% of people living with HIV to be aware of their status, aims to increase the percentage of people living with HIV who are retained in medical care to at least 90% and to ensure that 80% of all people diagnosed with HIV have a suppressed viral load which reduces the likelihood of transmitting the virus by around 96%.

Commenting on the new strategy President Obama said that it seized upon rapid shifts in science and policy as more had been learned about the disease. He also said it focused on making sure that every American could get access to life-extending care, no matter who they were, where they lived or how much money they had.

The strategy recommends that efforts be concentrated on people who are being left behind in the response to HIV, namely, gay men and other men who have sex with men, especially African American men, heterosexual African American men and women, young people, people who inject drugs and transgender women. It calls for full access to comprehensive pre-exposure prophylaxis (PrEP) services for those for whom they are appropriate and desired. The strategy also prioritizes certain geographic areas where HIV incidence is high and linkage to, and retention in care is low, including the southern US and specific major metropolitan areas, like Washington, DC.

“I commend President Obama on the bold, new goals set in the updated US strategy which align with the UNAIDS ‘Fast-Track’ approach. The United States joins other nations in pursuit of key prevention, testing and treatment targets that, if met by 2020, put the world on course to end AIDS as a public health threat by 2030,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS.

According to the latest data available from the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), there are an estimated 1.2 million people living with HIV in the US, of whom 1 in 8 are unaware of their HIV status. CDC also estimates that 50% of Americans who are diagnosed with HIV are not retained in medical care and that only 37% are accessing life-saving HIV treatment.

At the event to launch the revised strategy, which was held in Atlanta, Georgia, it was also announced that Mayor Kasim Reed had signed the Paris Declaration―Fast-track cities: Ending the AIDS epidemic. In signing the declaration, the mayor has committed to putting Atlanta on the Fast-Track to ending the AIDS epidemic through a set of commitments. Those commitments include achieving the UNAIDS 90–90–90 targets, which will result in 90% of people living with HIV knowing their HIV status, 90% of people who know their HIV-positive status on antiretroviral treatment and 90% of people on treatment with suppressed viral loads, keeping them healthy and reducing the risk of HIV transmission.

The Fast-Track Cities Initiative is supported by its core partners, namely, the City of Paris, the International Association of Providers of AIDS Care (IAPAC), UNAIDS and the United Nations Human Settlements Programme (UN-Habitat).

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック