米HIV/エイズ国家戦略:2020年に向けた更新版 その5


2020年に向けた成果指標

 こうした課題に対応し、これまでの大きな成果を十分に生かしていくには、全米のHIV対策をより調和の取れたかたちで進めていく必要がある。更新版戦略で詳しく説明されている原則および政策の優先順位に基づいて、連邦政府とコミュニティの連携協力をはかり、2020年には以下の成果が達成できているようにしなければならない。

1. 自らの感染を知っているHIV陽性者の割合を少なくとも90%に増やす。
2. 新規の感染診断を少なくとも25%減らす。
3. HIV感染リスクの高い行動を取る若いゲイ、バイセクシャル男性の割合を少なくとも10%まで下げる。
4. 新規に感染診断を受けた人のうち、1カ月以内にHIV医療ケアにつながる人の割合を少なくとも85%に増やす。
5. HIV感染が判明している人のうちHIV医療ケアを継続している人の割合を少なくとも90%に増やす。
6. HIV感染が判明している人のうちHIVのウイルス抑制を果たしている人の割合を少なくとも80%に増やす。
7. HIVケアを受けている人のうちホームレスの状態にある人の割合を5%以下に減らす。
8. HIV感染が判明している人の死亡率を少なくとも33%減らす。
9. 以下のグループにおける新規感染診断率の不均衡を少なくとも15%減らす:ゲイ、バイセクシャル男性、黒人の若いゲイ、バイセクシャル男性、黒人女性、米国南部諸州住民。
10. HIV感染が分かっている若者、および注射薬物使用者のうち、ウイルスを抑制できている人の割合を少なくとも80%に増やす。

 更新版戦略を実行していくため、米国政府、HIV対策に関連する多数の連邦政府機関、事務所は連邦行動計画を策定し、実施のための具体的なステップを詳しく示していく。連邦行動計画は12月に発表を予定している。

 他の関係者-州、部族、地方政府、コミュニティ組織、HIV陽性者連合、医科学界、宗教界、学校、大学、企業、社会貢献団体など-のために、連邦行動計画に似たかたちの行動計画枠組みも用意し、それぞれの使命や優先課題にあわせて行動計画を策定するよう役立ててもらう。

 更新版戦略の達成に協力して取り組むことで、連邦政府とコミュニティはともに以下の戦略ビジョン実現に向けて進んでいくことになる。:

 HIVの新規感染はまれにしか起きず、感染したとしても年齢、性別、人種/民族、性的指向、性自認、あるいは社会経済的立場にかかわらず、すべての人が良質で、長寿を可能にするケアをなんの束縛もなく受けられる。また、偏見や差別にさらされることもない。米国はそのような場所になる。


Indicators of Progress toward 2020:

Responding to these challenges and taking full advantage of the many advances requires a more coordinated national response to HIV in the United States. Together, by aligning Federal and community efforts on the principles and priorities detailed in the updated Strategy, we aim to achieve the following outcomes by 2020:

1.Increase the percentage of people living with HIV who know their serostatus to at least 90 percent.
2.Reduce the number of new diagnoses by at least 25 percent.
3.Reduce the percentage of young gay and bisexual men who have engaged in HIV-risk behaviors by at least 10 percent.
4.Increase the percentage of newly diagnosed persons linked to HIV medical care within one month of diagnosis to at least 85 percent.
5.Increase the percentage of persons with diagnosed HIV infection who are retained in HIV medical care to at least 90 percent.
6.Increase the percentage of persons with diagnosed HIV infection who are virally suppressed to at least 80 percent.
7.Reduce the percentage of persons in HIV medical care who are homeless to no more than 5 percent.
8.Reduce the death rate among persons with diagnosed HIV infection by at least 33 percent.
9.Reduce disparities in the rate of new diagnoses by at least 15 percent in the following groups: gay and bisexual men, young Black gay and bisexual men, Black women, and persons living in the Southern United States.
10.Increase the percentage of youth and persons who inject drugs with diagnosed HIV infection who are virally suppressed to at least 80 percent.


To guide implementation of the updated Strategy across the U.S. government, the many Federal agencies and offices engaged in HIV activities will develop a Federal Action Plan detailing the specific steps they will take to implement the priorities set by the Update. The Federal Action Plan will be released in December.

An action plan framework, similar to the Federal Action Plan structure, will be created to assist other stakeholders―such as state, Tribal, and local governments, community-based organizations, coalitions of persons living with HIV, the scientific and medical communities, faith communities, schools and universities, industry, philanthropy, and other stakeholders―in developing their own action plans, tailored to their own specific missions and priorities.

By working together to achieve the outcomes of the updated Strategy, Federal and community partners will bring us closer to realizing the Strategy’s vision:

The United States will become a place where new HIV infections are rare, and when they do occur, every person, regardless of age, gender, race/ethnicity, sexual orientation, gender identity, or socio-economic circumstance will have unfettered access to high quality, life-extending care, free from stigma and discrimination.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック